ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年11月REVIEW〔ENJA → 澤野工房〕CD Walter Lang Trio ウォルター・ラング・トリオ / TENS
商品詳細
★ドイツのジャズレーベル e n j a / Y e l l o w b i r dと澤野工房のコラボレーションがついに実現!

★レーベルがタッグを組み、逆境を乗り越えたアルバムがここに完成新生ウォルター・ラング・トリオによる新しいアレンジで繰り広げる「奇跡」をご堪能あれ

★通常であればライナーノートに時事的な話題や季節の風情などを、なるべく書かないこととしている。しかしこのアルバムに関してはお許しいただきたい。そう、C o v i d - 1 9 が原因だ。この先アーティスト達はどうなってしまうのか。先が見えず新作を出せない状況でこのアルバムが届いた。予定していた来日ツアーは全てキャンセル。ウォルター達はヨーロッパ圏内だけでの公演を余儀なくされた。しかしながら彼らの作品を知るヨーロッパ人はほぼ皆無であろう。彼らは「自分たちの音」をプロモーションする必要があった。2月中頃、ウォルターから着信があった。「過去に収録した曲を再度録音させて欲しい。」O K 特に契約上は問題ないよと、軽く返答した結果がこれだ。まさか… … 「えっ、収録曲? ん、何? ベスト盤? しかもe n j a ? あの老舗の? ハァ? 」当然困惑した。( 後日、言った言わないで口論となる) けど、よく考えてみろ。この状況でアーティスト達はどう活動すれば良いのか。彼らなりの出した答えに少しばかり微笑んだ。( サワノがe n ja とコラボする日が来たのか〜 笑) 1曲目「T h e B e g i n n i n g A n d T h e E n d 」( 始まりと終わり) のタイトルが全てを物語る。澤野曰く、「こんなご時世にレーベルの垣根を超えてお届けできることがオモロイやん! 」あの名曲が新しいアレンジで収録された、事実上、新生ウォルター・ラング・トリオのセカンド・アルバム!聴き比べ、その違いを楽しんでいただきたい。彼らのライブを楽しめる日常が戻ることを切に願う。そう思いたくなる作品である。 (Text by 稲田力)

01. The Beginning And The End
02. Soon
03. Little Brother
04. Meditation in F mi
05. Snow Castle
06. Branduardi
07. Misty Mountains
08. No Moon Night
09. Kansas Skies
10. I Wonder Prelude
11. I Wonder
12. When the Day Is Done

Walter Lang (piano)
Thomas Markusson (bass)
Magnus Öström (drums)

2020年 録音

※このCDのみご購入ご希望の場合は、送料込み価格2,500円になります。

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします
三面デジパック仕様CD

〔ENJA → 澤野工房〕CD Walter Lang Trio ウォルター・ラング・トリオ / TENS[ENJA 9785]

販売価格: 2,400円 (税込)
数量:
商品情報