ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > VOCAL初々しくも儚げに囁きかける極上メロウ・キューティー・ヴォーカルの原点♡ DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私
商品詳細
★日本での人気もすっかり定着してきたカナダの歌姫:ダイアナ・パントンの、本盤は、(現在まで続く馴染みのコラボ仲間である)ドン・トンプソン&レグ・シュワガーの2人と組んだ2004年録音のデビュー・アルバム、の新装デザイン版(国内初登場)。
★甘く柔らかで潤いに溢れた、それでいて節度や気品もしっかり感じさせる、高め・細めの涼やかなキュート・ヴォイスによる、一語一語にデリケートな情感のこもった優しく清らかな耽美的ロマンティック歌唱が、何とも瑞々しい、そしてちょっぴり切ないメロウな絵を飾った好内容。
★夜のラウンジっぽいインティメイトなリラクゼーションを基底に保った、インスト陣の趣味よき端麗リリカル・バピッシュ妙演、もおいしく際立ちながら、落ち着いた和気あいあいの小唄セッション、といった感じの快適な道程が続き、パントンの、リキみなく自然体で流れるようにフレーズを紡いで見せるも、その端々には瀟洒なウィットや機微・ニュアンスが細かく散りばめられた、「既にサスガ」な節回しが冴え渡っている。
★囁き・語り調子の優しいリーディング・ヴォイスに軽く節をつけたような、詩情濃やかなしっとりムードのソフト・テンダー唱法は、このデビュー録音時に早くも成熟の域に入りつつある感があり、発声の強弱メリハリや音程コントロール、またウェット&ドライの微妙なコントラスト表現など、中々精緻なハイテクニックを決して技巧的に感じさせずサラリと「語り節」の中に融け込ませている、辺りの、→即ち、何よりも柔和な親しみやすさ・心地よさを最重視するその基本芸風、にも完成されたブレなき魅力がある。

1. ザット・オールド・フィーリング
2. ジンジ
3. プリュ・ジュ・タンブラス
4. アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー
5. イズント・ディス・ア・ラヴリー・デイ?
6. サマー・ミー、ウィンター・ミー
7. 時さえ忘れて
8. 枯葉
9. ディス・イズ・オルウェイズ
10. ユー・ヒット・ザ・スポット
11. アイ・ゲット・アロング・ウィズアウト・ユー
12. フォー・オール・ウィー・ノウ
13. スターズ・フェル・オン・アラバマ
14. ユード・ベター・ゴー・ナウ
15. イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ

Diana Panton ダイアナ・パントン(VOCAL)
Reg Schawager レグ・シュワガー(GUITAR)
Don Thompson ドン・トンプソン(PIANO,BASS)

2004年 録音

◎新装デザイン・パッケージ
◎ダイアナ・パントンによる最新曲目解説

レーベル:Muzak(原盤は本人の自主制作)

在庫有り
国内制作CD

初々しくも儚げに囁きかける極上メロウ・キューティー・ヴォーカルの原点♡ DIANA PANTON ダイアナ・パントン / ...yesterday perhaps きのうの私[MZCF 1241]

販売価格: 2,470円 (税込)
数量:
商品情報
★最新作「フェリシダージ〜わたしが愛したブラジル」が大好評のダイアナ・パントン。今回、やっと、彼女の記念すべきデビュー・アルバムのリリースが実現!
諸事情によりなかなか聴くことが出来なかったこの作品のリリースは本当にうれしい。それもニュー・リマスタリング仕様というからなおさらだ! オーディオ・ファンの方も見逃せませんよ!!

●ドン・トンプソンのピアノとベース、レグ・シュワガーのギターだけのシンプルな編成が醸し出すインティメイトなサウンドとブロッサム・ディアリーを彷彿とさせるコケティッシュな歌声が絡み合ったソフトでメロウな極上のヴォーカル・アルバム。

●彼女の愛するブロッサム・ディアリーも歌っている『プリュ・ジュ・タンブラス』、ミッシェル・ルグランの隠れた名曲『サマー・ミー、ウインター・ミー』、フランス語でそっと囁く『枯葉』、ニュー・アルバム「フェリシダージ」へと繋がるジョビンの『ジンジ』、そしてチェット・ベイカーで知られる『アイ・ゲット・アロング・ウィズアウト・ユー・ヴェリー・ウェル』などなど聞き逃せないトラックが満載!(新譜案内より)