ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品クール&マイルド・テンダーな優しさ・誠実さに溢れ、メロウ&アンニュイな哀愁シャンソン色も垣間見せるフランス流ジャズ・ヴォーカルの瑞々しき神髄! CD SARAH LANCMAN サラ・ランクマン / PARISIENNE パリジェンヌ
商品詳細
フランス-パリ・シーンで活躍し、過去、自主製作、Blew盤、Jazz Eleven盤(2作)、と着実にアルバムも発表して好評を得てきた女性歌手:サラ・ランクマン(1989年フランスのパリ生まれ)の、今回もまた過去作品群同様ジョヴァンニ・ミラバッシ(p)とのコンビネーションを核とした緊密体制(演奏はピアノ・トリオ+曲によりゲスト)による、自作曲メイン(ピアフやアズナヴールの人気名曲も)の一編。透明感と翳りが濃やかに共存し、艶と潤いに溢れた落ち着きある中音域の妖麗ヴォイスによる、一語一語・一声一声に丹誠の込められた、優しく囁きかけるようなしっとりテイストの抒情指向演唱が、何とも柔和でハートフルそして瑞々しい、鮮度抜群にしてちょっと儚げでもあるアジな華を成し、一方、コンテンポラリー・ヨーロピアンとハード・バピッシュの間を的確に行き来する(基本は前者か)機智に富んだ端正なピアノ以下、インスト陣の瞬発力充分でニュアンスある哀愁浪漫演奏も、しっかりグルーヴィーかつ芳醇な魅力を際立たせた、アルバム・タイトルに違わずパリの街角ムードやパリジェンヌのリアルな息遣い・息吹きがセンシティヴに伝わってくる快適内容。インティメイトな和気あいあいの寛ぎとクールな気品やエレガンス、が一体となった誠に趣味よく居心地のいい小粋さ満点の軽妙闊歩風道程が続き、バック勢のスタイルは紛れなく「ジャズ」であり、時にファンキー、時に今日流欧州型らしい耽美的ロマンティック傾向、と、中々渋い吟醸味も漂うテイスティー・スインギーな音景色が確固と形作られて大いにノセるが、その反面、ランクマン(vo)がフランス語で歌うトラックやアコーディオン入りのトラック辺りでは「シャンソン(アコーディオンはミュゼット系か)」・カラーが一気に濃くなるところもあり、そうした巧まざる鬩ぎ合いのスリルや絶妙なる均衡点のあり様、などが実に得難い清新さの脈動にも繋がっていて、終始フレッシュな気分で愉しく小気味よく聴き進ませてくれる。ランクマン(vo)の、先ず基本は白人系抒情派ジャズ・ヴォーカルの伝統に真摯に則った、歌詞の情緒とメロディーの美を何より大切にする繊細で丹念な「語り節」っぽい、瀟洒味やテンダネスに満ちた歌い回しを変らず身上としており、その独特の軽みも有した歌声のイキさ・風流さが格段にチャーミングで好もしく、また、フランス語によるシャンソン寄りのアプローチにおける、よりメロウ&アンニュイな風合いや語感から来るノーブルさ、或いは路地裏的「物語性」、といった要素もさりげなくワン&オンリーの(蠱惑的?)妙味を呈していて、う〜むトレビアン。

01. Et ainsi va la vie (S. Lancman)
02. Tokyo Song (S. Lancman)
03. C'était pour toi (S. Lancman)
04. Parce que (C. Aznavour / G. Wagenheim)
05. A New Start (S. Lancman)
06. Dis-le moi (S. Lancman)
07. Ton silence (S. Lancman)
08. The Moon And I (S. Lancman)
09. L'hymne à l'amour (E. Piaf / M. Monnot)
10. I Love You More Than I Can Sing (S. Lancman)
11. Index - l'hymne à l'amour (E. Piaf / M. Monnot) (acc-p-b-ds quartet)

Sarah Lancman (vocal except 11) (compose except 04, 09, 11)
Giovanni Mirabassi (piano)
Laurent Vernerey (bass)
Stéphane Huchard (drums)

*spécial guests:
Pierrick Pedron (alto saxophone on 05, 08)
Marc Berthoumieux (accordéon on 04, 09, 11)

2020年フランス作品

レーベル:Jazz Eleven Mocloud

御予約商品
2020年9月30日発売予定 受注締切:2020年9月6日
CD (日本語帯付仕様)


クール&マイルド・テンダーな優しさ・誠実さに溢れ、メロウ&アンニュイな哀愁シャンソン色も垣間見せるフランス流ジャズ・ヴォーカルの瑞々しき神髄! CD SARAH LANCMAN サラ・ランクマン / PARISIENNE パリジェンヌ[MOCLD 1043]

販売価格: 2,100円 (税込)
数量:
商品情報
MOCLOUD /JAZZ ELEVEN

ジョヴァンニ・ミラバッシ全面プロデュース!
稀代の歌手サラ・ランクマン待望のニューアルバム!


★フランスの歌手・作曲家のサラ・ランクマンの4枚目のアルバム「パリジェンヌ」が待望のリリース。
★今作はオリジナル曲8曲に加え、シャルル・アズナブール「Parce que」、マルグリット・モノー&エディット・ピアフ「Lʼhymne à lʼamour」のカヴァーも収録。美しいサラ・ランクマンの声質と素晴らしい演奏が混ざり合い芳醇な音楽を奏でている。
★また、ヨーロッパを代表する叙情派ピアニストとして知られるジョヴァンニ・ミラバッシも参加。本作ではサラ・ランクマンの“歌”を引き立たせる役に徹しながらもソロではミラバッシらしい流麗なフレーズも奏でる。(メーカーインフォ)