ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2016年12月REVIEW迷いなく硬派王道をひた進むアーシー&ソウルフルな旨味たっぷりの吟醸ギター会心打! CD 柳武 史雄 FUMIO YANATAKE 4tet / SOMETHING SWINGIN'
商品詳細
出身地の福岡を拠点に、自己のトリオやカルテット等で多角的な活動を続けている中堅ギタリスト:柳武史雄(1967年福岡市生まれ)の、自身は7弦ギターを弾いたピアノ入りのカルテットによる一作。豊潤でいて鋭いアタック感ある、おいしさ抜群なトーンのギターが、歯切れよくイナセげに哀愁を歌って雄渾なる絵を飾り、スクエアーなピアノやコク味こってりのベース、らの活躍も中々頼もしく濃い彩りを添えた、芳醇で歯応え充分の快投内容。歌心とスイング感を徹底尊守した、ごく正攻法のリリカル・アクション的なハード・バピッシュ奏演がイキイキと紡がれ、柳武(g)の、腰を据えて硬派王道を突き進む誠に「テイスティー・グルーヴィー」なアドリブ奮戦が、何とも清々しい絶好調ぶり・豊作ぶりを見せてゆく。→伝統的バップ・イディオムを使ったクリスチャン〜ケッセル系統っぽい渋めの立ち回り技と、ベンソン〜グリーン・タイプの熱く勇ましげなアーシー節(或いはウェス型のオクターヴ奏法とか)、のミックス展開を基調とした、極めてオーソドックスな「ジャズ・ギターらしいジャズ・ギター演奏」に迷いなく終始するその、旨口でタフネス溢れる鳴音キャラは理屈抜きに魅力的で、バラードでの繊細でナイーヴそうな耽美派ロマンティスト体質の瑞々しい行き方や、井上(p)の硬質感みなぎったファンキー・バピッシュな追い上げ様、といった辺りにも結構鮮やかな(好アクセント的)妙味がある。

1. It Ain't Necessarily So (George Gershwin)
2. No Period (時の流れと海と風) (Fumio Yanatake)
3. I Loves You Porgy (George Gershwin)
4. Everything I Love (Cole Porter)
5. Blue Forrest (Fumio Yanatake)
6. When Lights Are Low (Benny Carter)
7. Something Swingin' (Fumio Yanatake)
8. Waltz (Like John) (Fumio Yanatake)

柳武 史雄 Fumio Yanatake (7-string guitar)
井上 裕章 Hiroaki Inoue (piano)
Saku (bass)
中村 健 Takeshi Nakamura (drums)

2010年11月23日福岡Heacon Studio録音

レーベル:7-String Music Records(自主制作)

在庫有り
国内自主制作CD
このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,500円になります。


迷いなく硬派王道をひた進むアーシー&ソウルフルな旨味たっぷりの吟醸ギター会心打! CD 柳武 史雄 FUMIO YANATAKE 4tet / SOMETHING SWINGIN'[7SMR 001]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
プロフィール
*7弦 ジャズギタリスト 柳武史雄(FUMIO YANATAKE)
1967年 福岡市生まれ。13才よりギターを始め、さまざまなジャンルでのバンド活動を経験したのち、ラジオで耳にしたマイルス・デイビス(tp)の演奏に感銘を受けジャズという音楽の素晴らしさに目覚める。1991年、ジャズドラマーYAS岡山氏、ジャズベーシスト井島正雄氏、そしてピアニスト岩崎大輔氏が定期的に行っていたジャムセッションに参加。そこでジャズのエッセンスを吸収した後、ジャズギタリストとしての活動を開始する。ビッグバンドの「スイング・ストリート・ジャズ・オーケストラ」在籍時には、二度のブルーノート・フクオカへの出演と浅草ジャズ・コンテストでの入賞を果たす。
リリカルかつダイナミックな演奏を身上とし、近年では7弦ギターを使用したソロ・ギターにも取り組んでいる。

現在は、福岡を代表するジャズミュージシャンである、中村健 (ds)、井上裕章 (p)、Saku (b)というメンバーによる『柳武史雄カルテット』(1998年〜)、そして医業に携わりながらも精力的な音楽活動を長年続ける「ドクターズ」の原田迅明 (ds)、升井一朗 (b)両氏との『柳武史雄トリオ』(1996年〜)、それから、菅野友紀(org)、中村健 (ds)との、『柳武史雄 O.G.D. トリオ』(2011年〜)、これら3つのバンドを中心に活動中。(敬称略)

これまでに、YAS 岡山 (岡山和義) (ds)、井島正雄 (b)、村上ポンタ秀一(ds)、田鹿雅裕(ds)、原田迅明 (ds)、升井一朗 (b)、KANKAWA (org)、日野元彦 (ds)、坂井紅助 (b)、内田浩誠 (p)、野田正純 (org, p)、川上さとみ (p)、中島教秀 (b)、村田 浩 (tp)、Norman Simmons (p)、Will Matthews ( g /カウントベイシー・ジャズオーケストラ)、James Leary (b)、Chris Murrell (vo)、Benjamin Schatz (p)、丈青 ( pf / Soil & "Pimp" Sessions )、井上信平 (fl)、TOKU (vo,flh)、菊丘ひろみ (vo,g)、千葉和臣 (vo,g /海援隊)、高浪慶太郎 (高浪敬太郎 vo,g /ex.ピチカート・ファイヴ)等、国内外の素晴らしいミュージシャンとのライヴ、サポート、セッションを経験。(敬称略)