ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | LP > 輸入盤LP輸入盤LP MICHEL PETRUCCIANI ミシェル・ペトルチアーニ / SOLO IN DENMARK
商品詳細
★力強いタッチを活かしての超ダイナミックな躍動感溢れる抒情的表現にワン&オンリーの妙味を発揮するも夭逝した、フランス出身の個性派・国際派モダン・ピアニスト:ミシェル・ペトルチアーニ(1962年フランスのオランジュ生まれ、1999年米ニューヨークで死去)の、本盤は、1990年6月23日、デンマークのシルケボリで開催されていたリヴァーボート・ジャズ・フェスティヴァルに出演した折のソロ・ピアノ・ライヴ(於シルケボリ教会)の模様を収めた未発表音源、の初ディスク化。

★端正さと豪快さを併せ持った、歯切れよく力強いクリスタル風硬質タッチのピアノが、繊細でマイルドな耽美的ロマンティシズムをしっとりと優しくも凹凸あるダイナミズムを絡めてドラマティックに活写するバラード調の行き方であったり、ブルース・テイストを濃く投影しつつストライド的な落ち着いた安定律動とアクロバティカルなシーツ・オブ・サウンドっぽいアクション攻勢をミックスして描き出す吟醸路線であったり、スピード感溢れる鋭敏かつ精確な敏捷スイングぶりでエモーショナルに盛り上げるハード・バップ熱演であったりと、縦横無尽にして歌心とブルース・フィーリングそしてバップ・スピリットを潤沢に備えた機略躍動型のメロディック・プレイ、をあくまで朝飯前っぽく軽やかに綴って鮮度抜群の清々しい華を成した会心打内容。

★曲により、或いは場面によりリズム・スタイルやテンポには様々な変化がつけられて一瞬も飽きさせることなく、メロディーの美とスイング感を何より大切にした小気味よく親しみやすいアクティヴなリリカル演奏、が溌溂と展開され、根底にはバラードやブルースのコンセプトが脈々と流れるものの、同時に力学的でスピーディーな大立ち回り激動の齎す圧倒的迫真性やスリル、にもしっかり重きの置かれた、ペトルチアーニならではの超絶技巧がごくナチュラルに活かされての詩的ダイナミック即興が、常に余裕を残した鮮麗なる冴えを見せて素晴らしい。

★気力も旋律創りのイマジネーションも充実しきったその、ある時はデリケート&テンダーに哀愁を映し出すメロウなボッサ調に瑞々しい妙味を発揮し、ある時はゴツゴツした岩石を組み上げてゆくようなソリッド・スウィンギンな鋭角的ブルース節にイナセっぽい吟醸感を濃く立ち昇らせる、という、トータルとしてはそうした抒情的浪漫やブルースの憂歌性を寛ぎ云々よりも結構すばしっこく賑々しく立ち働く「音数多めのアクション」でもってスリリングに体現する、機動力・遊撃力の際立ったどこかオスカー・ピーターソン辺りにも通じる(但し似てはいない)適度に装飾を利かせてくる芸風が、ここでは誠にアザやかな成熟を示していて卓抜だ。

SIDE A
1. P’Tit Louis
2. Round Midnight
3. She Did It Again

SIDE B
1. In A Sentimental Mood
2. Estate
3. Blue Monk

Michel Petrucciani (piano solo)

1990年6月23日デンマーク-シルケボリ(Silkeborg)で催されたThe Riverboat Jazz Festival(@Silkeborg Church)でのライヴ録音

レーベル:Storyville

在庫有り
輸入盤LP

輸入盤LP MICHEL PETRUCCIANI ミシェル・ペトルチアーニ / SOLO IN DENMARK[601 8495]

販売価格: 3,600円(税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
STORYVILLE
ライブ作品

★初出し!フランスの天才ピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニが1990年デンマークのジャズフェスで行ったソロライブ音源を収録

★フランスの天才ピアノ奏者、ミシェル・ペトルチアーニが、1990年にシルケボリ教会で行ったソロライブ音源を初収録。

★ミシェル・ペトルチアーニは骨形成不全症の為、身長は 3フィート(約 120cm)と非常に低い身長というハンデを持って生まれたが、15歳でケニー・クラークやクラーク・テリーと共演する機会を得、17歳で初レコーディング、1982年に渡米した後はチャールズ・ロイドを説得し、カルテットでツアーを行うなど、早くからその才能を開花。

★1990年代にはその卓越したテクニックと驚異的な音楽観、そして極めてダイナミックな演奏スタイルで国際的なジャズシーンで活躍。ビル・エヴァンスやキース・ジャレットから多大な影響を受けた彼の音楽は、時代を超越した魔法のようなもので、魂から直接伝わってくるかのごと。彼はよくこう言っていた。「私はあなたの頭の中で演奏しているのではなく、あなたの魂の中で演奏しているのです。私が演奏するとき、私は風景の上を飛ぶ鳥のようなもので、どこにでも着陸できるんだ」

★本作は1990年6月23日、デンマークのシルケボリで開催されたリバーボート・ジャズ・フェスティバルで録音。ジャズの最も象徴的なモチーフを次々と演奏し、聴く者を導いていく力作である。ペトルチアーニの才能は、親密な雰囲気の中で発揮され、独創的で目を見張るような演奏で観客を驚かせる。

★オリジナルの他、デューク・エリントン、セロニアス・モンク、マイルス・デイヴィスといったジャズ界の巨匠たちのジャズ・スタンダードにピアノソロで大胆なアプローチで挑んでいる。この後、1990 年代に彼がなぜ国際的なジャズシーンで活躍するようになったのかをよく示す出色のコンサートとなっている。(新譜案内より)