ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOメロウ&テンダーな耽美性や哀愁浪漫とリズミカルなダイナミズムをバランスよく兼備した今日流ヨーロッパ抒情派ピアノの神髄!爽快!!! CD ROBERTO OLZER TRIO with STRINGS ロベルト・オルサー・トリオ・ウィズ・ストリングス / NOTTURNO ノットゥルノ
商品詳細
★Splasc(h)やDodicilune、Abeat、澤野、TRJ等よりの諸作に好評を集めてきたイタリアの個性派ピアニスト:ロベルト・オルサー(1971年イタリアのドモドッソラ生まれ)の、今回は鉄壁のレギュラー・トリオにストリングスも加えつつ(5曲に参加)の、「夜想曲」を一貫コンセプトとした渾身作。

★折り目正しくきめ濃やかでいてゴツッとした固く歯切れのいい鋭角性や堅牢さも備わった、ある時は水滴、またある時は岩石のような、ニュアンスに富むクリアー・タッチのピアノが、哀愁もしっとりと染み出す感じの、唯美センスと詩的・情緒的メロディーに溢れたヨーロピアン・ロマネスクなリリカル・プレイを、ベース&ドラムのコンテンポラリーなリズミック・ビート鳴動に乗せて軽快かつ繊細に綴って、瑞々しくも味わい深く煌めく魅力を典雅に、そしてちょっと儚げに放ち、一方、作法に適った荘厳壮麗なチェンバー色や心地よいムーディーさを醸成するストリングスの立ち働きも、キッチリと精緻な好アクセントを成した、極めて快適でありしかもシャープな緊張感にも事欠かない充実内容。

★半ば舞踏的でもある今風のノリのよさを呈した浪漫グルーヴ路線っぽい傾向と、宙をたゆたうような浮遊感渦巻くスペイシーなバラード・インタープレイ調の行き方、がバランスよく交差配置され、ストリングスの活かし方にも決して通り一遍でない一つ一つ細かな工夫の凝らされた、抑揚豊かで飽きのこないドラマティックな道程が展開してゆき、そうした中で繰り出されるオルサー(p)のアドリブ妙技が、自然体でスイスイ波に乗るが如き流麗滑脱さと、一音一音に大層デリケートに機微を込める風なセンシビリティ、を的確に使い分け、また融和させた、さすが練達にして生鮮度も抜群の冴えを、キレを見せて素晴らしい。

→メロウ&メランコリックで透明感と翳りが混在した風合いの、なおかつ勢いよくリズムに乗ったダイナミック・アクション的な趣も多分に含む、ビタースウィート風味のポエティック・グルーヴ節や、よりテンダー&センシティヴな耽美性やエレガンスを増した奥行きある憂愁アンニュイ・フレージングなど、現代ヨーロッパ流抒情派・ロマン派の一典型を示した、優しくしめやかでいて正統的モーダル・ハード・バップのフィーリングも根底にしっかり堅持しての均衡絶妙な筆運びのあり様は、殊の外清新でありながら十二分に研鑽された熟成感をも悠々と醸し出しており、一貫してワンポイントのゆとりや節度も絶やすことのないその弾鳴は全くアザやか。

01. Images
02. Étude, Op. 10 No. 6
03. Andante con moto, from ʻItalianʼ Symphony
04. My Funny Valentine
05. Rei I, from Neon Genesis Evangelion
06. Milano Rain
07. Notturno
08. Eveline
09. Touchdown
10. Dido's Lament, from ʻDido and Aeneasʼ

Roberto Olzer (piano)
Yuri Goloubev (bass)
Mauro Beggio (drums)
with Strings (on 03,04,05,07,08 only)

2019年録音

レーベル:澤野工房(Atelier Sawano)

在庫有り
デジパック仕様CD
※このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,619円になります。

メロウ&テンダーな耽美性や哀愁浪漫とリズミカルなダイナミズムをバランスよく兼備した今日流ヨーロッパ抒情派ピアノの神髄!爽快!!! CD ROBERTO OLZER TRIO with STRINGS ロベルト・オルサー・トリオ・ウィズ・ストリングス / NOTTURNO ノットゥルノ[AS 170]

販売価格: 2,520円(税込)
数量:
商品情報
澤野工房

極め付けの美音が描き出す、「夜の迷宮」。
天才Roberto Olzer があなたを幻想に酔わせ、夢へと導く。
求め続けた、これが「アトリエ・サワノ」の集大成。


★やっとこの⾳源を世に問うことができる。まず、そのことに安堵している。Roberto との企画スタートは丸2年前であり、⾳源が到着したのは昨年の初めだった。諸事情が重なる中、リリースが宙に浮いてしまい、お蔵⼊りの不安さえ抱えて、隔靴掻痒の⽇々が続いた。それが遂に解消される。最初にこうしたことを書くのは、仮にこの⾳源が⽇の⽬を⾒ないとすれば、それはジャズにとっての罪悪であり、損失だと考えたからだ。いつかこれが「発⾒」されたり「発掘」されたりする?冗談ではない。これは何が何でもASナンバーを冠して世に出さねばならない。そうでなくては、澤野⼯房である意味がないのだ。そう断⾔させるものが、ここにある。

★サワノのアーティストにあっても、「最も美しい⾳」を奏でるRoberto Olzer がコンセプトから作り込み、トータル・アルバムとして完成させたNOTTURNO(夜想曲)は、そのタイトルの通り「夜のサウンドトラック」だ。それは、星降る夜なのか、漆⿊の闇に包まれた夜なのか。恋⼈との夜なのか、⼀⼈きりの夜なのか。出逢いの夜なのか、別れの夜なのか……。Miles Davis がKind of Blue で描いた都市の夜を、遥かな年⽉を経て、イタリアの⽣んだ天才ピアニストが彷徨する。寄り添うのは3つの弦楽器のやわらかくも深々とした響き。それを名匠Stefano Amerio のマスタリングが磨き上げる。

★将来のことは分からないが、今⽇只今であるならはっきり⾔えることがある。これは極め付きに美しい⾳楽で、間違いなく今までで最⾼のもののひとつだ。聴く者の⼼を幻想で満たし、夢想へと誘う。つかのま、あなたは未踏の夜の迷宮の旅⼈となるだろう。このアルバムは、サワノの誇りなのだ。(Text by 北⾒ 柊)

関連
【澤野工房CD】CD  ROBERTO OLZER   ロベルト・オルサー  /  TORRE DEL LAGO  トッレ・デル・ラーゴ
繊細耽美にして快活鮮烈な欧州流コンテンポラリー浪漫派の奥義! CD ROBERTO OLZER QUARTET ロベルト・オルサー / FLOATIN' IN
【澤野工房CD】CD  ROBERTO OLZER TRIO  ロベルト・オルサー・トリオ  /  DREAMSVILLE   ドリームスヴィル
CD  ROBERTO OLZER TRIO   ロベルト・オルサー・トリオ / THE MOON AND THE BONFIRES
しっとり甘美でリズミカルなグルーヴ感にも富んだ今日流欧州浪漫派ピアノ・トリオの神髄!爽快!!! CD ROBERTO OLZER TRIO ロベルト・オルサー / CELESTE チェレステ
CD ROBERTO OLZER TRIO ロベルト・オルサー / STEPPIN' OUT
CD MAX DE ALOE,ROBERTO OLZER マックス・デ・アロー、ロベルト・オルツァー / UNA NOTTE DI COPRIFUOCO
繊細優雅で耽美的な哀愁やロマンティシズムと、ミステリアス&グルーミーな妖しいサスペンスが共存するヨーロッパ流・独創デュオ世界 CD LORENZO COMINOLI - ROBERTO OLZER ロレンツォ・コミノーリ、 ロベルト・オルサー / TIMELINE
【ABEAT】ステファノ・アメリオ録音 CD SONIA SPINELLO ソニア・スピネロ / SOSPESA