ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年10月REVIEW未発表発掘!過激でアナーキーな爆裂的ヴァイオレンスの中にスピリチュアル&ブルージー・ソウルフルな旨味をしっかり有した正統イナセ派フリー・ジャズの真髄! CD SAM RIVERS QUARTET サム・リヴァース / UNDULATION (ARCHIVE SERIES VOLUME 5)
商品詳細
好評NoBusinessのサム・リヴァース(ts,fl,p)(1923年オクラホマ州エル・リーノ生まれ、2011年フロリダ州オーランドで死去)未発表音源アーカイヴ・シリーズ、第5弾となる今回は、ギター、エレキベース、ドラムとのカルテットによる1981年5月17日イタリア-フィレンツェでのライヴ編。屈強で逞しげそして重厚な、骨太い鳴り様を呈するテナーが、激しく荒れ狂いつつ押し寄せる怒涛の如くフリーキー・トーン交じりでこれでもかと吠えに吠えまくり、叫びに叫びまくって、そうしたアナーキーな爆裂的ヴァイオレンスの中にもブルージーでスピリチュアルな旨味をしっかり息づかせた、誠に清々しい、風格も堂々たる華を成し、これに執拗に挑みかかり絡みついてくるシュール&アブストラクトなギターや、弾力感満点にバウンド跳躍するかのようなノリノリのエレキベース、ひたすら歯切れよく大振りで律動スイングするドラム、らの侵攻ぶりも各々鮮烈に、テイスティーに際立ち、そうこうするうちにファンク・グルーヴ調のわりかしキャッチー&ポップな軽快にノるアクション大会へ推移、更にはピアノを主役とした異形で奇怪な大暴れの半打楽器的抽象攻勢と哀愁的ロマンティシズム溢れるバラード路線の並行展開やらファンク・スタイルのメロディック快演やらに突入、かと思えばギターが前面に躍り出てブルージー・ロック色濃い渋くて粋なリリカル即興を決め、やがてはフルートを中心としたラテン・ファンクっぽいリズミカル熱演が繰り広げられて行ったりなど、刻々と多彩に様相を転じながらしかし一貫して取っ付きやすいスピリチュアリティをみなぎらせた中々の吟醸的猛ハッスル敢闘が横溢し、スカッと昂揚させてくれる極めてパッショネートな充実の会心打内容。全体を通じ殊の外奔放苛烈でフリーな、即興度の高い破壊力も満点のアツい奮戦が連続するが、決して「ジャズ」の領域から逸脱することなくモーダル・バピッシュな硬派で勇み肌っぽいノリのよさやブルース由来の芳醇なるウマみ=コクを堅持した、娯楽活劇調の起伏烈しくも結構わかりやすい完全燃焼の驀進が嬉々溌溂と展開。そうした中、個人プレー面ではやはりリヴァース(ts,fl,p)の、生々しい灼熱のハイテンションさとおおらかな開放感を確固と保ってのわりかしイナセ筋めいた悔いなき燃え盛り様、が只事でないズバ抜けた圧倒的キレ&輝きを一瞬も絶やさず、さすが傑出しており、またサイド陣銘々にも適所で豊富に見せ場が振られて、カラフルかつ意表性あるドラマティックで何げに高密度な流れ(全体が一つの壮大な大河ストーリーもしくは組曲のようでもある全く鮮やかな構成だ!)がごく軽やかに創出されていて、ウ〜ム見事。

01. Tenor Saxophone Section I 11:17
02. Tenor Saxophone Solo 4:26
03. Tenor Saxophone Section II 5:37
04. Drum Solo 8:14
05. Piano Solo 5:52
06. Piano Section I 4:21
07. Piano Section II 6:19
08. Guitar Solo 5:25
09. Flute Section I 4:53 ]
10. Flute Solo 4:08
11. Flute Section II 2:07
12. Bass Solo 5:21
13. Flute Section III 4:55

Sam Rivers (tenor saxophone, flute, piano)
Jerry Byrd (guitar)
Rael-Wesley Grant (electric bass guitar)
Steve Ellington (drums)

1981年5月17日イタリア-フィレンツェでのライヴ録音

レーベル:NoBusiness

こちらで試聴できます。

在庫有り
CD


未発表発掘!過激でアナーキーな爆裂的ヴァイオレンスの中にスピリチュアル&ブルージー・ソウルフルな旨味をしっかり有した正統イナセ派フリー・ジャズの真髄! CD SAM RIVERS QUARTET サム・リヴァース / UNDULATION (ARCHIVE SERIES VOLUME 5)[NBCD 146]

販売価格: 2,200円(税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
NO BUSINESS

★サム・リヴァースのアーカイブシリーズ第5弾。

★1981年イタリア録音でギターを迎えたカルテット編成によるライブを収録。

Recorded May 17, 1981, Florence, Italy

Re-mastered by Arūnas Zujus at MAMAstudios
Photos (cover and pages 2, 7, 9): Courtesy of Monique Rivers Williams
Cover and Booklet Design: Jeff DiPerna
Liner Notes: Bill Shoemaker
Produced by Danas Mikailionis and Ed Hazell
Co-producer: Valerij Anosov

関連
痛快!スピリチュアル&パッショネートに力強く猛々しく完全燃焼する清々しい感動に満ちた「グルーヴィー」なフリー・ジャズ活劇世界!!! CD SAM RIVERS QUARTET サム・リヴァース / BRAIDS (ARCHIVE SERIES VOLUME 4)
ワイルド&アナーキーな一片も妥協なき硬質抽象性と超芳醇・旨口な吟醸スピリチュアリティが交錯する充実ライヴ1978! CD SAM RIVERS TRIO サム・リヴァース / RICOCHET (ARCHIVE SERIES VOLUME 3)
未発表発掘!気力もワザも充実しきった練達のスピリチュアル・フリー・インプロヴィゼーション至芸が鮮やかに冴え渡る絶頂ライヴ!!! CD SAM RIVERS QUINTET サム・リヴァース / ZENITH
未発表発掘!アグレッシヴ&スピリチュアルで雄大な感動に満ちた完全燃焼熱演が連続する超旨口70'sフリー・ジャズ世界!!! CD SAM RIVERS TRIO サム・リヴァース / EMANATION
CD  SAM RIVERS  サム・リヴァース   /  COLOURS  カラーズ
SHM-CD   SAM  RIVERS サム・リヴァース /  DIMENSIONS & EXTENTIONS ディメンションズ・アンド・エクステンションズ
SHM-CD  SAM RIVERS サム・リヴァース / ア・ニュー・コンセプション
CD  SAM RIVERS  サム・リバース / FUCHSIA SWING SONG  + 4  フューシャ・スイング・ソング + 4
新アナログ・シリーズ、180g重量盤LP Tone Poets シリーズがスタート 】180g重量盤LP SAM RIVERS サム・リバース / Contours
180重量盤LP  Sam Rivers  / Contrasts