ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年5月 REVIEWアブストラクトかつ中々テイスティー・グルーヴィーな熟成されたフリー即興インタープレイが芳醇に冴える無双のデュオ傑作! CD evan parker, paul lytton エヴァン・パーカー、 ポール・リットン / collective calls (revisited) (jubilee)
商品詳細
エヴァン・パーカー(ts)(1944年英国のブリストル生まれ)&ポール・リットン(ds)(1947年英国のロンドン生まれ)の名コンビによる、本盤は、傑作:「collective calls (urban) (two microphones)」(1972年4月ロンドン録音 Incus 5)の47年ぶりの続編となる、デュオ・プロジェクト:collective callsを再始動させての入魂の一編。シャキーン!と鋭く閃光の如き鳴動を颯爽と響き渡らせたかと思えば、何やら不気味で怪異なカサカサ・コソコソ・ヒタヒタした雑音の蠢きにも転じて見せる、中々滑脱自在なドラムと、ストレートな美しい音色、旨味ある音色を保ちながらの、アブストラクトではあるがエモーショナルでもありテイスティー・グルーヴィーでもある渦巻きウェイヴ状の躍動的咆哮を基調とし、時にはトーンをヒズませてノイジー&アンビエントな音響派寄りっぽいアプローチも盛り込んでくる悠々としたテナー、とがニュアンス濃やかに対話し、またフレッシュ・サスペンスフルに駆け引きを演じて、生々しくも心地よい緊迫感と瑞々しい興奮を満喫させてくれる会心打内容。1トラック1トラックの尺はそう長すぎずわりかし簡潔めにまとめられた、当意即妙のフリー・インプロ・インタープレイが続き、縦横無尽&スピーディーにシャカシャカ・チョコマカと小回りを利かせて半ば雑色的とも云える疾駆ぶり・走り躍り様を見せるリットン(ds)の忙しなげワザと、腰を据えてあくまでテナーをテナーらしく鳴らしながら、アグレッシヴでいて独自のリリシズムを宿した力は八分目の、流麗かつヒネりの利いた延々と素早くメビウスの輪を描き続けるかのようなパーカー(ts)の、しっかりと情魂味〜スピリチュアリティを湛えた抑揚豊かな吹奏、とが異形でありつつ揺るぎなく心も通い合った「美」に事欠かぬアンサンブルを形成、→その音空間はいかにもヨーロッパ・フリーの典型=純度の高いインプロヴァイズド・ミュージックらしいシュールでビザールな趣を呈するものの、しかし決して密室実験のような閉じた隠微さは感じられず、むしろ開放された結構取っ付きやすく親しみやすいおおらかな情味が潤沢に漂っており、全体を通じてそうしたさすがヴェテランならではの懐の広さや肩の力の抜け具合が伸び伸びとフル発揮されてもいて、誠に好もしい。殊にパーカー(ts)の、イキはいいが同時にちょっと達観したようでもあるその、一定の余裕をもって衒いなく堂々泰然と真っ向勝負に徹した熟達ブローイング攻勢は、ばっちりコク旨で卓抜だ。

01. ... The Dissent, That Began With The Quakers? ... 4:40
02. ... Confused About England. 4:38
03. England Feels Very Remote To Me. 3:58
04. Alfreda Was Always Especially Cordial To Me ... (Dedicated To Alfreda Benge) 4:26
05. ... Becoming Transfigured ... 4:48
06. The Bonfires On Hampstead Heath. 5:07
07. What Has It Become Entangled With Now? 7:04
08. ... A Little Perplexing ... 4:48
09. How Tight Knit Was England Then! 5:36
10. ... Beheading Their Own King ... 5:02
11. Each Thing, The One, The Other And Both Together Would Amount To The Truth. 5:01

Evan Parker (tenor saxophone)
Paul Lytton (drums)

2019年3月29日シカゴのExperimental Sound Studio録音

レーベル:Intakt

在庫有り
CD


アブストラクトかつ中々テイスティー・グルーヴィーな熟成されたフリー即興インタープレイが芳醇に冴える無双のデュオ傑作! CD evan parker, paul lytton エヴァン・パーカー、 ポール・リットン / collective calls (revisited) (jubilee)[INTAKT CD 343]

販売価格: 2,680円 (税込)
数量:
商品情報
INTAKT

Recorded March 29,2019 at Experimental Sound Studio,Chicago by Alex Inglizian.
Mixed Summer 2019 by Evan Parker and Matthew Wright.
Mastered by Matthew Wright.