ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品輸入盤CD + Blu-ray ホット&エネルギッシュかつアーシー・ソウルフルなブルース色濃い「待ってました!」のイナセ・ギター至芸とカラフル&テイスティーなサックス軍団がフレッシュ・グルーヴィーに交差する充実未発表ライヴ1965! WES MONTGOMERY ウェス・モンゴメリー / THE NDR HAMBURG STUDIO RECORDINGS
商品詳細
※輸入盤CD + Blu-ray

★ウェス・モンゴメリー(g)(1923年インディアナ州インディアナポリス生まれ、1968年同地で死去)の、1965年に行なった生涯ただ一度のヨーロッパ・ツアーの途上において、1965年4月30日に旧西ドイツ-ハンブルクのNDR(北ドイツ放送局)スタジオで催されたコンサートの模様を収めた未発表ライヴ音源、の初ディスク化。CDとBlu-rayの2枚組。

★編成的には、ハンス・コラー(as)、ジョニー・グリフィン(ts)、ロニー・スコット(ts)、マルシアル・ソラール(p)ら、錚々たる国際的顔ぶれのオクテット(うち3曲で管抜きのカルテットになる)体制。なおブルーレイ・ディスクの方には、このコンサートの2日前、4月28日に同所で行なわれたリハーサルの動画映像(34分余)が収録されている。

★色彩感に富み中々クールでもあるスマートなサックス・アンサンブルがファンファーレの如く颯爽と旗めいた後、張りと厚みある旨味こってりなコク深いトーンのギターが、得意のオクターヴ奏法や重層的コードワークも豊富に挿みながら、アーシー&ソウルフルでグツグツと煮え立ち熱く沸騰するような豪快イナセ肌の濃い口アクション・プレイをエネルギッシュに紡いで、何とも粋で雄々しくテイスティー・グルーヴィーな鮮烈鮮麗この上なき堂々の華を成し、一方、サックス陣のそれぞれに個性溢れる伸びやかな舞い泳ぎっぷりや、ソリッド&スクエアーに抑制の利いた何げにスピード感ある鋭角的殺陣妙技を繰り出すピアノの立ち働き、といった辺りも揺るぎない存在感で頼もしげに彩りを添えた、全編ノリノリで超芳醇な吟醸的味わいを満喫させてくれる充実内容。

★歌心とスイング感とブルース由来のダウン・トゥ・アースな粋渋テイスト、に重点を絞り込んだ、ごく親しみやすい明快直球型の娯楽的ハード・バップ熱演、が開放感も一杯に嬉々溌剌と展開され、アレンジ構成面にも適宜意匠は凝らされているものの、あくまで取っ付きやすい平易なエンタテインメント性重視、ソロ合戦の生々しい盛り上がり最重視の風通しよきスカッとしたド真っ当な行き方が貫かれて、終始ウキウキおおらかな昂揚気分のまま殊の外おいしく愉しませてくれる。

★中でもやはり花形主役:モンゴメリー(g)の、結構なハイテンションでどこまでもエモーショナルに猛ハッスルする悔いなき完全燃焼の敢闘が傑出しており、ホット&ファンキーな漆黒のブルース節や、硬派でキリッとした燻し銀の趣あるシブめのバップ・フレーズ、などの確たる旨口ワザを澱みなく矢継ぎ早に繰り出して意気揚々たるその勇姿は、十全に鍛え抜かれ練り上げられたさすが醸熟の濃さ、鉄板の芯太さ(安定力)そして説得力に満ちていて全く鮮やか、全く圧巻で、必殺のアツいオクターヴ弾きを惜しげも無く次々連発する辺りの、シャープ・スリリングな血沸き肉躍るスペクタクル大興奮のあり様がとりわけ最高だ。

★ハード・ドライヴ感全開で適度に泥臭く黒々と渦巻きを描くグリフィン(ts)の豪胆咆哮や、強烈にドスとパンチの利いたロニー・ロス(bs)の重厚ブロウ、バップ・イディオムを根幹としながら随所で好もしく羽目を外したアクロバティカルな超速曲芸モードへも突入してゆくソラール(p)の劇的驀進など、サイド陣の濃すぎる個人プレー名場面も多数。

CD:
01. West Coast Blues 4:20
02. Four On Six 6:31 (g-p-b-ds quartet)
03. Last Of The Wine 7:40
04. Here's That Rainy Day 8:30 (g-p-b-ds quartet)
05. Opening 2 5:24
06. Blue Grass 5:11
07. Blue Monk 6:34
08. The Leopard Walks 6:58
09. Twisted Blues 5:20 (g-p-b-ds quartet)
10. West Coast Blues (Encore) 2:13
*1965年4月30日旧西ドイツ-ハンブルクのNDR Studio 10でのライヴ録音

Blu-ray (total length 34:16):
The Rehearsal
01. Blue Grass 5:11
02. On Green Dolphin Street 4:50
03. Blue Monk 5:40
04. Last Of The Wine 7:14
05. West Coast Blues 4:10
*1965年4月28日旧西ドイツ-ハンブルクのNDR Studio 10での収録

Wes Montgomery (guitar)
Hans Koller (alto saxophone except CD - 02, 04, 09)
Johnny Griffin (tenor saxophone except CD - 02, 04, 09)
Ronnie Scott (tenor saxophone except CD - 02, 04, 09)
Ronnie Ross (baritone saxophone except CD - 02, 04, 09)
Martial Solal (piano)
Michel Gaudry (bass)
Ronnie Stephenson (drums)

レーベル:Jazzline

御予約商品
輸入盤CD+Blu-ray
入荷予定時期:2021年3月上旬 受注締切:2021年1月31日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


輸入盤CD + Blu-ray ホット&エネルギッシュかつアーシー・ソウルフルなブルース色濃い「待ってました!」のイナセ・ギター至芸とカラフル&テイスティーなサックス軍団がフレッシュ・グルーヴィーに交差する充実未発表ライヴ1965! WES MONTGOMERY ウェス・モンゴメリー / THE NDR HAMBURG STUDIO RECORDINGS[D 77078]

販売価格: 3,000円 (税込)
数量:
商品情報
JAZZLINE

※輸入盤CD + Blu-Ray

ウェス・モンゴメリー、1965年に行なった生涯ただ一度のヨーロッパ・ツアー
ハンブルグ~NDRのスタジオでのレコーディング
レゾナンスで発売された『イン・パリ』とともに堂々のオフィシャル発売!
ロニー・スコットら、ヨーロッパの秀鬼才アーティストとの貴重な演奏の数々
ブルーレイには、コンサートの2日前の貴重なリハーサル映像を収録

★ジャズ・ギターの歴史に光り輝くヒーロー、ウェス・モンゴメリー(1923〜1968)。パット・メセニー、ジョージ・ベンソン、ラッセル・マローン、パット・マルティーノなど数多くの鬼才に影響を与えたプレイは、没後半世紀が過ぎた現在もまったく色あせることがありません。

★本アルバムには、ウェスが1965 年に行なった生涯ただ一度のヨーロッパ・ツアーから、4 月下旬にドイツ・ハンブルグで行なわれたコンサート「第39 回NDR( 北ドイツ放送局) ジャズ・ワークショップ」の模様が収められています。ツアー中の記録としては、2017年にResonanceから登場した2枚組CD『イン・パリ-ザ・ディフィニティヴ・ORTF・レコーディングス』(3月27日、フランス・パリの「シャンゼリゼ劇場」で録音)がよく知られているところですが、母国アメリカでのレギュラー・バンドによる演奏を中心とした同作に対し、この『The NDR Hamburg Studio Recordings』は、ヨーロッパ屈指のモダン・ジャズメンとウェスの出会いに重点が置かれており、「Last of the Wine」「Blue Grass」「The Leopard Walks」と、他のウェスの公式アルバムでは聴くことのできない楽曲が取り上げられているのも大きなポイントです。

★共演メンバーはジャン=リュック・ゴダール監督『勝手にしやがれ』など数々の映画音楽でも著名なピアニストのマーシャル・ソラール(アルジェリア→フランス)を筆頭に、ロニー・スコット(英国)、ハンス・コラー(オーストリア→ドイツ)、ロニー・ロス(インド→英国)、前述Resonance 盤にゲスト参加しているほかRiverside 盤『フル・ハウス』でも息の合ったプレイを繰り広げていた旧友のジョニー・グリフィン(米国→フランス)等を含む、大変に国際色豊かな顔ぶれ。サックス・アンサンブルと演奏するプランは「NDR ジャズ・ワークショップならではの独自性を打ち出した企画を」という主催者からのリクエストに応じたものですが、ウェスとヨーロッパのジャズメンたちは、まるで長年ともに演奏してきたかのような一体感で楽しませてくれます。

★またブルーレイ・ディスクには、コンサートの2 日前、4 月28 日に行なわれたリハーサル映像を収録。画像も音質も良好、時折アップになるウェスの笑顔がプロジェクトの成功を見事に物語っています。(メーカーインフォ)

Recorded: April 30, 1965 (Live-Recording) at NDR Studio 10, Hamburg
1. West Coast Blues_4.20
2.Four On Six_6.31
3.Last Of The Wine_7.40
4.Here’s That Rainy Day_8.30
5.Opening 2_5.24
6.Blue Grass_5.11
7.Blue Monk_6.34
8.The Leopard Walks_6.58
9.Twisted Blues_5.20
10.West Coast Blues (Encore)

(Blu-ray [TOTAL LENGTH: 34.16])
THE REHEARSAL -Recorded April 28, 1965 at NDR Studio 10, Hamburg
1. Blue Grass_5.11
2. On Green Dolphin Street_4.50
3. Blue Monk_5.40
4. Last of the Wine_7.14
5. West Coast Blues_4.10