ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ボッソ、イオナータ、ピエラヌンツィ参加!スマート&カラフルな手の込んだ様式美と歌心満点なスカッとした晴朗ハード・バップ大会の旨味が粋に融け合う痛快娯楽世界!!! CD DINO & FRANCO PIANA ENSEMBLE ディーノ&フランコ・ピアーナ / OPEN SPACES
商品詳細
ヴァルヴ・トロンボーンの超大ヴェテラン:ディーノ・ピアーナ(1930年イタリアのレフランコーレ生まれ)と、その息子であるフリューゲルホーン奏者:フランコ・ピアーナ(1957年生まれ)、のイタリアン父子コンビの双頭アンサンブルによる最新アルバム。ファブリッツィオ・ボッソ(tp)、マックス・イオナータ(ts,ss)、エンリコ・ピエラヌンツィ(p)らの強力な面々が参加している他、ストリング・クインテット:B.i.m. Orchestraも加わってくる趣向。アレンジはフランコ・ピアーナによる。重層的で色彩感溢れるスマートなホーン・アンサンブルが鮮麗に響鳴し、荘重精緻なストリングスも絶妙に奥行きを形成してゆく中で、スモーキーな渋い陰影味を中々シャキッと歯切れよく体現するトロンボーンや、凛々しくもおおらかに朗々と哀歓を活写するフリューゲル、キレ味シャープでハードボイルド・バピッシュなトランペット、ドライヴ感全開で肉太く重厚に憂愁を歌うテナー、尖ったトーンに哀愁とパッションを濃く宿らせたソプラノ、クール&ファンキーな粋さ満点のアルト、折り目正しく鋭角なタッチで仄暗くメランコリックに物悲しき浪漫を映し出すピアノなど、銘々の個性豊かなソロ活躍が次から次へと目くるめく万華鏡の如く快テンポで見せ場を繋いで、一瞬も清新さの途切れない鮮度抜群かつ極めて密度の高い劇的流れを軽々編み上げて見せた会心打内容。アレンジや構成は殊の外周到緻密に作り込まれている(その、幾層にも折り重なった多楽器の響きには、ちょっと絵画的あるいは建築的な趣とかもあって絶品)ものの、あくまで明快晴朗で親しみやすい大衆娯楽性や風抜けもよさそうな開放感を何より重視・堅持した、歌謡フィーリングも満点のスカッと胸のすくメロディアスな抒情派ハード・バピッシュ演奏、が溌剌調子で軽やかに、颯爽と紡がれてゆき、ストリングスが被ってくる辺りではちょっとチェンバー風の厳かなムードも適度に醸成されて上手くアクセント効果を成すが、大方は結構ストレートアヘッドなスウィンギン活劇調ハード・バップ大会、の様相を呈していて、充実したソロ・リレー合戦の盛り上がりとともに大層カラフルでテイスティー・グルーヴィーそして瀟洒味一杯の道程を、ひたすらノリよく居心地よく愉しませてくれる。ディーノ・ピアーナ(vtb)の、侘び寂の効いた燻し銀的な陰影深い煙霧の如きおぼろブロウや、フランコ・ピアーナ(flh)の「ビッグ・バンド派の実力者」然とした精確で決してツボを外さない必殺妙技、更には、ボッソ(tp)やイオナータ(ts,ss)の清々しく爽やかなスター性を伸び伸びとフル発揮した超イカす至芸、そしてピエラヌンツィ(p)の、曲想やアレンジ構成を尊重した上でしかしバッチリ突出した硬質ロマンティストたる本領を余裕で振りまくさすがの円熟ワザ、など、いずれもゆとりと節度をもって悠々と天空を駆け巡る風な、ドラマティックな個人芸の極上名場面が目白押し。

1. Open Spaces - Opening
2. Open Spaces - Variation I
3. Open Spaces - Variation II
4. Open Spaces - Variation III
5. Dreaming
6. Sunshine
7. Sketch Of Colours - Movimento 1
8. Sketch Of Colours - Movimento 2
9. Blue Blues

ディーノ・ピアーナ (valve trombone)
フランコ・ピアーナ (flugelhorn, arrangement)
ファブリッツィオ・ボッソ (trumpet)
ロレンツォ・コルシ (flute)
フェルッチョ・コルシ (alto saxophone)
マックス・イオナータ (tenor saxophone, soprano saxophone)
エンリコ・ピエラヌンツィ (piano)
ジュゼッペ・バッシ (double bass)
ロベルト・ガット (drums)
ビム・オーケストラ

Dino Piana (valve trombone)
Franco Piana (flugelhorn, arrangement)
Fabrizio Bosso (trumpet)
Lorenzo Corsi (flute)
Ferruccio Corsi (alto saxophone)
Max Ionata (tenor saxophone, soprano saxophone)
Enrico Pieranunzi (piano)
Giuseppe Bassi (double bass)
Roberto Gatto (drums)

B.i.m. Orchestra (string quintet):
Marcello Sirignano (I violin)
Andrea Cortesi (II violin)
Mario Gentili (III violin)
Fabrizio De Melis (viola)
Giuseppe Tortora (cello)

イタリア-ローマのAlfamusic Studio録音
(2020年イタリア作品)

レーベル:Alfa Music

御予約商品
CD
入荷予定時期:2021年2月〜3月
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。



ボッソ、イオナータ、ピエラヌンツィ参加!スマート&カラフルな手の込んだ様式美と歌心満点なスカッとした晴朗ハード・バップ大会の旨味が粋に融け合う痛快娯楽世界!!! CD DINO & FRANCO PIANA ENSEMBLE ディーノ&フランコ・ピアーナ / OPEN SPACES[AFM CD224]

販売価格: 2,280円 (税込)
数量:
商品情報
*Soloists Order↓

#1:
Dino Piana (vtb)
Franco Piana (flh)
Lorenzo Corsi (fl)

#2:
Max Ionata (ss)
Fabrizio Bosso (tp)
Dino Piana (vtb)
Franco Piana (flh)
Enrico Pieranunzi (p)

#3:
Marcello Sirignano (vln)
Ferruccio Corsi (as)
Lorenzo Corsi (fl)

#4:
all musicians and
Ferruccio Corsi (as)

#5:
Dino Piana (vtb)
Enrico Pieranunzi (p)

#6:
Enrico Pieranunzi (p)
Fabrizio Bosso (tp)
Max Ionata (ts)
Franco Piana (flh)
Roberto Gatto (ds)

#7:
Ferruccio Corsi (as)
Enrico Pieranunzi (p)
Lorenzo Corsi (fl)
Fabrizio Bosso (tp)
Giuseppe Bassi (b)
Ferruccio Corsi (as)

#8:
Enrico Pieranunzi (p)
Lorenzo Corsi (fl)
Ferruccio Corsi (as)
Franco Piana (flh)
Enrico Pieranunzi (p)

#9:
Dino Piana (vtb)
Fabrizio Bosso (tp)
Max Ionata (ts)
Franco Piana (flh)
Enrico Pieranunzi (p)
Giuseppe Bassi (b)
Roberto Gatto (ds)

「Open Spaces」「Sketch of Colours」を主題としイタリアン・ジャズの重鎮たちとビム・オーケストラの5つのストリングで贅沢に味わうディノ・ピアナ & フランコ・ピアナ親子の注目のアルバム。繊細に表現される陰影、異なるセクションが絶妙にまじわり溶け込む瞬間がとても美しい。芳醇で豊かなストリングス、ディノ・ピアナ(valve trombone), フランコ・ピアナ(flugelhorn)の息のあった演奏と申し分ない重鎮たちのアンサンブルが楽しめる。多彩なアイデアとフランコ・ピアナの卓越したアレンジで輝きが増す前作「Seasons」以来4年振りとなる新作に注目。(新譜案内より)