ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品黒いスピリチュアリティも仄めく、おおらかムードの牧歌的吟醸スイング世界♪ CD SNORRE KIRK / DRUMMER & COMPOSER
商品詳細
マグヌス・ヨルト(p)・トリオの屋台骨を強力に支えてきた、主にデンマークで活躍するノルウェー生まれのオールラウンドな辣腕ドラマー:Snorre Kirkの、本盤は、ヨルトも参加した4管セプテットを率いての、編曲にもこだわった意欲的な自作曲集。キレ味鋭くパワフルに安定律動するドラムの中々骨太い活躍にしっかり支えられ、プッシュされながら、スマートでいて濃いめの吟醸味に満ちたアンサンブルや、結構黒っぽいスピリチュアリティを滲ませた各人の気合溢れるソロ敢闘、が高密度に見せ場を分け合ってゆく、ノリノリにしておいしさ抜群、旨味こってりの好演内容。練り上げられたアレンジ設計の妙と、スリリングなアドリブ合戦の迫真性、とが好バランスで掛け合わされた、そしてアウトライン・イメージとしては、エリントン的だったり時にはディキシー的だったりと、わりかしトラディッショナルな趣を呈した、ブルース色も極めて強いスピリチュアル&ソウルフルなモダン・スイング寄りっぽい快演が展開され、端麗でスタイリッシュな、折り目正しく整ったホーン・アンサンブルの様式美に清々しく酔わせる一方、銘々の、腰の据わった豪快でおおらかな即興ワザがいずれもゴキゲンに冴えていて、文句なしの超芳醇なる旨口世界に快適にハマらせてくれる。Harbeck(ts)の、けだるさと剛健さを併せ持ったレイジー&デカダン・スモーキーな物憂げ咆哮や、Magnus Wiklund(tb)のウォームかつイナセな歯切れのいい闊達ブロウ、ヨルト(p)の、硬質でいてファンキー・テイスティーな敏活ダイナミック・アクション、など、それぞれに華やかでばっちりデリシャスな充実至芸が横溢する!!!

1. Prelude
2. Heartland
3. The Main Drag
4. Pastorale
5. Port Lights
6. The Capital Blues
7. Grace
8. Swing City Blowout
9. Postlude

Tobias Wiklund (cornet)
Magnus Wiklund (trombone)
Klas Lindquist (alto saxophone, clarinet)
Jan Harbeck (tenor saxophone)
Magnus Hjorth (piano)
Lasse Mørck (bass)
Snorre Kirk (drums, compose)

2016年6月1,2日デンマーク-コペンハーゲンのThe Village Recording録音

レーベル:Stunt

御予約商品
CD
入荷予定時期:2017年5月 受注締切:2017年4月17日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


黒いスピリチュアリティも仄めく、おおらかムードの牧歌的吟醸スイング世界♪ CD SNORRE KIRK / DRUMMER & COMPOSER[STUCD 17022]

販売価格: 2,380円 (税込)
数量:
商品情報
STUNT

★マグナス・ヨルト(マウヌス・ヨート)・トリオのレギュラー・メンバーをはじめ、イェスパー・シロやマレン・モーテンセン、クリスティン・コーブとの共演で知られるデンマークのドラマー、スノーレ・キルク(スノーア・キアク)のリーダー・アルバムがStunt Recordsから登場!

一流のサイドマンとしてスカンジナビアで活躍し、現在はコンポーザー、バンドリーダーとしても注目を集めるスノーレ・キルク。「ドラマー&コンポーザー」と題されたこのアルバムは全作キルクのオリジナルで、エリントンとミンガスをリスペクトするキルクが、ジャズの伝統に根ざしたゴキゲンなナンバーに北欧の洗練さを加えた、素敵なジャズを披露します。メンバーはマグナス・ヨルトや同トリオのラッセ・モルク、ヤン・ハルベックといった豪華アーティストが並ぶ七重奏。特に、ヤン・ハルベックの堂々たるテナーや、マグナス・ヨルトの軽やかなピアノは聴きものです。(新譜案内より)