ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAXいぶし銀テナー! CD Houston Person ヒューストン・パーソン / Something Personal
商品詳細
★いぶし銀のテナーが味なヒューストン・パーソンのバラード集!

★ 1934年生まれ、80歳を越えた超ベテランテナー・サックス奏者、ヒューストン・パーソンの味わい深い歌心が溢れる一作。

★ 1950年、16歳だったヒューストン・パーソンは、合唱団に所属しながらも、多くの青年がそうであるように、興味はもっぱら、野球にフットボールだったとか。しかし、人生を変えたのが、クリスマスのサプライズ・ギフト。両親によってプレゼントされたテナー・サックスが、青年を一気に音楽の世界に引きつけます。

★ビ・バップやハード・バップを通過し、ソウル・ジャズの世界で大活躍。その演奏は一つの時代を築いたと言って過言でないでしょう。

★そして、20年ほど・・・1990年代の後半にHigh Note に移籍しては、一転、いぶし銀のバラード・プレイで、往年のファンを驚かせましたが、そのサウンドは、また20年の時を経ようとする今でありつつ、大いに健在といえます。

★リズム・セクションはグループおなじみの鉄壁レイ・ドラモンドとルイス・ナッシュ。近年のレギュラー・メンバーともなっているジョン・ディ・マルティーノにスティーヴ・ネルソンも、ジャズの美学を感じさせる名脇役ぶりを見せ、10 年ほど前に、あのNagel Hayer でリーダー作を出したこともあるジェイムス・チリロのギター・カッティングは、これぞ職人というべき演奏。途中7 曲目では、70 年代往時のジャンプ的なリズムも軽快にソウルフルなサックスも聴かせてくれつつ、全体的には、やはり、スロー〜ミディアム。このゆったりしたバラード演奏は、最高になごみます。(新譜案内より)

1. The Second Time Around
2. Crazy He Calls Me
3. I'm Afraid the Masquerade is Over
4. The Way We Were
5. Guilty
6. Change Partners
7. Teardrops From My Eyes
8. Something Personal
9. On the Sunny Side of the Street
10. I Remember Clifford (TT = 63:21)

メンバー:
Houston Person(tenor saxophone)
Steve Nelson(vibraphone)
John di Martino(piano)
James Chirillo(guitar)
Ray Drummond(bass)
Lewis Nash(drums)

2015年6月4日 録音

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします
CD

いぶし銀テナー! CD Houston Person ヒューストン・パーソン / Something Personal[HCD 7282]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報