ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANO耽美的でいて硬質感溢れるダーク&ビタースウィートな欧州流ピアノの神髄 CD THIERRY MAILLARD PIANO SOLO ティエリー・マイヤール / ALONE
商品詳細
★RDCやCristal、Ilona等よりの諸作に好評を集めてきたフランスのキャリア豊富なピアニスト:ティエリー・マイヤール(1966年フランスのPuteaux=ピュトー生まれ)の、今回は、ソロ・ピアノでシャンソンの3大巨人、=ジョルジュ・ブラッサンス、ジャック・ブレル、レオ・フェレの歌曲作品を奏した入魂の一作。
★折り目正しくきめ濃やかかつ艶やかなタッチのピアノが、哀愁的歌謡性やロマンティシズムと、よりハードな力学色や独特の瞑想感・内省感、を絡めながら、中々奥深くビタースウィートに詩的情景を活写してゆく、端麗にしてキレ味シャープな敢闘内容。
★リリカルで旋律美には富むも決して甘くはない、ピリッと引き締まった表情の結構ダーク&ソリッドなメリハリある抒情派妙演、がスリリングに紡がれてゆき、耽美的でまろやかな歌物タイプらしいメランコリー型の側面と、ちょいパーカッシヴそしてアクロバティカルでもある硬質シリアス・アクション調の厳しく苦いアプローチ、とが細かに交錯した展開で、行間溢れるドラマティックな感動を終始極めて鋭角的に満喫させてくれる。テンダー&ロマンティックに哀切な歌曲情緒をじっくりと描きつつ、並行して、硬い突起っぽさ全開で荒々しく凸凹起伏する殺陣風のダイナミズム攻勢、も多々織り混ぜて、ポエティックだが随所にしっかりスパイスも利いた、鮮度抜群のサスペンスフルな憂歌の世界がセンシティヴに、かつ歯切れよく凛然・毅然と形作られており、その、しっとり感とヒリヒリ感が渾沌と融け合ったような特有の風合いは、この上なく清新な驚きと昂揚を齎して、全く蠱惑的だ。

1. Chanson Pour L'Auvergnat (Brassens)
2. Les Copains D'Abord (Brassens)
3. Les Amoureux Des Bancs Publics (Brassens)
4. Les Passantes (Brassens)
5. Alone (Maillard)
6. Ne Me Quitte Pas (Brel)
7. Quand On N'A Que L'Amour (Brel)
8. Amsterdam (Brel)
9. La Valse A Mille Temps (Brel)
10. Les Trois Poetes (Maillard)
11. Jolie Mome (Ferre)
12. Est-Ce Ainsi Que Les Hommes Vivent? (Ferre)
13. Avec Le Temps (Ferre)
14. Les Poetes (Ferre)

Thierry Maillard (piano) (melodica on 3,8,13)

2017年フランス作品

レーベル:L'Autre Ilona

在庫有り
デジパック仕様CD

耽美的でいて硬質感溢れるダーク&ビタースウィートな欧州流ピアノの神髄 CD THIERRY MAILLARD PIANO SOLO ティエリー・マイヤール / ALONE[AD 4180 C]

販売価格: 2,150円 (税込)
数量:
商品情報
L'AUTRE DISTIBUTION

トリオ録音の前作 "IL CANTO DELLE MONTAGNE" (L'AUTRE DISTIBUTION AD3689C)が大好評だったティエリー・マイヤールの新作はピアノ・ソロ(+アコルディーナ)録音で、子供時代両親とヴァカンスに出る時いつも車の中で鳴っていたというシャンソンの3巨星ジョルジュ・ブラッサンス、ジャック・ブレル、レオ・フェレの作品集で、それぞれ4曲ずつ(+2曲オリジナル)の14 トラック。郷愁もあれば、新アプローチもある、愛情あふれるオマージュ。なんと言ってもリリカル。(新譜案内より)