ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品マイルド・テンダーな抒情傾向とダイナミック・グルーヴィーなノリのよさを併せ持った気さくげ爽やかヴォーカル清新快打! CD YAALA BALLIN / SINGS IRVING BERLIN
商品詳細
★母国イスラエルの芸術高校に学んだ後、アメリカ-ニューヨークへ移り住んで(2004年)、シーラ・ジョーダンに師事し、NYライヴ・シーンで精力的に活動、2009年にSmallsから初アルバムを、その後GalleryやGut Stringからもリーダー作を発表して好評を得ていた、確かな実力ある正統派女性歌手:Yaala Ballin(1983年イスラエルのGiv'at Shmuel生まれ)の、久しぶりのアルバムとなる本盤は、マイケル・ケイナン(p)、クリス・フローリー(g)、アリ・ローランド(b)、という腕達者揃いのドラムレス・トリオの伴奏によるアーヴィング・バーリン名曲集。

★軽妙で小気味のいいスイング感と渋いバップ(または中間派?)・テイストを嬉々溌剌げに提供するバックのトリオの、温もり&旨味溢れる職人芸的好サポートに上手くノセられながら、澄んだ清潔感や爽涼味に富み、しなやかな張りや伸びそしてキレを呈する、重心のしっかり安定した中音域(やや高めか)の程好く厚いクリーン・ヴォイスが、中々勢いよくリズムに乗って躍動的グルーヴを体現する一方、真心こめて誠実に詩の情感を優しく描出してゆく、アクティヴ・リリカル指向とも云うべきハートウォームで元気一杯な気さくげ演唱を滑脱に綴って、生鮮度抜群のフレッシュ・スウィンギンな華を堂々と成した好演内容。

★インティメイトな和気あいあいの寛ぎと敏活で力強い骨太なノリのよさ、を併せ持った、趣味よく瀟洒なラウンジ休憩気分やウィットっぽさ溢れる小唄セッション風の行き方が愉しげに続き、インスト陣の結構パワフルで機動性に長けた手加減なき濃い口のグルーヴィー熱演も、しっかり芳醇に魅力を際立たせる中で、Ballin(vo)の、凛々しく勇ましい鉄火肌らしさと清楚可憐なテンダネスがすんなり一体化した感じの、イキイキ爽やかに宙を舞い、青嵐駆け抜けるが如き真っ直ぐな歌い回しが軽快に、そしてテイスティーに冴え渡って誠に清々しい。

→ダイナミックなアクション熱唱型の筆致や、イキで渋い吟醸的ブルージー・ソウルを潤沢に滲ませたり、などのノリノリな面も多々見せるが、決して器楽的になることはなくあくまで情感とメロディーを大切にした、極めて真摯な言霊派・抒情派たる基本姿勢にブレるところはなく、どんなに豪快にシャウトしていようと親しみやすい人情味・切々とした哀歓や優しい温もりは自ずと維持される、その巧まずして絶妙のバランス感覚を顕した歌声のあり様は、好感度バツグン、説得力も充分だ。

★スクエアー&ストイックに抑え役に回ったケイナン(p)や、音量もデカく強気に威勢よく攻め込んでくるフローリー(g)、らのツボを心得た匠の助演も光る。

01. It's A Lovely Day 3:17
02. They Say That Falling In Love Is Wonderful 3:36
03. Be Careful, It's My Heart 3:15
04. Blue Skies 2:40 (vo & b duo)
05. How Many Times? 3:55
06. This Year's Kisses 4:09
07. Remember 2:50
08. How Deep Is The Ocean 3:48
09. Say It Isn't So 2:42 (vo & g duo)
10. Fools Fall In Love 3:19
11. Change Partners 4:13
12. All Alone 3:21
13. Cheek To Cheek 4:44
*total playing time 46:34

Yaala Ballin (vocal)
Michael Kanan (piano)
Chris Flory (guitar)
Ari Roland (bass)

2021年作品

レーベル:SteepleChase

御予約商品
CD
入荷予定時期:2021年1月中旬 受注締切:2020年12月21日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


マイルド・テンダーな抒情傾向とダイナミック・グルーヴィーなノリのよさを併せ持った気さくげ爽やかヴォーカル清新快打! CD YAALA BALLIN / SINGS IRVING BERLIN[SCCD 33143]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
STEEPLECHASE

★Smalls Records から2009年にリーダー作をリリース
シーラ・ジョーダンに師事し、NY を拠点として活動するYaala Ballinのアーヴィング・バーリン集!

★ピアノ〜ギター〜ベースによるドラムレスのスウィング感が洒脱で心地いい13曲、Michael Kanan 等、バック・メンバーの演奏も充実!

★イスラエル出身、2004 年からNY に拠点を移し、活動するヴォーカリスト、ヤーラ・バーリンが偉大なる作曲家アーヴィング・バーリンの楽曲を歌った充実の最新作品。クラシックを原点にしながらジャズに魅了されたヤーラは、シーラ・ジョーダンに師事。2009年にはSmalls Recordsから作品をリリースし、当SteepleChaseでは、そこに参加していたリード奏者、Chris Byars のリーダー作品『Music of Duke Jordan』にフィーチャーされて、話題となりました。

★本作は、そのバイアーズの作品から5 年ぶりとなる作品。一年に一度作品を出すアーティストも多い昨今、5年の時間は短くないですが、自然体で歌われるアーヴィング・バーリンの名曲の数々には、本格的でありながら微妙なズレも音楽の大きな流れに取り込む心地よいものがあります。バックは、ピアノ、ギター、ベースのトリオ。ドラムレスのゆったりしたリズムが、彼女の声質にも好相性。4 ビートを刻むベースが核となったオープニング"It's a Lovely Day" のようなミディアム・スウィングあり、スロウ・バラードのよさあり、マヌーシュ・スウィング的なアレンジが心地いい"Be Careful, It's MyHeart" のようなナンバーあり、スウィンギーなラインとアルコのベース一本をバックに伸びやかかつ、自由な歌唱で見せる“Blue Skies"のようなナンバーあり、魅力満載な13曲。

★90年代から、Fresh Sound New Talent でリーダー作をリリースし、ジェーン・モンハイトの歌伴も務めたMichael Kanan、名門Arbors でスコット・ハミルトンとの共演作も出すChris Flory、Smalls Records でリーダー作を出すAri Roland。職人的なバック・ミュージシャンの演奏も魅力のヴォーカル作品です。(新譜案内より)