ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年12月REVIEWCD EVAN PARKER ELECTRO-ACOUSTIC ENSEMBLE / WARSZAWA 2019
商品詳細
★1990年にセクステット編成を基本に結成されたElectric Acoustic Ensemble (EAE)は即興の文脈に、電磁的表現をリアルタイムに並行させエバン・パーカーの活動の中でも大作長編演奏の代表作として連作されている。EAEの活動の多くはスタート時からECMにて記録→作品化されたが、前作「HASSELT」(2010年)はPSIより発表されている。

★そして約10年の長いブランクの後、エバン・パーカーによるEAEの活動信念は揺らぐことなく、2019年、ワルシャワを拠点とするフェスティバルAd Libitumでの演奏を実現。じっくりと練り上げられた音楽は、現代音楽的な領域に踏み込みつつ、一定の緊張を保ち、エバン・パーカーの即興演奏と共に、アンサンブルによる音響性〜アンビエントな音を連続させている。

1.Warszawa 2019

Evan Parker(soprano saxophone)
Matt Wright (laptop and turntable)
Paul Lytton (percussion and analogue electronics)
Richard Barrett (sampling keyboard)
Paul Obermayer (sampling keyboard)
Percy Pursglove (trumpet)
Peter van Bergen (bass and Ab clarinets)
Mark Nauseef (percussion)
Sten Sandell (piano and synthesiser)
Adam Linson (bass and electronics)

Recorded live on 12 of October 2019 at 14th Ad Libitum Festival, Laboratorium, U-Jazdowski, Wojciech Krukowski Hall, Warsaw by Kuba Sosulski
Mixed by Evan Parker with Fil Gomes at Arcobarco, Ramsgate, UK
Mastering by Grzegorz Piwkowski (High End Audio)

Photos: Piotr Gruchała
Liner notes: Stuart Broomer
Cover Design: Zuza Ustjan
Executive Producer: Maciej Karłowski

在庫有り
見開き紙ジャケット仕様CD


CD EVAN PARKER ELECTRO-ACOUSTIC ENSEMBLE / WARSZAWA 2019[FSR 062021]

販売価格: 2,700円(税込)
数量:
商品情報
Fundacja Sluchaj