ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品現代ヨーロッパ耽美派の典型を示した繊細な機微あるロマネスク&メランコリック哀愁プレイの奥底にブルースやバップの風趣もさりげなく仄めくイタリアン・コンテンポラリー・ピアノ爽快打! CD GIULIO GENTILE TRIO ジュリオ・ジェンティーレ / INSIGHT
商品詳細
★ルーカ・マンヌッツァやマッシモ・コロンボ、カルロ・モレーナらに師事し、イタリア・シーンで精力的に活動している若手ピアニスト:ジュリオ・ジェンティーレ(1994年イタリア-アブルッツォ州スルモーナ=Sulmona生まれ)の、トリオによる自己単独名義としてはこれが初となるデビュー・アルバム。

★端正で精緻なカッチリした安定感とキレのいい鋭角性を有し、と同時に滑らかで潤いある趣も程好く自然に備わった、透徹さあるクリスタル風タッチのピアノが、ヨーロッパ現代詩情派の典型らしいメランコリックな物悲しい美旋律とコンテンポラリー・リズミカルな軽快グルーヴに彩られた、センシティヴであり力強く骨太いノリのよさにも事欠かぬ何げにバランス絶妙のリリカル・プレイをひたすら流麗に紡いで、何とも清新に、鮮度抜群のちょっと儚くもあるたおやかな華を成し、ウネりを効かせて雄弁に迫る肉太ベースやニュアンス濃やかにシャープな斬り込み・突きを入れてくる多角的ドラム、らの瞬発力に長けた機略縦横の遊撃的サポートもフレッシュ・スリリングに迫真の魅力を際立たせた、全編気品とエレガンスと生々しいサスペンス加えて律動性溢れる音世界に心地よく酔わせる、中々周到で高密度な敢闘内容。

★今日流ユーロ系耽美路線の本道を迷いなく邁進する、全般にバップ色云々よりもきめの細かい心象風景の移ろいを機微豊かにスケッチしてゆくかの如き独自の文芸性や唯美主義が遥かに勝った印象の、一貫してメロディーや和声の端麗さを重んじるエレガント&サスペンスフルな抒情指向演奏、がデリケートかつ歯切れよく推し進められてゆき、ベース&ドラムの機動力&フェイント・センス卓抜なゲリラ性ある(それでいてスイング感もバッチリ醸成する)バックアップに上手く触発されながら、ジェンティーレ(p)の、泉の如く潤沢に(美旋律が)湧き出続ける感じの生粋ネイティヴ・メロディスト然としたアドリブ妙技が、自ずと節度を保った態様で折り目正しく瑞々しい冴え渡り具合を示しており、実に鮮やか。

→欧州リリカル派新世代の正統らしく繊細・微細な翳りある憂き浪漫風趣・哀愁的情緒を映し出すちょっと妖しくアンニュイなマイナー調の典雅メロディック節、に遺憾なく本領が発揮されているが、その弾鳴は一聴したところ極めてヨーロピアン・ノーブルなテイストが顕著であるもののよく聴いてみると、フォーキーな牧歌性の体現には「ブルース」が活用され、アクションのダイナミズムには「バップ」や「モード」が活用されていたりと、アップデートされたアウトラインの文脈展開の根底部ではオーソドックスなジャズの伝統が巧みに生かされた上で、唯一無二のロマネスク&ポエティックな個性が揺るぎなく確立されていて(デビュー作にして既にこの堂々とした風格ある佇まいは全く見事)、美味さ満点、説得力も絶大だ。

01. Hope 7:26
02. Cremisi 5:31
03. Throw The Stone 8:26
04. Mankind To Earth 8:53
05. Earth To Mankind 2:41
06. Libero 9:18
07. L'Aventino 6:36
08. Fight Or Flight 9:48
09. Fortress Of Solitude 7:19
10. The End 3:09 (solo piano)

Giulio Gentile (piano)
Pietro Pancella (double bass except 10) (electric bass guitar on 05)
Michele Santoleri (drums except 10)

2020年9月イタリア-アブルッツォ州モンテジルヴァーノ=MontesilvanoのBess Recording Studio録音

レーベル:Auand

御予約商品
CD
入荷予定時期:2022年11月 受注締切:2022年10月30日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。





現代ヨーロッパ耽美派の典型を示した繊細な機微あるロマネスク&メランコリック哀愁プレイの奥底にブルースやバップの風趣もさりげなく仄めくイタリアン・コンテンポラリー・ピアノ爽快打! CD GIULIO GENTILE TRIO ジュリオ・ジェンティーレ / INSIGHT[AU 3024]

販売価格: 2,700円(税込)
数量:
商品情報
AUAND

イタリア、スルモーナ出身、1994年生まれの若きピアニスト、ジュリオ・ジェンティーレによるピアノトリオ作品。イタリアを中心に活発に活動を続け、各賞を獲得するなど、評価も高まるピアニスト。

イタリアAUANDからの本作は、長年活動を共にし、互いを知り尽くしたメンバーによるトリオ作品。現代ジャズ・アーティストらしい音楽センスを持ち、メロディを重視しながら、連なる音の美しさ、3者による音の重なりを生かした道程が素晴らしい。円やかなフレーズ、欧州らしい澄んだ音色での精緻で微妙なニュアンス表現も卓越したトリオ作品だ。

■録音:Recorded, mixed and mastered by Domenico Pulsinelli and Claudio Esposito at Bess Recording Studio, Montesilvano (Italy) on September 2020