ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年7月REVIEWラテン・グルーヴィーなノリノリ感と怪しくアブストラクトなコワモテのフリー傾向がスリリングに融和した感動的独創エキサイティング世界! 2枚組CD QUIN KIRCHNER クイン・キルヒナー / THE SHADOWS AND THE LIGHT ザ・シャドウズ・アンド・ザ・ライト
商品詳細
先年出た2枚組の一作:「The Other Side of Time」が話題を集めていた、シカゴ・シーンで活躍し、主流派ジャズ、アフロ・キューバン、フリー・インプロ系、と幅広い芸域で八面六臂に辣腕を揮い続ける進歩派ドラマー:クイン・キルヒナー(1981年生まれ)の、今回もまた突出個性派の精鋭陣を集めた最大で5管オクテットとなる変動的コンボを率いての、またも2枚組の力投作=セカンド・アルバム。ラテン・タイプのリズミカルな舞踏的ビートが歯切れよくも中々ワイルドに繰り出される中で、アグレッシヴに全力疾走でトンガりまくるソプラノや、ハード・ドライヴ感満点に重厚肉太な怒濤の咆哮を轟かせるテナー、ダーク・スモーキーな妖しいアルト、ファンキー・グルーヴィーなエレピ、等々が賑々しく適度に猥雑な交錯を見せて、圧倒的勢いと濃い旨味に溢れた問答無用の「灼熱ゴッタ煮」っぽい盛り上がりを呈してゆく、誠に雄渾でパワフルそしてちょっとミステリアスでもある敢闘内容。ラテン・グルーヴ物とシカゴ流のフリー・ファンク、更にはモーダルなスピリチュアル・ジャズ、が少々荒っぽく強引に混ぜこぜにされた感じの、ノリにノッた豪快でタフ&ストロングなゲリラ・アクション的大熱演、が猛々しげに展開され、ドラムや各種パーカッション群を自在に操りながら多彩に、多角的にドシャバシャと轟然たる攻勢をかけてくるキルヒナーの劇的奮闘も、絶えず鮮やかに確たる存在感を際立たせる一方、フロントでは、M-BASEファンクにもどこか通じる怪しく不穏でスタイリッシュな陰影濃くも小気味よくカッコいい立ち回りが繰り広げられたり、アカペラ・サックス・アンサンブル物にも似たカラフルな重層的吹鳴が響いたり、こってりしたスピリチュアリティがちょっと武骨そうに振りまかれる情魂ロマン路線が決め込まれたり、かと思えば、高純度のアブストラクトさが毅然と揮われた混沌たる集団フリー即興大会(小競り合い?)が超硬質に営まれたりと、決して先読みを許さない全方位遊撃的な、リアル・インプロ度も高い奇策アタック!が次々と炸裂して、終始清新気分のまま沸きに沸かせる。個人プレー面〜ソロイストとしては、コルトレーンの流れを汲んだエネルギッシュな激烈この上なき大吠えを野獣の如く屈強に繰り出し続けるLepine(ts)や、神秘的でありながらブルースやバップの伝統的作法が自ずと身についた粋なClearfield(p,elp)、不気味な異形性とアーシー・ソウルフルさの間を滑脱に行き来するBroste(tb)、奇怪で濃厚な暗闇テイストをハード・ドライヴィングに体現して溌剌げなStein(bcl)、といった辺りがとりわけ好インパクト。

Disc 1:
1. Shadow Intro
2. Batá Chop
3. At This Point In Time
4. Rift
5. Pathways
6. Sahara
7. Star Cluster
8. Moon Vision

Disc 2:
1. Ecliptics
2. Planet Earth
3. Jupiter Moon
4. Horizons
5. King Korn
6. The Shadows And The Light
7. Lucid Dream

Shadow Intro:
Quin Kirchner (drum set, conga, percussion, Roland SH-2000, Korg Monotron)

Batá Chop:
Quin Kirchner (drum set, Boss SP-303)
Rob Clearfield (electric piano)
Matt Ulery (acoustic bass)
Greg Ward (alto saxophone)

At This Point In Time:
Quin Kirchner (drum set, conga, percussion)
Nick Broste (trombone)
Rob Clearfield (electric piano)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Nick Mazzarella (soprano saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (electric bass)

Rift:
Quin Kirchner (drum set)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Matt Ulery (acoustic bass)

Pathways:
Quin Kirchner (kalimba)
Nate Lepine (flute)
Matt Ulery (acoustic bass)

Sahara:
Quin Kirchner (drum set, kalimba)
Nick Broste (trombone)
Nate Lepine (tenor saxophone, flute)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)

Star Cluster:
Nick Broste (trombone)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Nick Mazzarella (alto saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Greg Ward (alto saxophone)

Moon Vision:
Quin Kirchner (drum set)
Nick Broste (trombone)
Rob Clearfield (piano)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Nick Mazzarella (alto saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)
Greg Ward (alto saxophone)

Ecliptics:
Quin Kirchner (drum set, Boss SP-303)
Nick Broste (electro-harmonix memory man)

Planet Earth:
Quin Kirchner (drum set, conga, percussion)
Nick Broste (trombone)
Rob Clearfield (piano)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Nick Mazzarella (alto saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)

Jupiter Moon:
Quin Kirchner (drum set, conga, percussion)
Nick Broste (trombone)
Rob Clearfield (piano)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)

Horizons:
Quin Kirchner (drum set, conga, Floor Tom, percussion, handclaps)
Nick Broste (trombone)
Nate Lepine (flute)
Jason Stein (bass clarinet)

King Korn:
Quin Kirchner (drum set)
Nick Broste (trombone)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)

The Shadows And The Light:
Quin Kirchner (drum set, percussion)
Nick Broste (trombone)
Rob Clearfield (piano, electric piano)
Nate Lepine (tenor saxophone, flute)
Nick Mazzarella (alto saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)

Lucid Dream:
Quin Kirchner (drum set, percussion)
Nick Broste (trombone)
Rob Clearfield (piano)
Nate Lepine (tenor saxophone)
Nick Mazzarella (alto saxophone)
Jason Stein (bass clarinet)
Matt Ulery (acoustic bass)

2019年9月16&17日イリノイ州シカゴのDecade Studios録音
additional tracking:2019年11月〜2020年3月シカゴのShape Shoppe & Future House録音
Ecliptics(Disc2-#1):2017年7月18日シカゴのShirk Studios録音

all compositions by Quin Kirchner (BMI) except
At This Point In Time by Frank Foster
Sahara by Kelan Phil Cohran
Planet Earth by Sun Ra
King Korn by Carla Bley

レーベル:Inpartmaint (Astral Spirits)

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

見開き紙ジャケット国内仕様2枚組CD


ラテン・グルーヴィーなノリノリ感と怪しくアブストラクトなコワモテのフリー傾向がスリリングに融和した感動的独創エキサイティング世界! 2枚組CD QUIN KIRCHNER クイン・キルヒナー / THE SHADOWS AND THE LIGHT ザ・シャドウズ・アンド・ザ・ライト[AMIP 0216]

販売価格: 2,730円(税込)
数量:
商品情報
Astral Spirits / Inpartmaint

圧倒的。ラテンジャズとフリージャズが完全に調和した、現代における演奏録音の到達点。

Jeff ParkerやMakaya McCravenをはじめ、現代ジャズシーンにおける重要人物が数多くその名を連ねるシカゴより、またしてもとんでもない作品が生み出された。
2018年に発表された初のリード作"The Other Side of Time"が、Bandcampを中心に世界中の熱心なリスナーの間で話題となったQuin Kirchnerの2作目は、テキサスはオースティンのフリージャズ/エクスペリメンタルの名作をマイペースにリリースし続ける Astral Spiritsから引き続きのリリース。そして、またしても2枚組の大作に。音場の隅々まで注意の行き届いた濃密な音楽風景はそのままに、よりダイナミックに、そして美しく進化したその音楽はまさしく圧倒的。ハヴァナやニューオーリンズで培ったラテンジャズのノウハウと、シカゴシーンの土壌が織り成すフリージャズの要素が完全に調和した、現代における演奏録音のひとつの到達点がここにある。

先行公開された"At This Point in Time"はElvin Jonesの演奏で知られる、Frank Fosterのペンによる楽曲。奇想天外ながら豪快な楽曲展開を見事に骨肉化し、ビッグバンドの高揚感を最大限にまでブラッシュアップした名演に仕上げている。その他の楽曲においても、1人多重録音から最大7人のフル編成に至るまで、相変わらずのミンガス愛やサン・ラ愛を惜しげも無く披露しつつ、スピリチュアルジャズ色の強い印象のあった前作に増してアフロ・キューバン色を前面に出した、リズミカルでアグレッシヴなアレンジが採用されている。今作でもあの幻想的なカリンバが楽しめるし、SP-303を随所で使用していることも、このリズム曼荼羅の構築に一役買っている。最後に、クイン本人のコメントを。

"私のお気に入りのアルバムは、常にリスナーを旅に連れて行ってくれるものだった。私はそれを目指していて、自分のアルバムで世界を作ることを目指しているんだ。“The Other Side of Time” (前作) では物語のように展開させたかったし、“The Shadows and The Light”でもそのプロセスを続けてきた。私はクリエイティヴな音楽の様々なスタイルに影響を受けているし、それらの影響を全て調和させてアルバムを作りたいと思っているんだ。長編の作曲と短編の作曲があります。グルーウ゛があって、自由な即興演奏があって、時には同時に演奏することもある。Elvin Jones と Frank Foster、Phil Cohran、 Carla Bley と Sun Ra などの偉大なミュージシャンの曲をカバーすることで敬意を表し、私のオリジナル曲は Charles Mingus (Lucid Dream) や Mr. Blount (Jupiter Moon) の影響に敬意を表しています。また、音の探求のためのスペースも作っています。(Shadow Intro、Ecliptics)タイトルカットは、それ自体が壮大な旅のようなもので、何年もかけて作り直してきた。この作品が、ついに本当の形で命を吹き込まれたことを嬉しく思う。(新譜案内より)

Recorded at Decade Studios in Chicago September 16 & 17 2019
Additional Tracking at Shape Shoppe & Future House in Chicago November 2019 - March 2020
Ecliptics recorded at Shirk Studios in Chicago July 18, 2017
Engineered by Nick Broste, Brian Sulpizio & Quin Kirchner
Mixed by Nick Broste at Shape Shoppe
Mastered by Casey Rice
Produced by Quin Kirchner

Artwork by Arthur Wright
Layout by Nick LaRoche

All compositions by Quin Kirchner (BMI) except
At This Point In Time by Frank Foster
Sahara by Kelan Phil Cohran
Planet Earth by Sun Ra
King Korn by Carla Bley