ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2021年2月REVIEW〔GEARBOX〕直輸入盤帯ライナー付CD Abdullah Ibrahim アブドゥーラ・イブラヒム / ザ・バランス
商品詳細
UKの良質レーベル Gearbox Records ライナーノート付
●2020年度旭日双光章を受章!南アフリカが世界に誇るジャズ・ピアノの巨匠、アブドゥーラ・イブラヒムの最新作

現在85歳のアブドゥーラ・イブラヒムは、1950年代後半からダラー・ブランドという名前でプロ活動を始め、1960年代にはヨーロッパやアメリカにも進出。その才能はデューク・エリントンからも賞賛され、エルヴィン・ジョーンズのバンドに招かれたこともある。アパルトヘイト終了後は母国の南アフリカを拠点に、以前にも増して精力的な活躍を繰り広げている。2018年9月の伝統文化継承の日には、故郷ケープ・タウンの日本総領事館の100周年イベントにてパフォーマンスを披露し、その模様はNHKを通じて日本にも放映された。また2019年9月には京都上賀茂神社でのソロ・ピアノ・コンサートのため、来日も果たした。 そんな彼が昨年リリースした4年ぶりとなるニュー・アルバム『ザ・バランス』の日本特別仕様盤が発売されることとなった。楽曲は1曲を除き、イブラヒムのオリジナル作品。曲によってはスピリチュアルさのなかに東洋的な幽玄さも感じさせるあたりは、彼の日本文化への傾倒も活きているのかもしれない。唯一のカヴァーである「Skippy」はセロニアス・モンクの初期ブルーノート時代の曲で、1952年に録音され、当初は10インチ78回転盤でリリースされた。また、3曲はイブラヒムのピアノ・ソロによる。彼ならではの美と深みが溢れる「Tonegawa」は、彼がずっと学んでいる日本古武道である八神流躰術の先生の名前だ。今作についてイブラヒム本人は次のように語っている。「新しいものもあれば再現したものもある、多数の作品から成る小宇宙です。今も探究し続けている、人生や人間関係において必要な“バランス”を確立することについての経験や物語の楽曲群です。偉大なるマエストロ、デューク・エリントンの言葉を借りるのであれば、“音楽において最も重要なのは、耳を傾けること”なんです」。 山ほどあるアブドゥーラ・イブラヒムの作品中、どれを聴けばいいのか迷ってしまう人もいるかもしれない。だが、彼のキャリアを集大成したような、その様々な妙味と閃きが詰まった本作はその1番の候補となりえる好作である。(新譜案内より)

1. Dreamtime(ドリームタイム)
2. Nisa(ニサ)
3. Jabula(ジャブラ)
4. Tuang Guru(トゥアン・グル)
5. Tonegawa(トネガワ)
6. Song For Sathima(ソング・フォー・サティマ)
7. ZB2(ゼッド・ビー・ツー)
8. Skippy(スキッピー)
9. Devotion(デヴォーション)
10. The Balance(ザ・バランス)

Abdullah Ibrahim: piano
Noah Jackson: double bass (tracks 1, 2, 4, 6, 8), cello (tracks 3, 10)
Alec Dankworth : double bass (tracks 3, 10)
Will Terrill: drums
Adam Glasser: harmonica (track 10)
Cleave Guyton Jr.: alto saxophone (tracks 2, 3, 6), flute (track 1, 10), piccolo (track4, 8)
Lance Bryant: tenor saxophone
Andrae Murchison: trombone
Marshall McDonald: baritone saxophone

在庫有り
紙ジャケット仕様CD 直輸入盤ライナー付CD



〔GEARBOX〕直輸入盤帯ライナー付CD Abdullah Ibrahim アブドゥーラ・イブラヒム / ザ・バランス[GB1554CD]

販売価格: 2,630円(税込)
数量:
商品情報