ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年7月REVIEW精悍勇猛なハードボイルド・テイスト溢れる現代モード・スタイルをもって瑞々しくリブートされたパーカー・ミュージック世界! CD ROSARIO GIULIANI & PIETRO LUSSU ロザリオ・ジュリアーニ & ピエートゥロ・ルッス / TRIBUTE TO BIRD
商品詳細
アルトサックスのロザリオ・ジュリアーニ(1967年イタリアのテッラチーナ=Terracina生まれ)とピアノのピエートゥロ・ルッス(1971年イタリアのローマ生まれ)、というイタリアの人気スター・プレイヤー二人がコンビを組んだ(この両人はR・ジュリアーニ・カルテットのレギュラーとして凡そ四半世紀に及ぶ共演仲間である)デュオによる、チャーリー・パーカー・トリビュート・アルバム。キュッと締まったシャープ&ソリッドな風合いとリキみなげでまろやかなソフトネス、とが渾然一体化した美味さ溢れる清爽トーンのアルトが、バップ・スタイル特有の粋で渋い佇まいと、よりモーダルでアグレッシヴ&スピーディーな爆発性やダイナミズム、更にはちょっとクール派っぽくもある理知的(覚醒的)幾何学性、などをごく自然に統合しながら先ずは何より「アクション」重視の縦横無尽な舞い泳ぎっぷりを精悍に決め込み、並行して決して甘すぎない程度の歌謡色をも盛り込んで、トータルとしてはわりかしハードボイルドな躍動型抒情体質のキリッとしたキャラ・イメージに仕上げ、凛々しく雄々しい魅力を放ち、一方、重厚で骨太く堅牢な岩石タッチのピアノの、苦味走った陰影濃い殺陣風の抑制ある鋭角的立ち働きも、頼もしげにヘヴィーなグルーヴ感やドスの利き具合を上手く演出した、全般に極めて硬派な軒昂覇気に満ちた真剣勝負熱演の連続でがっつりと昂揚させてくれる敢闘内容。パーカーにゆかりの楽曲群が並ぶものの演奏面においてはパーカー色一辺倒ということにはならず、ジュリアーニ&ルッス流のシリアスめ現代モーダル・バピッシュ演奏がひたすら自由闊達に伸び伸び展開される、という、ノスタルジーに寄りかかることのない迫真の凄味もほとばしった気力充実の生々しくスリル満点な奮戦が続き、そうした中で、ジュリアーニ(as)とルッス(p)の腰を据えて悔いなく燃えるリアル・インプロヴァイザー然とした白熱の進撃が、フレッシュかつこってりテイスティーに鮮烈な冴えを、キレを見せて素晴らしい。ジュリアーニ(as)の、甘さは控えめに毅然とした面持ちで勇猛果敢な大立ち回りの疾風怒濤咆哮攻勢!に迷うことなく没頭して、中々壮大で力強いエモーションや興奮を満喫させてくれ、よく聴いてみればその根っ子にはパーカー・ライクな伝統的バップ・イディオムもしっかり顕在している、といった印象のバランス絶妙な、起伏に富んだドラマティックな語り口が終始風格堂々と揺るぎない真価を発揮していて卓抜(ブルース的局面におけるイキでイナセな吟醸味溢れる熱っぽい唄いっぷりもナイス)で、かたやルッス(p)の、これまた厳しく険しく引き締まった表情で、一切妥協のないビター&ダークな硬質ダイナミック・プレイをガキゴキ決然と貫く頑強タフネスぶりも好インパクト。

1. Ah-Leu-Cha (C. Parker)
2. Quasimodo (C. Parker)
3. Be-Bop (C. Parker)
4. Lover Man (J. Davis, R. Ramirez, J. Sherman)
5. Suite Et Pursuite I (R. Giuliani)
6. Suite Et Pursuite II (R. Giuliani)
7. Suite Et Pursuite III (R. Giuliani)
8. Dream House (R. Giuliani)
9. Donna Lee (C. Parker)

Rosario Giuliani (alto saxophone)
Pietro Lussu (piano)

2021年1月イタリア-ラツィオ州Passo Corese(ローマ近郊)のTube Recording Studio録音

レーベル:Emme Record Label

在庫有り
CD



精悍勇猛なハードボイルド・テイスト溢れる現代モード・スタイルをもって瑞々しくリブートされたパーカー・ミュージック世界! CD ROSARIO GIULIANI & PIETRO LUSSU ロザリオ・ジュリアーニ & ピエートゥロ・ルッス / TRIBUTE TO BIRD[ERL2104]

販売価格: 2,180円(税込)
数量:
商品情報
EMME

★現代正統派アルトサックス奏者、ロサリオ・ジュリアニとイタリア主流派ジャズシーンで存在感を顕すピアニスト、ピエトロ・ルッス。両者のデュオによるチャーリ-・パ-カ-・トリビュ-ト作品。
★パーカーの世界を自然体で自由に表現しています。