ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ひたすら明るく晴々朗々と粋な娯楽派街道を直進する鉄板ファンキー・バップ・ピアノの神髄!爽快!!! CD PETER BEETS ピーター・ビーツ / OUR LOVE IS HERE TO STAY : GERSHWIN REIMAGINED
商品詳細
依然グローバルかつ精力的な猛進撃を続けるオランダの人気正統派ピアニスト:ピーター・ビーツ(1971年オランダのデン・ハーグ生まれ)の、今回はアメリカ勢と組んだ新トリオによるガーシュウィン名曲集。
★歯切れよく硬質堅牢な、深い陰影とコクを湛えた小石を転がすような鋭角的タッチのピアノが、粋な小唄フィーリングと渋くてイナセなブルース・センス溢れるごく正攻法のメロディック・スインギー・プレイ、を軽やかに紡いで、おいしさ格別の生鮮で清々しい華を成した好演内容。
★和気あいあいのインティメイトな寛ぎ気分と安定律動的なノリのよさ、そして親しみやすいキャッチーな歌心、にしっかりと貫かれた、徹頭徹尾メロディアスでテイスティー・グルーヴィーな明朗娯楽指向のリリカル・バピッシュ快演、が嬉々として愉しげに連続し、軽妙瀟洒な歌物セッションの鑑とも云うべき誠に小気味のいい道程の中で、ベース&ドラムの手堅くも中々芸の細かい端正なサポートに上手くプッシュされながら、ビーツ(p)の、ハード・バップ・ピアノの伝統、或いは歌謡インストのオーソドキシー、に揺るぎなく根を下ろした、簡潔平易にして余情深く、硬派でスクエアーかつ洒脱なウィットに事欠かない、アーシーでソウルフルなブルース由来の吟醸テイストもたっぷり含んだ、さすが練達の語り口がひたすらハートウォーミングに、しかもあくまで事も無げに風流な冴え渡り様を見せて絶好調だ。
→硬角質でダイナミックな殺陣風のバップ・イディオムに則った翳りあるシブめのアクション文体と、所謂「ファンキー」系統のリラクシングにして勇み肌っぽくもある旨口フレージング、とを按配よく掛け合わせた、どこまでも明るくおおらかで晴々朗々とした衒いなき鉄板・定番の名人芸に自然体で終始し、その風合いはさっぱりしていながら後には何とも云えぬアジな、ちょっと雅やかな余韻が残るという、そうした、さりげなく一つの芸道を究めた悠々たる匠のストーリーテリングは絶品。

1. Our Love Is Here To Stay (5:58)
2. I Loves You, Porgy (7:19)
3. Embraceable You (3:10)
4.‘S Wonderful (3:38)
5. I've Got A Crush On You (5:00)
6. Summertime (4:35)
7. How Long Has This Been Going On? (5:36)
8. They Can't Take That Away From Me (5:53)
9. Lady, Be Good! (6:20)

Peter Beets (piano)
Tom Baldwin (bass)
Eric Kennedy (drums)

2018年6月8日メリーランド州のTonal Park録音

レーベル:Magic Ball Jazz

▼カートでお選びください。
◎国内仕様盤CD (日本語帯、解説付)
◎輸入盤CD

御予約商品
CD
入荷予定時期:2019年4月5日発売予定 受注締切:2019年2月26日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。

ひたすら明るく晴々朗々と粋な娯楽派街道を直進する鉄板ファンキー・バップ・ピアノの神髄!爽快!!! CD PETER BEETS ピーター・ビーツ / OUR LOVE IS HERE TO STAY : GERSHWIN REIMAGINED[MBJ 74609]

販売価格: 2,250円~2,470円 (税込)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
仕様:
数量:
商品情報
Magic Ball Jazz Records

人気ピアニスト、ピーター・ビーツ・トリオplays ガーシュイン!絶妙のスウィンギー・ナンバーとバラードとのバランスも秀逸。ジャケはWay Out Westの藤岡宇央さんのイラスト!!

★人気ピアニスト、ピーター・ビーツ。ストケロ・ローゼンバーグとの共演作品に続く、トリオ作のリリース!!

★同レーベルでは、オスカー・ピーターソン曲集や、ショパンを題材にした作品もトリオでリリース。大好評を博してきましたが、今回はジョージ・ガーシュイン!珠玉のメロディを、名手ビーツが奏でます。

★テクニックも抜群、スウィンギーなピアノ・スタイルは、もちろんいつも通り。特に、ウォーキング・ベースのイントロに導かれて、アップテンポで演奏するM4 の“S'Wonderful”は、まさにピーター・ビーツの真骨頂ともいう快演!!粒立ちよいピアノは、アップテンポになってなお、メロディアス!ピーター・ビーツはたびたび来日もして、ライヴでは、これでもかというくらい弾きまくる演奏で、オーディエンスを興奮させていますが、この演奏は、スタジオ演奏にして、そのライヴの興奮を感じさせてやみません。

★一方、M2 の“I Love You, Porgy”や、M5“I've Got A Crush on You”などのバラード演奏も魅力的。ガーシュインによって描かれた楽曲のメロディを、ブルージーなムードも漂わせるハーモニーと、流麗なフレージングで描き上げるところにもビーツのセンスが光ります。またバッハの“主よ人の望みの喜びよ”のメロディをソロに織り込むという展開も!

★ブルーズの感覚なども根付かせながら、軽妙な語り口となるところが、ヨーロピアンならではであり、ピーターソンの影響を受けたビーツ的なところ。スロー、ミディアム、アップテンポと、テンポのバランスもよいピアノ・トリオ好演!!

★そして、『Way Out West』でもおなじみ、大阪を拠点に活動するイラストレーター藤岡宇央さんが手掛けたジャケットも魅力です!! (新譜案内より)