ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年8月REVIEWフレッシュ・スリリングでマイルド・ブルージーな全く独自の躍動的抒情世界が爽やかに活写されるさすがの熟成名演! 国内盤SHM-CD BILL FRISELL ビル・フリゼール / VALENTINE +2 ヴァレンタイン +2
商品詳細
★円熟の快進撃が続くお馴染み新感覚派(コンテンポラリー派)・独創肌アメリカン・ジャズ・ギターの重鎮:ビル・フリゼール(1951年米メリーランド州ボルチモア生まれ)の、今回は、ここ数年レギュラー的に率いている緊密トリオ(withトーマス・モーガン-b&ルディ・ロイストン-ds)による一編。

★鋭利に尖った感触とまろやかな潤いや滑らかさ、そしてちょっと荒削りでワイルドなノイジー轟音っぽさ、が渾然一体となった、ニュアンスに富み味わい豊かなトーンのギター(エレキ)が、幾分か変則的でフェイント感あるリズムに軽々と乗ってブルース色濃い独自の哀愁アクション風メランコリック・フレーズを流麗に紡ぎ、或いはまた、ストレート・スウィンギンな4ビートの上で結構バップ・テイストの強い正攻法の硬派渋旨なダイナミック・ブルージー節を歌ったりもして、凛々しくも悠々たる余裕の映えを見せた、さすがの風格&貫祿を感じさせる充実内容。

★適度に不安定感あるスペイシーな浮遊型インタープレイ・タイプの、即ち、宙をたゆたいトグロを巻くような息詰まるサスペンス傾向と、4ビート・スイングやシャッフル調などの安定律動的なグルーヴィー・スタイル、とを細かに交錯させつつの、フリゼール一流の「コンテンポラリー・ブルース・ジャズ」とも云うべき、スリルとノリと旨味たっぷりな瑞々しいアクティヴ・リリカル奏演が展開され、モーガン(b)&ロイストン(ds)の、鉄板の律動力と機略縦横なる奔放ゲリラ性、を併せ持った当意即妙のアタッキングなサポート、に上手く触発されながら、フリゼール(g)の、あくまでリキみなく自然体で伸び伸びと美しく端麗な、至って親しみやすいメロディーを唄いきる、歌心とブルース・フィーリング満点で意表的ヒネりはわりかし控えめの朗々たるアドリブ至芸、=泉の如き巧まざる美旋律家ぶり、が簡潔にして余情深く冴え渡って爽快デリシャスこの上なし。

→機動型抒情派アクション調の様式を取り入れつつの渋くて仄かに幻想トリップ感も漂う今日流ブルース・プレイや、あくまでマイルド&テンダーに優しく温かい牧歌的情景を活写する得意の長閑なフォーク路線、オーヴァーダブも駆使して妖しくミステリアスに夢幻空間を形作る半アンビエント調、一転してバップ&ブルースの伝統にしっかり根を下ろしてのジェントルなスタンダード演奏や、バップ文脈とモンク的蹴つまずき舞い躍り感をミックスした敏活スイング曲、更にごく一部ではやや半アブストラクトめの硬質インプロを炸裂させて、上手い按配で音空間をピリッとさせたり、と、終始ゆとりや節度を保って伸びやかにほぼ作為なく熟練妙技の繰り出しに興じきる風な、どこまでもイキイキと愉しそうでさりげなく雅趣に富んだ鳴音のあり様は、誠に芳醇で好感度大。

01. ババ・ドゥレイム / Baba Drame
02. アワー・グラス / Hour Glass
03. ヴァレンタイン / Valentine
04. レヴィース / Levees
05. ウィンター・オールウェイズ・ターンズ・トゥ・スプリング / Winter Always Turns To Spring
06. キープ・ユア・アイズ・オープン / Keep Your Eyes Open
07. ア・フラワー・イズ・ア・ラヴサム・シング/ A Flower Is A Lovesome Thing
08. エレクトリシティ / Electricity
09. ワゴン・ホイール / Wagon Wheels
10. アント・マリー / Aunt Mary
11. 世界は愛を求めてる / What The World Need Now Is Love
12. ホエア・ドゥ・ウイ・ゴー? / Where Do We Go?
13. 勝利を我等に / We Shall Overcome
14. ダンス / Dance (日本盤ボーナストラック)
15. バック・アット・ノーマル・スクール・イン・ニューアーク / Back At Normal School In Newark (日本盤ボーナストラック)


Bill Frisell (electric guitar, acoustic folk guitar) ビル・フリゼール (ギター)
Thomas Morgan (bass) トーマス・モーガン (ベース)
Rudy Royston (drums) ルディ・ロイストン (ドラムス)

2020年作品

レーベル:Blue Note Universal Music Japan

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

国内盤SHM-CD

フレッシュ・スリリングでマイルド・ブルージーな全く独自の躍動的抒情世界が爽やかに活写されるさすがの熟成名演! 国内盤SHM-CD BILL FRISELL ビル・フリゼール / VALENTINE +2 ヴァレンタイン +2[UCCQ 1127]

販売価格: 2,750円 (税込)
数量:
商品情報
BLUE NOTE

★現代ミュージック・シーンの最重要ギタリスト、ビル・フリゼール。 唯一無二のギターを堪能できるトリオ作品を待望のリリース!

●昨年ブルーノートに移籍後、初となるアルバム『ハーモニー』を発表したビル・フリゼールが今度は待望のトリオで作品を発表。ジャズとアメリカーナを基軸にしたヴォーカルを取り入れた前作とは異なり、今回は彼のテクニックを存分に堪能することができる正統派インスト曲がメイン。定期的に来日公演も行い、幾度となくファンたちを魅了してきた彼の音色が光る作品に仕上がった。

●トリオのメンバーは、ここ数年、フリゼールとツアーを共にし、昨年にはNYの名ジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードのステージをも共にしたトーマス・モーガン(ベース)、ルディ・ロイストン(ドラムス)。本作はフリゼールが切望してレコーディングに至り、彼は「このアルバムは、ルディとトーマスと、そして私と彼らの音楽を通して築いた関係性のすべてです。」「ここ数年、一緒に演奏をしてきたが、それを証明するものが何もなかった。だから、録音して残したかったんだ。」と語る。

●アルバムに収録した楽曲は、彼らが何度も一緒にプレイをしてきたファンには耳馴染みのものから、一度しか演奏したことがないものまで様々。長年共にツアーを巡っていたからこそ「新鮮さ」を大切にしたと言う。プロデュースを務めるのはこれまでもフリゼールのアルバムを多く手がけてきたリー・タウンゼンド。フリゼールが最も信頼しているメンバーだからこそ、紡ぎだすことができる洗練されたハーモニーに注目だ。

●昨年には現代ミュージック・シーンの重鎮ギタリストとしての彼を追ったドキュメンタリー映画「Bill Frisell: A Portrait」が日本でも公開されており、アーティストとしての存在感はこれまでになく強まっている。 (メーカーインフォ)

関連
ゆったりと穏やかかつおおらかにマイルド・テンダーな牧歌的ロマンティシズム世界が描出される極上の快適感動編 CD GRÉGOIRE MARET, ROMAIN COLLIN, BILL FRISELL グレゴワール・マレ、 ロマン・コラン、 ビル・フリゼール / AMERICANA
【BLUE NOTE】CD Bill Frisell ビル・フリゼール / Harmony
マイルド・テンダーな牧歌性や耽美色とダーク・ミステリアスな緊迫感が交差する独創肌ギターの熟練至芸!さすが鮮麗!!! CD BILL FRISELL, THOMAS MORGAN ビル・フリゼール、トーマス・モーガン / EPISTROPHY
CD BILL FRISELL ビル・フリゼール /  星に願いを  + 1  WHEN YOU WISH UPON A STAR
マイルド・テンダーな牧歌性や耽美色とダーク・ミステリアスな緊迫感が交差する独創肌ギターの熟練至芸!さすが鮮麗!!! 180g重量盤2枚組LP BILL FRISELL, THOMAS MORGAN ビル・フリゼール、トーマス・モーガン / EPISTROPHY
フレッシュ・スリリングでマイルド・ブルージーな全く独自の躍動的抒情世界が爽やかに活写されるさすがの熟成名演! 2枚組180g輸入重量盤LP BILL FRISELL ビル・フリゼール / VALENTINE
フレッシュ・スリリングでマイルド・ブルージーな全く独自の躍動的抒情世界が爽やかに活写されるさすがの熟成名演! CD BILL FRISELL ビル・フリゼール / VALENTINE