ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品晴朗快活でハートウォーミングなさすが熟練の吟醸ワザが冴え渡る寛ぎスイング・セッションの逸品 CD WARREN VACHE ウォーレン・ヴァシェ / SONGS OUR FATHERS TAUGHT US
商品詳細
「モダン中間派」とも云うべき独特の瀟洒な抒情的プレイ(=ルビー・ブラフやボビー・ハケットの現代版か?)に妙味を発揮する、多作家で鳴らしたコルネットのヴェテラン名手:ウォーレン・ヴァシェ(1951年ニュージャージー州ラーウェイ=Rahway生まれ)の、今回はデンマーク出身の多才な人気ギタリスト:ヤコブ・フィッシャー(1967〜)をフィーチュアしたカルテット基本(ドラム抜きのトリオが6曲、コルネットとギターのデュオも1曲)での心暖まるアジな一編。鋭い張りやキレと人肌っぽいソフトな温もり、そして微妙にくぐもったようなスモーキーな陰影、を混在させた何とも味のあるトーンのコルネットが、明るく晴れ晴れと、またある時は飄々と、歌心&ブルース・フィーリング溢れる正攻法のリリカル・プレイを軽妙流麗に紡いで、風流に、シブ爽やかにおいしい華を成し、アコースティックとエレキの中間ぐらいなトーンのギターの、スウィンギンでメロウ・グルーヴィーな小回りの利いた立ち働きも、しっかり旨口に彩りを添えた、哀歓豊かでホッと安心できるハートウォーミングな好演内容。暖かく柔和なリラクゼーションと快活敏活なノリのよさ、に貫かれた、モダン・スイングor中間派的スタイルを基調とする人情派娯楽指向の寛ぎセッション、が愉しげに、そして端正に展開してゆき、ゆったりしたなごみ感覚と簡潔快速なテンポのよさが自然に共存する道程の中で、ヴァシェ(cor)の、肩の力を抜いて伸びやかにリラックスしつつ朗々とよく唄う優しい、それでいて巧まず含蓄に富んだ実に懐の深いアドリブ技〜熟練した語り口の妙が、朝飯前にしてしみじみと胸に染み入るような鮮やかな冴えを見せて、全く快適だ。→ハスキーに音色を掠れさせつつまろやかな、真心こもったごく親しみやすい歌謡節を切々と綴るハートフル吹奏や、トーンを絶妙にひしゃげさせてイナセに吟醸味やグルーヴを体現する闊達ワザ、ミュートを使ってシャープ&スピーディーにダイナミックな立ち回りを見せるアクション的アプローチなど、適宜多彩に筆致を変転させるも一貫して余裕&品格&節度を絶やさないその、包容力に満ちた鳴動のあり様はさすが美味芳醇この上なし。フィッシャー(g)の、スイング・ギターの伝統に揺るぎなく則ったイキのいい邁進ぶりも◎。

01. My Melancholy Baby
02. Key Largo
03. Love Locked Out
04. I Love You
05. Warm Valley
06. I'll Be Around
07. Birks' Works
08. Felicidade
09. The More I See You
10. Deep Night
11. Blue Room
12. There Is No Music (For Me)
13. (I'd Like To Get You On A) Slow Boat To China

Warren Vache (cornet)
Jacob Fischer (guitar)
Neal Miner (bass)
Steve Williams (drums)

2019年アメリカ作品

レーベル:Arbors

御予約商品
CD
入荷予定時期:2019年5月 受注締切:2019年3月27日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


晴朗快活でハートウォーミングなさすが熟練の吟醸ワザが冴え渡る寛ぎスイング・セッションの逸品 CD WARREN VACHE ウォーレン・ヴァシェ / SONGS OUR FATHERS TAUGHT US[ARCD 19464]

販売価格: 2,100円 (税込)
数量:
商品情報
ARBORS

中間派ジャズ的味わいを今に継承するコルネット奏者、ウォレン・ヴァシェ。ARBORSからの前作から4年の時を経ての新作。

★本作では、ARBORSやヴィーナスレコードに作品を残す北欧出身ギタリスト、ヤコブ・フィッシャーの参加を得てのカルテット演奏。フィッシャーの参加により、和み感と哀愁情緒を融合させ、奥深くも渋い味わいを大切にした滋味演奏を繰り広げています。

★歯切れ良く闊歩するストレートな演奏も交え、随所にギターとの相性の良さが顕れた明朗 & 芳醇な佇まい、これは、まさしくARBORS プロデュースならではのデリシャスな味わい。現代の極上中間派演奏といえましょう。