ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年9月REVIEW〔ECM〕CD Terje Rypdal テリエ・リプダル / Conspiracy
商品詳細
★ノルウェーのベテラン・ギタリスト、Terje Rypdalによる約20年ぶりのスタジオ録音作品。

■アルバム・タイトルの"Conspiracy"は本作に収録された曲のタイトルでもあり、本作に参加した現在のアンサンブル名でもある。本作ではリプダルの初期の名曲「Whenever I Seem To Be Far Away」、「Odyssey」、「Waves」などを生み出した野生的なインスピレーションに再プラグインし、ロック即興演奏家としての生のエネルギーへの愛と作曲家としての空間とテクスチャーへの感覚の両方を兼ね備えエレキギターの音の可能性を探求。

★キーボードのStåle Storløkkenは、リプダルのアルバム『Vossabrygg』や『Crime Scene』にも参加しており、Skywardsのメンバーでもあったが、彼自身の直感的な感覚で音に厚みを加え、ハモンドオルガンの音がTerjeのフェンダー・スタットキャスターに溶け込み、それを取り巻く音は、ノスタルジックでありながら未来的でもある。さらに1970年代のArild AndersenのグループでECMで聴かれたのが最後だったドラマーPål Thowsenが復帰、彼の繊細で緻密なドラミングが健在。Rypdalのバンドは、才能ある若いベーシスト、Endre Hareide Hallreによって、ここ数年で最高のバンドに仕上がっている。
★『Conspiracy』はオスロのレインボー・スタジオで録音され、Manfred EicherとTerje Rypdalのプロデュースで制作された。(メーカーインフォ)

1. AS IF THE GHOST … WAS ME!?(Terje Rypdal)
2. WHAT WAS I THINKING(Terje Rypdal)
3. CONSPIRACY(Terje Rypdal) 4. BY HIS LONESOME (Terje Rypdal)
5. BABY BEAUTIFUL(Terje Rypdal)
6. DAWN (Terje Rypdal)
 
Terje Rypdal (Electric Guitar)
Ståle Storløkken (Keyboards)
Endre Hareide Hallre (Fretless Bass, Fender Precision)
Pål Thowsen (Drums, Percussion)

Produced by Manfred Eicher
Recorded February 2019
Rainbow Studio,Oslo
Engineer : Martin Abrahamsen
Mixing January 2020 by Manfred Eicher
Terje Rypdal,Martin Abrahamsen (engineer)
Cover photo Woong cui An
Design : Sascha Kleis
Produced by Manfred Eicher

在庫有り
スリーブケース仕様CD

〔ECM〕CD Terje Rypdal テリエ・リプダル / Conspiracy[ECM 085 5911]

販売価格: 2,380円 (税込)
数量: