ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品モーダル・スピリチュアルな熱い雄渾さとエキゾティック・フォーキーな民族色が妖しくフレッシュに交差するハンガリー発マルチリードの多彩な敢闘! CD MIHALY BORBELY QUARTET ミハーイ・ボルベーイ / BE BY ME TONIGHT (Gyere Hozzám Estére)
商品詳細
先頃出た最新作:「Grenadilla」(2019年)(BMC)も好評だった、ハンガリーの個性派ヴェテラン・マルチリード名手:ミハーイ・ボルベーイ(1956年ハンガリーのセテンドレ生まれ)の、本盤は、カルテット編成で2015年11月に吹き込まれ(於ブダペスト)、2016年にリリースされていた旧作。歯切れよく堅固に躍動スイングするリズム隊の骨太でストレートアヘッドな、一本太い芯の通った重厚かつ機略性あるサポートにガッチリ支えられつつ、フロントに立つサックスやクラ、タロガトーなど管楽器の、引き締まっていながらふんわり脱力遊泳するような風合いもある、しなやかな伸張力の備わった「哀愁と熱情」のエモーショナル吹奏が精悍毅然げに堂々たる華を成し、また、力強く鋭角に凹凸を描くピアノの硬質的ダイナミック・アクションも、凛とした鮮烈な彩りを添えた、全体を通じ生々しくシャープに迫る昂揚具合・登り詰め具合とテイスティーなグルーヴ感とが壮快に満喫できる、中々の濃密内容。オーソドックスな現代流モーダル・バップ・ジャズの様式美と、独特のエキゾティック・フォーキーな趣やスピリチュアリティ、とがナチュラルに融和した、フレッシュ・スリリングで旨味たっぷりの基本は躍動的リリカル路線っぽいメロディック快演、が滑脱に繰り広げられ、刻々と形状を変移させるリズム陣の多彩なビート・グルーヴ演出、に上手くノセられて、ボルベーイの、次々楽器を持ち替え筆致も自在に転じつつ切々とリアルに情動を描出するドラマティックなアドリブ妙技が、抜群の鮮度で雄々しく見せ場を飾って誠に感動的だ。→タロガトーによる瞑想的情景をメランコリック&センシティヴにじっくり表す風な幾分かエスニックめの憂愁フレージングや、一転してアグレッシヴ&スピリチュアルに熱血な大立ち回りを見せるモード派の正統らしい勇猛鉄火節、アルトによるバップとファンクと牧歌的フォークが混合されたノリノリの流麗な舞い様、更には、クラリネットによるひんやりクールで仄暗いラウンジ感覚漂う洗練された独自のグルーヴ小唄調、はたまた、民俗笛(?)っぽいsupelkaによるメディテーショナルな濃い情念を匂わせての吟遊詩人的・祈祷的アプローチなど、次から次へと先読みを許さない渾身・入魂の敢闘が濃やかに、高密度に展開されて、その道程は清新な驚きと興奮(そして感動)が一時も絶えない。

01. Be By Me Tonight [Gyere Hozzám Estére] (Mihály Borbély) 7:37
02. Exiled [Bujdosó] (Mihály Borbély) 7:46
03. The Last Question [Az Utolsó Kérdés] (Mihály Borbély) 5:06 (cl-p-ds trio)
04. Come On! [Gyerünk!] (István Baló / Mihály Borbély) 1:33 (bcl-ds duo)
05. Epigram [Epigramma] (Áron Tálas) 4:18
06. Little Bird In The Lee [Szélárnyékban Kicsi Madár] (Mihály Borbély) 6:36
07. Gratitude [Hála] (Mihály Borbély / Áron Tálas) 1:10 (bcl-p duo)
08. Auntie [Gyángyi] (Mihály Borbély) 5:41
09. These Fairies Again [Már Megint Ezek a Tündérek] (Mihály Borbély / Balázs Horváth) 1:22 (tilinkó-b duo)
10. Nevermind Sweetheart [Sebaj Rózsám] (Mihály Borbély) 5:47
11. Kosztka (Mihály Borbély) 8:36

Mihály Borbély ミハーイ・ボルベーイ (tárogató on 01, 08, 11) (alto saxophone on 02, 06, 10) (soprano saxophone on 05) (clarinet on 03) (bass clarinet on 04, 07) (tilinkó on 09) (supelka on 11)
Áron Talas アーロン・ターラシュ (piano except 04, 09)
Balázs Horváth バラース・ホルヴァート (double bass except 03, 04, 07)
István Baló イシュトヴァーン・バロー (drums except 07, 09) (‘Gustavito’ made in Hungary)

2015年11月1-2日ハンガリー-ブダペストのBMC Concert Hall録音(2016年ハンガリー作品)

レーベル:BMC (Budapest Music Center) Records

御予約商品
CD


モーダル・スピリチュアルな熱い雄渾さとエキゾティック・フォーキーな民族色が妖しくフレッシュに交差するハンガリー発マルチリードの多彩な敢闘! CD MIHALY BORBELY QUARTET ミハーイ・ボルベーイ / BE BY ME TONIGHT (Gyere Hozzám Estére)[BMCCD 231]

販売価格: 2,280円 (税込)
数量:
商品情報
BMC

ミハーイ・ボルベーイの熟練モダン・ジャズ・サウンド
バルトーク音楽院、フランツ・リスト音楽アカデミーでジャズを教えてきたハンガリーのベテラン・サクソフォン奏者、ミハーイ・ボルベーイのクァルテット。ジャズを中心にフォーク、ワールドミュージックも広く演奏するボルベーイは、本作品でも管楽器を色鮮やかに巧みに操る。BMC Recordsではおなじみのハンガリーの俊英ピアニスト、アーロン・ターラシュの気品あるピアノ、繊細なイシュトヴァーン・バローのドラミングもいっそう際立つ。軽やかなフレーズは時にモード風で、ハンガリーのシングルリード楽器「ターロガトー」、ウクライナの笛「ティリンカ」を使った民族的な独自の作風も聴きどころ。4人の絶妙なセッションとサウンドが大変奥深くベテラン、ミハーイ・ボルベーイの風格漂う完成度の高いモダン・ジャズが十分楽しめる。(新譜案内より)