ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年2月REVIEW妖麗で耽美的な現代ヨーロッパならではのロマンティシズム傾向と、極めてストレートアヘッドな豪快ハード・バップの粋渋ノリが交錯する濃密ドラマティック世界! CD ALDO ROMANO アルド・ロマーノ / REBORN
商品詳細
円熟にして依然進取性みなぎったチャレンジングな活躍を続ける、仏パリ拠点の大ヴェテラン・ドラマーにして優れたバンド・リーダー:アルド・ロマーノ(1941年イタリアのベッルーノ生まれ)の、今回は、アンリ・テジエ(b)、エンリコ・ラヴァ(tp)、ジェラルディン・ローラン(as)、バティスト・トロティニョン(p)等々、突出した個性の腕利き覇者達が次々入れ代わりで現れる変動的小コンボを率いての、スタジオ・ライヴ的な趣向の一編。シャープなキレ味をもって精緻かつダイナミックにキビキビとリズムを刻み、時にはそれと同時にどこか妖しく宙を浮遊しながらゆったりトグロを巻くような趣もある、さすが表情多彩で懐深そうなドラムの変幻自在の滑脱プレイに誘導されて、スピリチュアルで瞑想感仄めくクラや、コクのあるソウルフルなアルト、ちょっとおぼろに霧笛を鳴らすかのようなトロンボーン、鋭く敏活にバピッシュな立ち回りを炸裂させるトランペット、ダーク&ミステリアスに夢幻世界を結構重々しく活写するキーボード+ピアノ、ごくオーソドックスにマイルドな耽美ロマン節を歌う折り目正しきピアノ、らが次から次へと現れては目くるめく極彩色の見せ場を鮮麗に繋いでゆく、全体を通じ瑞々しくきらびやかにしてバッチリ味わい濃い高密度な敢闘内容。顔ぶれの変転によってトータル・サウンドのイメージもガラリと様相を違えてゆく、ちょっとストレンジなアヤしい欧州流抒情派路線あり、極めてストレートアヘッドな現代ハード・バップもあり、のカラフルでメリハリの利いた飽きのこない劇的道程が続き、どんなスタイルにあっても細心の気遣い並びに圧倒的黒幕オーラを絶やすことなくフレキシブルに、しかもあくまで泰然と一歩一歩を踏み締めて余裕なロマーノ(ds)の、個性派ソロイスト達の最良面を引き出し、それでいて巧まず自ずと「ボスの座」を死守して見せる終始嬉々溌剌とした活躍が、殊の外アザやかに際立っていてアッパレだが、その一方、果敢に突進する銘々のアドリブ奮戦もギュギュッとエッセンスを凝縮したかの如き充実ぶりを示して、おいしさ満点、歯応えも充分だ。H・テジエ(b)やM・ネグリ(cl)、G・ローラン(as)参加のトラック群はちょっと不思議な遊泳感を伴ったやや神秘的でエキゾティックでもあったりし、またY・ルースタロ(tp)、G・フェリス(tb)、M・ベニータ(b)との顔合わせでは、2ブラス・フロントならではの勇ましいアンサンブルとけだるくデカダンなリラクゼーション醸成の入り混じった半牧歌的世界がおおらかに描き出されたりと、そうした辺りのサウンドはいかにもコンテンポラリー・ヨーロピアンらしい、編曲・構成も十二分に練り上げられた簡潔かつ行間に富んだ展開となっており、反面、後半でE・ラヴァ(tp)やB・トロティニョン(p)らが現れると尺も長めでゆったり伸び伸び構えた直球型ハード・バップ・セッション大会(またはピアノ・トリオによるテンダー・メロウな甘美め浪漫趣向)、へ一気に方向転換してノリノリに楽しませる、という、中々振り幅も大きいドラマティックな道行きがゴキゲン。

01. Annobon 3:46
02. Sud-Ouest Jump 2:35
03. Petionville 3:55
04. Twenty Small Cigars 3:38
05. Il Piacere 3:57
06. Dreams And Waters 5:12
07. Dear Old Stockholm 4:51
08. Positano 9:38
09. Spring Tide 2:52
10. Darn That Dream 8:10

Yoann Loustalot (trumpet on 02, 04)
Enrico Rava (trumpet on 07, 08, 10)
Glenn Ferris (trombone on 02, 04)
Mauro Negri (clarinet on 01, 03, 09)
Geraldine Laurent (alto saxophone on 01, 03, 09)
Baptiste Trotignon (piano on 06, 07, 08, 10)
Jasper Van't Hof (piano, keyboard on 05)
Henri Texier (double bass on 01, 03, 09)
Michel Benita (double bass on 02, 04)
Darryl Hall (double bass on 06, 07, 08, 10)
Aldo Romano (drums)

2019年5月4,11,17,25日Le Triton(仏)でのライヴ録音
(2020年フランス作品)

レーベル:Le Triton

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

デジパック仕様CD


妖麗で耽美的な現代ヨーロッパならではのロマンティシズム傾向と、極めてストレートアヘッドな豪快ハード・バップの粋渋ノリが交錯する濃密ドラマティック世界! CD ALDO ROMANO アルド・ロマーノ / REBORN[AD5916C]

販売価格: 2,380円(税込)
数量:
商品情報
LE TRITON