ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年9月REVIEW[UHQ CD] 精巧緻密に設計された巨大建築風の端正なアンサンブルが醸す様式美と豪快でストレート・バピッシュなソロの清々しい融け合い! MIHO HAZAMA & DANISH RADIO BIG BAND 挾間 美帆 & デンマーク・ラジオ・ビッグ・バンド / IMAGINARY VISIONS
商品詳細
★国立音楽大学や米マンハッタン音楽院大学院に学び、後者ではジム・マクニーリーに師事、2012年の第1作以来VerveやSunnysideから着々とリーダー・アルバムを発表して高い評価を得、2017年から共演を重ねてきたデンマークの名門楽団:デンマーク・ラジオ・ビッグ・バンドの首席指揮者に2019年10月、就任した(その後2020年8月からオランダの名門、メトロポール・オーケストラの常任客演指揮者も務めている)(また日本へ帰国してのライヴや作編曲仕事も頻繁に行なっているが、本拠は米ニューヨークに置いている模様)、オールラウンドなコンポーザー&アレンジャー&コンダクターである才媛:挾間美帆(1986年東京都生まれ)の、そのデンマーク・ラジオ・ビッグ・バンドを指揮して自作曲を聴かせる、凡そ3年ぶりのニュー・アルバムが登場。

★カラフルで爽涼感ある重層的ホーン・アンサンブルがちょっと空中遊泳っぽく軽やかに響鳴し、歯切れよくリズミカルなコンテンポラリー調のノリにノッたビートの上で、各人の個性豊かなソロ活躍が生鮮度抜群の迫真力と濃い旨味に満ちた見せ場を起伏烈しく中々ドラマティックに形成、並行してその背後を練り上げられた周到なアンサンブルが縦横無尽に飛び交って、トータルとしては適度に入り組んだ巨大建築様の、しかし難解さはなくスカッと風通しもよさげな活劇エンタテインメント体質の、開放感と推進パワー溢れる明快音空間を創出した、実に清々しい敢闘内容。

★かなり複雑緻密に考え抜かれた作編曲=スコアー面の意匠の巧妙さが大いに光っているものの、仕上がったサウンドはあくまで親しみやすく分かりやすい、聴く者を一種の冒険アクション的な世界に気持ちよく遊ばせてくれる、メロディーや和声においては極めてオーソドックスな美の貫かれた胸躍るような雄大スケールのダイナミック熱演、が嬉々として晴朗に、おおらかに展開され、手の込んだドラマツルギー重視の頭脳的立ち働きに折り目正しく徹しきるアンサンブル・サイド=背景音響陣の一糸乱れぬ精確チームプレーに対し、これとは鮮やかなコントラストを成しながらフロントに立って、幾分か荒削りで伸び伸びとした自由闊達な調子でアドリブを繰り出すソロイスト勢の、至ってストレート・グルーヴィーな奮戦がこの上なくデリシャスに冴えていてゴキゲンだ。

★徹底して真っ当なハード・バッパーになりきったMads la Cour(tp,flh)や、モーダル・アグレッシヴなNicolai Schultz(fl)にHans Ulrik(ts)そしてKarl-Martin Almqvist(ts)(→ややけだるめのレイジーな哀愁バラード・プレイも◎)、ロック・フィーリングをみなぎらせたやんちゃでワルなPer Gade(g)、ダークで妖しくも熱気孕むファンク攻勢でシャープに迫るPeter Fuglsang(as)、ダウン・トゥ・アース&ウォーム・スモーキーなブルース節でこってり芳醇なコクを放つPeter DahlgrenとPetter Hängselのトロンボーン陣、泥臭く武骨で豪快なソウルフル咆哮が少々粘っこく後を引くAnders Gaardmand(bs)、濃厚ブルージー路線と現代クラシック調の間を自在に往来するHenrik Gunde(p)、などなど忘れ難くおいしさ満点な個人芸の名場面が目白押し。これだけの突出個性派連たちを上手く交通整理して一つの美しい形にまとめ上げた挾間の統率手腕も秀逸。

1. I Said Cool, You Said... What? 6:45
soloists: Nicolai Schultz (fl), Per Gade (g)
2. Your Scenery Story 8:10
soloists: Mads la Cour (flh), Hans Ulrik (ts)
3. Mingle-Mangle Goody Bag 7:22
soloists: Mads la Cour (tp), Henrik Gunde (p), Peter Fuglsang (as)
4. Home 8:48
soloists: Petter Hängsel (tb), Henrik Gunde (p), Mads la Cour (flh)
5. Mimi's March 8:12
soloists: Peter Dahlgren (tb), Anders Gaardmand (bs)
6. On That Side 8:01
soloists: Kaspar Vadsholt (b), Mårten Lundgren (tp), Karl-Martin Almqvist (ts), Søren Frost (ds)
7. Green 5:28
soloist: Karl-Martin Almqvist (ts)

Miho Hazama (composer, conductor)
Danish Radio Big Band:
Dave Vreuls (trumpet, flugelhorn)
Robin Rombouts (trumpet, flugelhorn)
Thomas Kjærgaard (trumpet, flugelhorn)
Mads la Cour (trumpet, flugelhorn)
Mårten Lundgren (trumpet, flugelhorn)
Peter Dahlgren (trombone)
Petter Hängsel (trombone)
Vincent Nilsson (trombone)
Annette Saxe (bass trombone)
Jakob Munk Mortensen (bass trombone, tuba)
Peter Fuglsang (alto saxophone, soprano saxophone, clarinet, flute)
Nicolai Schultz (alto saxophone, piccolo, flute, alto flute)
Hans Ulrik (tenor saxophone, soprano saxophone, clarinet)
Karl-Martin Almqvist (tenor saxophone, soprano saxophone, clarinet)
Anders Gaardmand (baritone saxophone, bass clarinet, flute)
Per Gade (guitar)
Henrik Gunde (piano)
Kaspar Vadsholt (upright bass)
Søren Frost (drums)

2021年3月8日-11日デンマーク-コペンハーゲンのDR Koncerthuset Studio 2 & 3録音

レーベル:Edition King International

■UHQCD(Ultimate High Quality CD) 仕様
UHQCDはCD規格に準拠しており、既存のプレーヤーで再生可能です。新しく開発された製法により、従来の高音質ディスクよりさらに原盤に忠実な音を再現します。最高性能のクリスタルディスクに迫る高音質を手軽にお楽しみいただけます。生生しい分厚いビッグバンドサウンドが堪能できます。

*輸入盤発売と国内盤発売が、前後する可能性があります。よろしくご理解のほどお願いいたします。

在庫有り
国内盤UHQ CD (日本語帯、解説付)

[UHQ CD] 精巧緻密に設計された巨大建築風の端正なアンサンブルが醸す様式美と豪快でストレート・バピッシュなソロの清々しい融け合い! MIHO HAZAMA & DANISH RADIO BIG BAND 挾間 美帆 & デンマーク・ラジオ・ビッグ・バンド / IMAGINARY VISIONS[KKJ 163]

販売価格: 2,870円(税込)
数量:
商品情報
■挾間美帆 m_unit 日本ツアー開催!
9/10(金) 金沢ジャズストリート
9/12(日)山口市民会館
9/17(金)フェニーチェ堺
9/18(土)&19(日)ブルーノート東京
また、今年のモントレー・ジャズフェスティバル(アメリカ)への挾間美帆 m_unit の出演が決まっています。
EDITION RECORDS (キング・インターナショナル)

★Danish Radio Big Bandの首席指揮者、挾間美帆の最新作!

★グラミー賞ノミネート「ダンサー・イン・ノーホエア」以来3年ぶりの作品
分厚いビッグ・バンド・サウンドを見事に捉えたUHQCD高音質仕様!

■2019 年よりDanish Radio Big Band (DRBB、 デンマーク・ラジオ・ビッグバンド ) の首席指揮者を務めている挾間美帆の最新アルバムが UHQCD 仕様で登場!

★2012 年にデビュー、米ジャズ誌「ダウンビート」では “未来を担う 25人のジャズアーティスト” に選出。2019 年には前任のジム・マクニーリー以来、17年間首席指揮者のポストが空席になっていた 1964 年創立の北欧唯一の国営放送局のビッグバンドである DRBB の首席指揮者に就任。2020年8月からはオランダの名門、メトロポール・オーケストラの常任客演指揮者に就任、ニューヨークを拠点に世界中で活躍の場を広げています。

■本作は首席指揮者の就任から2 年、挾間美帆が満を持して世界に向けて発表する待望のニューアルバム。挾間美帆にとっては、グラミー賞ノミネートの「ダンサー・イン・ノーホエア」以来3年ぶりのアルバム発売となります。収録曲7曲はすべて自身のオリジナル作品。

★挾間美帆によるプログラムノート
これらの作品は、デンマーク・ラジオ・ビッグバンド(DRBB)のメンバーから多くのインスピレーションを受けています。彼らの音色、演奏のキャラクター、長所、ユニークさや素晴らしさ。そして、これは表にわかりやすく出ているわけではありませんが、DRBB の過去の音楽監督(Thad, Brookmeyer and McNeely)の過去の作品からも多くのヒントを得ています。DRBBと一緒に彼らの作品を演奏したり勉強したことによって、彼らの和音構成、音楽性、音楽の構成、リズムのモチーフ、オーケストレーション、作曲や和音のアイディアから多くのインスピレーションを貰いました。ストレートに「コピペ」したわけではありませんが、私なりに彼らの音楽的アイディアを探究し消化した音楽、といえると思います。

■UHQCD(Ultimate High Quality CD) 仕様
UHQCD はCD 規格に準拠しており、既存のプレーヤーで再生可能です。
新しく開発された製法により、従来の高音質ディスクよりさらに原盤に忠実な音を再現します。最高性能のクリスタルディスクに迫る高音質を手軽にお楽しみいただけます。生生しい分厚いビッグバンドサウンドが堪能できます。

↑新譜案内より