ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年6月REVIEWソリッド・スクエアーでファンキー・テイスティーな硬派吟醸ハード・バップの王道を揺るぎなく突き進む芳醇ピアノ・トリオ大豊作! CD RST (Rhythm Section of Toki) TRIO RST トリオ / plays TOKI
商品詳細
★アルト(&ソプラノ)サックスの重鎮:土岐英史のリズム・セクションを務める3人、即ち、片倉真由子(p)&佐藤恭彦(b)&奥平真吾(ds)によるピアノ・トリオ=RST(Rhythm Section of Toki) Trioの、土岐英史オリジナル曲集。

★骨太く硬質堅牢で鋭角的キレのよさと滑らかさや潤いを兼備したストーン・タッチのピアノが、ブルージー・ソウル濃くスクエアー・バピッシュな、苦味走った誠に渋〜い殺陣風のダイナミック・プレイを凛然と紡いで、勇ましげ・精悍げに堂々たる華を成し、一方、ドライヴ感全開で力強く肉厚に迫る中々雄弁でもあるベースや、精確巧緻で殊の外シャープな刃の舞いの如き斬り込みワザをずばりカマしてくる研ぎ澄まされた風合いのドラム、らも各々頼もしげに確固たる芳醇な存在感を遺憾なく揮い、またグルーヴとスリルを強力に底上げした、全編極めてオーソドックスな硬派モダン・ジャズの鑑とも云うべき燻し銀的快演が連続して、シッカとテイスティー・グルーヴィーに愉しませてくれる敢闘内容。

★適度に厳しく引き締まったハードボイルドそうな面持ちの、幾分かシリアスであり、かつエンタテインメント性にも決して事欠かない「ハード・バップらしいハード・バップ」演奏が、キリッと背筋を伸ばして毅然げに繰り広げられ、奥平(ds)や佐藤(b)の手堅くも抜群の機動力をもってビシビシとタイト&ソリッドに圧倒してくる真剣勝負のアタッキングなサポート、に上手く突き煽られながら、主役を担う片倉(p)の、一貫して正統的ハード・バッパーたる矜持を決然と示し続けるかのような、結構男っぽい、甘さは控えめの硬質アクション攻勢が、重みとコクのある雄渾な魅力を揺るぎなく放って壮快だ。

→伝統的バップ・イディオムに則った律儀に立ち回りの型に徹するが如き力学指向の躍動フレージング、並びに、「ファンキー」・タイプの小粋で瀟洒な吟醸味溢れるブルース小節、を変らず柱としつつ、随所でモーダルな熱いスピリチュアルさやアグレッシヴさも豊富に加味され、またバラード調の展開にあっては独自のコンテンポラリー色を絡めた半心象スケッチ風の仄暗く物憂きロマンティシズム表現に瑞々しい妙味も見せる、という、アウトラインはあくまで硬派王道でありながら巧まず絶妙の振れ幅〜メリハリを顕し、しかもどのアプローチにも一本太い骨芯が通っていて一切ブレるところがないその、非常にシブくて妥協なく凛々しい鳴音のあり様は、説得力も絶大。

1. C Minor
2. Dear E
3. Little Phoenix
4. 845
5. After Dark
6. Old Friend and Dry Martini
7. At the Jazz Club
8. Black Eyes
9. MA-TA-NE!

片倉 真由子 (piano)
佐藤 恭彦 (bass)
奥平 真吾 (drums)

2020年2月3日 録音

レーベル:Days of Delight

在庫有り
国内制作CD

ソリッド・スクエアーでファンキー・テイスティーな硬派吟醸ハード・バップの王道を揺るぎなく突き進む芳醇ピアノ・トリオ大豊作! CD RST (Rhythm Section of Toki) TRIO RST トリオ / plays TOKI[DOD 007]

販売価格: 2,100円 (税込)
数量:
商品情報
DAYS OF DELIGHT

★土岐英史の名曲を、ピアノトリオで熱演!

★RST とは「Rhythm Section of Toki」、すなわちジャズサックスの巨匠土岐英史のリズム隊のこと。ジャズシーンの最前線で活躍する3 人の腕利きプレイヤーが、ピアノトリオで土岐英史のオリジナル曲だけを演奏します。収録したのは、いまもライブで演奏されている現行のレパートリーばかり。“管楽器のいない土岐バンド” が、聞き慣れた楽曲を新たなサウンドに生まれ変わらせます。(新譜案内より)

「 不思議な体験でした。なにしろ土岐バンドのリズムセクションですから、土岐英史と市原ひかりがソロをとり終えた後の状況そのものであって、ぼくにとって刧人のトリオ演奏は何度も見てきた定番の光景です。ところが、そうであるにもかかわらず、立ち現れたサウンドの景色がいつもと大きく異なっていたのです。おなじメンバーがおなじ編成でおなじ曲を演奏しているのに、 “クインテット−刧” と “トリオ” ではまったく印象がちがう 」
―――Days of Delight ファウンダー&プロデューサー 平野 暁臣