ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年4月 REVIEW奥深い哀愁と凛々しいパッションを交差させたアート・ペッパーにも通じる滑脱アルト・ブロウがシブ瑞々しく映える爽快ワンホーン・バップの会心打! MQA-CD ナカジマ・カオリ カルテット KAORI NAKAJIMA QUARTET / PLAY ON! プレイ・オン!
商品詳細
★音楽教職も務めながら東京シーンで活動を続ける女性アルトサックス(&クラリネット)奏者:ナカジマ・カオリ(東京生まれ、幼少期を主にドイツ、小学校6年間を日本で暮らした後、単身イギリスへ渡って10代を過ごし、20歳のころ帰国して上智大学に入学、卒業)の、カルテットによる前作から凡そ6年ぶりとなるセカンド・アルバム(176kHzハイレゾ収録のMQA-CD)=スタンダード集。

★シャープな張りとヒネりの利いた、また、硬質感と柔らかみが自然に交錯する、美味さの中にピリッとしたスパイス(or酸味?)を含む中々ニュアンスに富んだトーンのアルトが、深い哀愁と凛々しいパッションに彩られたメランコリックかつメロディックな躍動的リリカル・プレイを滑脱に紡いで、生鮮にして渋く余情豊かな華を成し、一方、ソリッドでハードボイルドげ(時にはファンキー)な鋭角的ピアノや、温もりとコクに満ちた肉太ベース、らも各々バッチリ濃厚に確たる魅力を放った、全体を通じ硬派と抒情派の中庸を揺るぎなく進む王道モダン・ジャズならではの醍醐味を満喫させてくれる会心打内容。

★歌心とスイング感を何より大切にした明快直球型の、しかし決して甘すぎずキリッと毅然そうに引き締まった表情を好もしく保持した精悍溌剌なハード・バップ演奏が、実に活き活きと連続し、リズム隊のツボを心得たダイナミック・スウィンギン&テイスティー・グルーヴィーそしてフレッシュ・スリリングなサポートにガッチリ支えられ、或いは鋭く刺激されながら、ナカジマ(as)の、最高にイキのいい飛び跳ね弾むような、同時に泰然とブレなく芯の据わった、リキみなくも何げに懐深いアドリブ妙技が、悠々芳醇に冴え渡ってゴキゲンだ。
→とりわけマイナー調における、流線形的なスムース感やまろやかな波乗り感覚と、内に秘めた烈火の情熱が鮮麗に炸裂するかの如きパンチ・アタック!の利き具合、とがナチュラルに一体化したアンニュイ・アクションとも云うべき敏活な憂きフレージングには、タイプはちょっと異なるもアート・ペッパーにも底通するスパイシー・デリシャスな独自の妙味があり、また、バラードでのソフト&テンダーな幽遠めいた風雅浪漫表現、更には、クラリネットに持ち替えてのマイルド・メロウ&クールな程好く脱力した生粋スインガーぶり(ベニー・グッドマン〜ケン・ペプロウスキー辺りの系統か)、などにも得難い旨さがあり、興趣はさりげなく多彩。シンプル・ストレートでいてしっかり熟成された、風格と落ち着き(と確固とした信念)を感じさせる逸品。

01. You Don't Know What Love Is
02. Dear Old Stockholm
03. On Green Dolphin Street
04. My Favorite Things
05. But Beautiful
06. Here's That Rainy Day
07. Tenderly
08. In A Sentimental Mood
09. Memories Of You
10. I Should Care (as & p duo)

ナカジマ・カオリ (alto saxophone except 07, 08, 09) (clarinet on 07, 08, 09)
工藤 雄一 (piano)
矢野 伸行 (bass except 10)
豊田 一樹 (drums except 10)

2019年12月9,10日 夢スタジオ(群馬県前橋市元総社町)録音

レーベル:doLuck Jazz

在庫有り
国内制作・MQA-CD (通常のCDプレーヤーで再生可能)

奥深い哀愁と凛々しいパッションを交差させたアート・ペッパーにも通じる滑脱アルト・ブロウがシブ瑞々しく映える爽快ワンホーン・バップの会心打! MQA-CD ナカジマ・カオリ カルテット KAORI NAKAJIMA QUARTET / PLAY ON! プレイ・オン![DLC-24]

販売価格: 2,520円 (税込)
数量:
商品情報
doLuck Jazz

★スッキリしているけど、冷たくない。熱いけど醒めてる。このアルバムにはクールがある!

★東京のジャズシーンで活躍するナカジマ・カオリの6年ぶりとなる新作。

★ピアノ・工藤雄一、ベース・矢野伸行、ドラム・豊田一樹と個性的な3人を従えて、朗々とスタンダードを歌い上げる。豪胆でありながら繊細、熱く滾りながらもクールなアルト・サックスと、軽やかでありながらふくよかなクラリネットで全10曲を176kHzのハイレゾで収録した、話題のMQA-CD。(新譜案内より)