ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年9月REVIEW繊細深遠でしっとりとしたアンニュイ&メランコリックな詩的・唯美的ピアノ・プレイが瑞々しくも儚げに映える典雅世界 CD MARCIN WASILEWSKI TRIO マルチン・ヴォシレフスキ / EN ATTENDANT
商品詳細
1990年代にシンプル・アコースティック・トリオ(コメダ集が大ヒット!)で名を上げ、その後も不動のメンバーを率いて自己名義トリオとして活動を存続、過去、Gowi、Polonia、Hilargi、Not Two、そして2005年以降は一貫してこのECMから、発表してきたアルバム群がいずれも高い評価を得ていた、ポーランドの人気個性派ピアニスト:マルチン・ヴォシレフスキ(1975年ポーランドのスワヴノ生まれ)の、今回もまた鉄壁のレギュラー・トリオによる益々の熟達編。キラキラと光沢を放ちながら水滴が流れてゆくかのような、繊細で端正な爽涼タッチによる潤いと妖気漂う心象スケッチ的バラード表現がしっとりと展開されたかと思えば、一転して暗影濃く骨太で鋭角な石の音色へと様変りしてハード&半アブストラクトな烈しいアクションに推移したりもする、という、基本はあくまで詩情派・浪漫派体質のアンニュイ&メランコリックな美旋律並びに美ハーモニー溢れるリリカル・ピアノ・プレイが、含蓄豊かで奥深くも瑞々しい華を成し、一方、浮遊感とフェイント奇襲性に富んだインタープレイ型のあくまで「攻めた」アプローチに終始するベース&ドラムの中々息詰まる、躙り寄るが如き鳴動も迫真のサスペンスと濃やかな美を的確に高めて懐広げに魅力を際立たせた、全編エレガントでロマンティックそしてデリケートな妙演が壮麗に綴られて心地よく陶酔できる、さすがの高密度内容。概ね、妖しくトグロを巻きながら宙を無重力遊泳してゆく感じの、バラードを中心としたリアル・インタープレイ・タイプのスローリーかつセンシティヴな、ニュアンスに富む抒情派演奏がじっくりゆったりと紡がれ、ヴォシレフスキ(p)の、極めてメロディアスでヨーロッパ流耽美主義の権化然としているものの、決して甘すぎずピリッとスパイスの効いた、物憂くやるせない鬱屈さも仄めく、やや内省傾向の荘厳でファンタジック・ドリーミーな、夢幻世界の深淵をたゆたい彷徨うような機微あるインプロヴィゼーションが典雅に煌めきを放って、何とも蠱惑的だ。→内的・瞑想的な情景、その深遠・幽遠なる様を奥底・隅々まで殊の外細かに点描するが如き、精巧緻密で腰の据わった独自のビタースウィートなロマンティシズム&メランコリー表現にとりわけ得難い妙味が、本領が発揮される他、わりかしポップでブルースやファンクの匂いの漂う軽やかなメロウ・フレージング辺りにも鮮度抜群の清新さがあるなど、結構メリハリのある半劇的流れを楽しませるが、全体を通じて一定の節度や抑制力・制御力を自ずと保った、穏やかな諦念めいたその語り口は正にワン&オンリーで卓越している。

1. In Motion Part I
(Wasliewski/Kurkiewicz/Miskiewicz)
2. Variation No.25 from: Goldberg Variations
(J.S.Bach, Goldberg Variations)
3. Vashkar
(Carla Bley)
4. In Motion Part II
(Wasilewski/Kurkiewicz/Miskiewicz)
5. Glimmer Of Hope
(Marcin Wasilewski)
6. Riders On The Storm
(Morrison/Densmore/Krieger/Manzarek)
7. In Motion Part III
(Wasilewski/Kurkiewicz/Miskiewicz)

Marcin Wasilewski (piano)
Slawomir Kurkiewicz (double bass)
Michal Miskiewicz (drums)

2019年8月フランス-ペルヌ・レ・フォンテーヌのStudio La Buissonne録音

レーベル:ECM

在庫有り
スリーヴケース仕様CD


繊細深遠でしっとりとしたアンニュイ&メランコリックな詩的・唯美的ピアノ・プレイが瑞々しくも儚げに映える典雅世界 CD MARCIN WASILEWSKI TRIO マルチン・ヴォシレフスキ / EN ATTENDANT[ECM 381 5]

販売価格: 2,380円(税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
ECM

★昨年5月にリリースしたJoe Lovanoを迎えた作品『Arctic Riff』が好評のピアノ・トリオ、マルチン・ボシレフスキ・トリオのECM7作目。

■BBCミュージック・マガジンは、「今日のジャズ界には銀河系のようなピアノ・トリオが存在するが、マルチン・ワシレフスキーほど輝いているものはない」と指摘。

★ECM7枚目の本作で、この多面的なポーランドのトリオは、特徴的な広い範囲の音楽を照らし出しており、ボシレフスキの柔軟な「Glimmer of Hope」、カーラ・ブレイの不朽の名曲「Vashkar」、ドアーズの催眠的な「Riders On The Storm」、そしてヨハン・セバスチャン・バッハの「Goldberg Variations」からのセレクションと、共同で制作した作品が並置されている。本トリオは四半世紀以上にわたって共同で音楽制作を行ってきたからこそ可能になった、深い聴きごたえを持つ注目作品。

★2019年8月に南フランスのスタジオ・ラ・ビュイソンヌで録音され、マンフレート・アイヒャーがプロデュース。(メーカーインフォ)

Recorded August 2019
Studio La Buissonne,Pernes-les Fontaines
Engineer : Gerard de Haro
Mastering : Nicolas Baillard
Cover photo : Max Franosch
Design : Sascha Kleis
Produced by Manfred Eicher