ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > PIANOCD ANDRE MEHMARI アンドレ・メマーリ / Afetuoso アフェトゥオーゾ
商品詳細
★美しく繊細な表現によって聴く者を「心象風景への旅路」へと誘う最新トリオ作品!

★アルゼンチン・シーンとの交流でも知られ、日本の南米音楽通の間でもマークされている注目のピアニスト!

★録り下ろし、(9)ではイヴァン・リンスがゲスト参加!

★心の定点と定点を結ぶ、架け橋のようなアルバム。汲み尽くせぬ力を秘めた待望の最新ピアノトリオ作品。 “André Mehmari takes first step to international career”――すでにブラジルでは名を馳せるアンドレ・メーマリの近況が本国で一早く報道されたのは昨年(2010年)秋のこと。そこには、ガブリエレ・ミラバッシ(弟はジョヴァンニ・ミラバッシ)とのデュオ作『Miramari』の成功や、昨年の伊ウンブリア・ジャズでの演奏で注目を浴びたのをきっかけに、EGEAから2011年正式デヴューが決定しているということ、さらには、日本のレーベルに吹き込んだ本作の発売予定が、紹介されていたわけだ。ジョイスやセルジオ・サントスのサポートでもひときわ光る才能、アミルトン・ヂ・オランダとの『ジスモンチパスコアル』や『ミルトン・ナシメント・ソングブック』などからも読み取れる深遠なるMPBとジャズ〜クラシックを融合させる独自のセンス。はたまたカルロス・アギーレやアカ・セカ・トリオなどアルゼンチン・シーンとの昨今の交流もあり、日本でも南米音楽通にはすでにマークされている彼だが、ヨーロッパのピアノトリオかと思わせる洗練されたタッチと演奏力はキース・ジャレット或いはエグベルト・ジスモンチを引用せざるを得ず、今年ジャズファンが避けて通れない存在となりそうだ。打てば、心響く。和らげば、心滲む。アンドレ・メーマリは、そんな素直なピアノを弾く。音の本質と音楽の本質を、『Afetuoso』(=Affectionately, Tenderly)というタイトルにかけて捉えているような細やかさがある。丘から丘へ低空飛行をするように駆け抜ける「Veredas」、劇的な冒頭のメドレー「Suite Clube da Esquina」のみならず、心象風景への旅路をいざなう演奏が続く。「Mãos de Afeto」では近年親しくなったイヴァン・リンスが参加。ややしゃがれた声がむしろ味わい深い幻想的なテイクが録れた。今後にも期待して同時代性を楽しみたいピアニストだ。

01. Suite Clube da Esquina: Clube da Esquina I / Durango Kid / Clube da / Esquina II / Cravo e Canela
02. Que Falta Faz tua Ternura
03. Veredas
04. Faschingsschwank aus Wien - Intermezzo
05. Trio for Austin
06. Nascente
07. Sehr Langsam, from the Youth Album
08. Choro da Continua Amizade
09. Maos de Afeto
10. Pra quem quiser me visitar
11. Lachrimae / E Doce Morrer no Mar
12. Within You Without You

André Mehmari(piano)
Sérgio Reze(drums)
Zé Alexandre Carvalho(double bass)
*スペシャルゲスト
Ivan Lins(vocal on "Mãos de Afeto")

*CDライナーノーツ:杉田宏樹

在庫有り
CD

CD ANDRE MEHMARI アンドレ・メマーリ / Afetuoso アフェトゥオーゾ[CMYK 6301]

販売価格: 2,430円(税込)
数量:
商品情報