ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年4月REVIEWSHM-CD 桑原 あい AI KUWABARA / OPERA
商品詳細
桑原あいの現在、そしてこれから。 ピアニストとしての真髄を聴かせる、初のソロ・ピアノ・アルバム。

★2012年のジャズ・シーンに衝撃をもたらしたデビューから、通算10枚目(企画盤含む)にして初となる全編ソロ・ピアノ・アルバム。

●持ち前の豊かな表現力を最大限に引き出す、ジャンルの垣根を超えた名曲のカヴァーを中心に収録。これまでのキャリアを俯瞰しつつ、ピアニストとしての新境地に立ち、これからのキャリアを予感させる作品となっています。

★カヴァー曲のうち5曲は、桑原あいの音楽を愛する方々にリクエストを依頼して録音。シシド・カフカ、立川志の輔、山崎育三郎、社長 (SOIL & “PIMP” SESSIONS)、平野啓一郎 (アルバム収録順)の計5名がセレクトした多彩な楽曲が、桑原のアレンジにより奏でられます。

●録音は、クラシック・コンサート専用ホール「東京オペラシティ リサイタルホール」にて実施。3日間ステージ上のピアノと対峙して紡ぎ出した渾身の演奏を、素晴らしい響きとともに真空パックしています。

★アルバム・ジャケットには、オランダの著名な写真家、ヘレン・ファン・ミーネの作品を採用。10年以上前にロシアで撮影されたもので、奥行きのある作品の世界観が表現されています。(メーカー・インフォ)

1 ニュー・シネマ・パラダイス(作曲:アンドレア・モリコーネ/エンニオ・モリコーネ)
2 リヴィン・オン・ア・プレイヤー(シシド・カフカ 選曲/作曲:ジョン・ボン・ジョヴィ/リッチー・サンボラ/デスモンド・チャイルド)
3 レオノーラの愛のテーマ(作曲:アストル・ピアソラ)
4 ロロ(作曲:エグベルト・ジスモンチ)
5 ワルツ・フォー・デビイ(立川志の輔 選曲/作曲:ビル・エヴァンス/ジーン・リース)
6 星影のエール(山崎育三郎 選曲/作曲:GReeeeN)
7 ゴーイング・トゥ・ア・タウン(作曲:ルーファス・ウェインライト)
8 ミスハップス・ハプニング(社長(SOIL&“PIMP” SESSIONS) 選曲/作曲:ウィリアム・ホランド)
9 エヴリシング・マスト・チェンジ(平野啓一郎 選曲/作曲:ベナード・アイグナー)
10 ザ・バック(作曲:桑原あい)
11 デイドリーム・ビリーヴァー(作曲:ジョン・スチュワート)

桑原 あい AI KUWABARA (PIANO SOLO)

2020年11月12日-14日 東京オペラシティ リサイタルホールにて 録音

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します
SHM-CD


SHM-CD 桑原 あい AI KUWABARA / OPERA[UCCJ 2189]

販売価格: 3,150円(税込)
数量:
商品情報
選曲者コメント一覧

【シシド・カフカ】
あいさんの力強くしなやかな演奏が大好きで、そんな彼女が弾けられる曲をとリクエストさせて頂きました。想像以上に繊細に、そして期待以上に力強い仕上がりにニヤニヤが止まりません。早くライブで聴きたい!
今回はこのようなとても光栄な機会を頂き、とても嬉しかったです。有難うございます!

【立川志の輔】
くーッたまらない臨場感!オペラシティの特等席にいるような迫力と
わくわくする選曲が魅力のアルバムです。実は私、あろうことか今回
ばん!と思いっきりリクエストした『ワルツ・フォー・デビー』
らッキー!実現しました!繊細な桑原さんの指先が描き出してくれる
あいらしいデビーが、楽しそうにワルツしてる姿が浮かんできます。

一昨年の東京フォーラムでのライブで初めて桑原あいさんのピアノに出会いました。
ウィル・リーさんが率いる編成で、渡辺香津美さんら多勢のバンドの中で、
小柄な桑原さんから飛び出るあの迫力ある鍵盤さばきは、お見事と言う他なくすっかり虜になったのです。すぐに私のラジオ番組のゲストにもきてもらい、音楽への限りない情熱も聞かせてもらいました。エネルギッシュな「あい」さんのステージを堪能した私は、今回のアルバムでリクエストできるならば、ビル・エバンスの名曲「ワルツ・フォー・デビー」を是非と頼みました。あいさんの指先からどんな繊細な音が紡がれるのか、楽しみで楽しみで。とうとう聞かせてもらいました。もう最高!なんて華麗で可愛いデビーが目の前に現れました。思わず踊りたくなる楽しさ。試聴アルバム、繰り返し、聴かせてもらってます。

【山崎育三郎】
2020年は、朝ドラ「エール」の主題歌「星影のエール」と共に駆け抜けてきました。あいさんの奏でる繊細且つドラマティックな演奏を聴いた時、撮影の日々が蘇り深く感動しました。これからも圧倒的な表現力を持つ桑原あいのファンです!

【SOIL&"PIMP"SESSIONS 社長】
僕が何度となくDJでプレイしてきた大好きな曲を提案させていただいたわけですが、予想を遥かに上回ってくる仕上がり。まさかのフロアで一番ピークになる「サビ」的なパートをまるっとカットするとは!(笑)
曲の美しさをより際立たせるアレンジと麗しい音色に誘われて、Todd Terjeの故郷でもあるノルウェーの景色が目に浮かんできます。お見事です。

【平野啓一郎】
桑原さんには、是非ともクインシーに因んだ曲を弾いてほしい!と思い、この美しい名曲を選びました。コーラスに漂う何とも言えない諦念と哀感、一種の優しさのような表現が、コロナで疲れている人の心を、きっと癒やしてくれるでしょう。数多くのカヴァーがありますが、ピアノソロは珍しいのでは? 胸を打たれます。Bravo!
曲目