ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO伝統に深く根を下ろしたハートウォーミングで懐広い会心名演 CD CYRUS CHESTNUT サイラス・チェスナット / A MILLION COLORS IN YOUR MIND
商品詳細
★円熟の快進撃が続く人気黒人ピアニスト:サイラス・チェスナット(1963年メリーランド州ボルティモア生まれ)の、今回は、デヴィッド・ウィリアムズ(b)&ヴィクター・ルイス(ds)、の先輩陣と組んだトリオによる一編。歯切れよくも潤い豊かで濃淡ある、誠に美味なピアノ・タッチによる、よく練られた筆運びの細やかさや作劇構成っぽさと、自然体の豪放磊落さが絶妙に掛け合わされた、メリハリ充分の滑脱なリリカル・バピッシュ・プレイが、さすが熟した吟醸的魅力を伸び伸びと揮いきった快演内容。メロディアスな抒情性・歌謡性や、ブルース由来の渋い旨味、に溢れた、緩急も按配よくつけられる明快娯楽的ハード・バップ演奏が、和気あいあいかつおおらかに展開され、程好く荒削りで推進パワー抜群なドラム&ベースの、的確機敏にパンチ・キック!を噛ましてくるようなスウィンギン鳴動、にガッチリ支えられながら、チェスナットの、リキみなげでいて自ずと抑制も利いた、中々剛柔自在のアドリブ妙技が爽やかに、そしてハートウォーミングにゴキゲンな好調ぶりを見せる。ダイナミックにしてクール・スマートなまろやかテイストのモーダル・アクション技や、ブロック・コードを活かしたイキでイナセな微熱的ファンキー節、硬派でシブい鋭角的バップ・イディオム・プレイ、エヴァンスに接近した繊細で耽美的なロマンティシズム表現、更には、ゴスペル(またはR&Bか)に寄ったアーシー&スピリチュアルな歌謡グルーヴ調に、燻し銀的ストライド奏法、などなど、多彩でいて伝統に深く根を下ろした種々のアプローチを流麗にミックスし、実に親しみやすくも、従来には決してなかったような瑞々しさ一杯の音景色に仕上げてゆく、という、その、全体を通じて、ナチュラルな軽みと優しさ(加えて、適度な粗さ)に貫かれた懐深い鳴音のあり様が、理屈抜きに超素敵だ。

1. I've Never Been In Love Before (F. Loesser) 5:43
2. Gloria's Step (S. La Faro) 4:21
3. Hello (L. Richie) 6:06
4. From A Tip (V. Lewis) 5:54
5. Day Dream (E. Ellington / B. Strayhorn) 3:38
6. Brotherhood Of Man (F. Loesser) 6:26
7. Yemenja (J. Hicks) 4:13
8. A Time For Love (J. Mandel / P. Webster) 8:26
9. Polka Dots And Moonbeams (J. Burke / J. Van Heusen) 4:51
10. I Didn't Know What Time It Was (L. Hart / R. Rodgers) 7:05

Cyrus Chestnut (piano)
David Williams (bass except 9)
Victor Lewis (drums except 9)

2015年作品

レーベル:HighNote

在庫有り
CD




伝統に深く根を下ろしたハートウォーミングで懐広い会心名演 CD CYRUS CHESTNUT サイラス・チェスナット / A MILLION COLORS IN YOUR MIND[HCD 7271]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報
HIGHNOTE

★サイラス・チェスナットHigh Note正式契約第一弾!
●先達アーティストと, ジャズの歴史を物語る名曲を演奏、「Live at Smoke」の延長線上となるスタジオ録音盤。ジョン・ヒックスへの心からのリスペクトと。玄人な あくなき探究心が生んだ注目トリオ作品。

★1963年生まれ、52歳となったベテラン・ピアニスト、サイラス・チェスナットが、HighNote Recordsとエクスクルーシヴ・アーティスト契約。第一弾アルバムが登場となりました。

★父親は教会のオルガン奏者、母親は合唱団のディレクターという音楽一家で育ったサイラスは、1986 年にジョン・ヘンドリックスのグループに加わったことを皮切りに、1988〜1990 年にはテレンス・ブランチャード〜ドナルド・ハリソンのユニットで活動。1990 年代にはウイントン・マルサリス、そして実に数多くのミュージシャンが偉大なるメンターとして仰ぐベティ・カーターのバンドに加入。それらの経歴はそのままサイラス・チェスナットというアーティストの才能と、シリアスな歴史を語るものといえましょう。

★そして、ここに発表された作品も、職人肌のサイラス・チェスナットらしい、先達アーティストとのものになりました。☆リズム・セクションはハービー・ハンコックやカーラ・ブレイ、ウッディ・ショーといった数々のレジェンドのバンドで活躍してきているドラマー=ヴィクター・ルイスと、シダー・ウォルトンのトリオを長年支えてきたベーシスト=デヴィッド・ウィリアムスという先輩たち。サイラス曰く“同年代とか若い世代のエネルギーを得ながら演奏することもできる。でも、今は自分より先を歩み、多くの経験を積んだ人たちと演奏して、先輩たちが歩んできたものを学んだり、何よりその音楽を共有して感じたい”とのこと。

★また、セレクトした曲も、ジャズの歴史が滲みでる曲の数々。

☆サイラス自身がメンターとして敬ってやまないジョン・ヒックス自身の楽曲(M7)と、ヒックスが愛奏した3 曲(M1.9.10)を選ぶほか、エリントン-ストレイホーンの美しいバラードを演奏。また、ヴィクター・ルイス自身のコンポジションを取り入れ匠のドラミングをフィーチャーしたり、スコット・ラファロが作曲し、亡くなる10日前にビル・エヴァンス・トリオで演奏したなどという曲も演奏。“今までに演奏してこなかった曲をさがして、新しい音楽世界を見つけたかった”とサイラスが語っているように、必ずしも誰もが知る曲ばかりではないですが、それらは、疑う余地もないジャズの粋を感じさせる曲の数々といえます。

★新しい音楽の創造というものを考えるとき、新しいスタイルを開拓するイノヴェーターとして才能を放つアーティストがいる一方、サイラスは、既存のものを玄人的に極め、今という時代を表現するアーティストとして充実。ゴスペルをルーツにした黒人のアーティストらしいブルース感覚と、スウィンギーなリズムはやはり一級品で、50 歳を迎えて熟してきた演奏は実に魅力的です。

☆一方では、ゴスペルをルーツにしたサイラスが、白人的理性と繊細な美学を感じさせるビル・エヴァンスの世界を取り入れるのも不思議な組み合わせに見えますが、“リズム、メロディ、ハーモニーをしっかり分析して、決して過去のヴァージョンにはない自分自身のアプローチで演奏する”とも語っているように、アーティストのあくなき取り組みも見え、興味深いものがあります。M2また8では、意外ながら、サイラスのルーツとエヴァンス・スタイルの融合が見られます。

★振り返るとHi gh Note は、ジョン・ヒックスが晩年の名作を残したレーベル。師匠とも縁深いレーベルでの第一弾。ラグタイム的なアプローチを取り入れるなど、ジャズの歴史が溢れる絶品のソロ1曲(M9)を交えた全10 曲。新しい歴史がまたここから始まります。