ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年5月 REVIEW次々とカラフル&デリシャスに揺るぎなくも華やいだ充実ソロが連発されるドラマティックでノリにノッた簡潔快速フレッシュ・デュオ大会♪ CD 松尾 明 AKIRA MATSUO / and alone
商品詳細
★21歳で渡米し、バークリー音大に学んでアメリカでライヴ活動後、帰国して首都圏シーンで多忙に、精力的に活躍、これまでJazzfreakや寺島レコードからリリースした諸作品が悉く大評判となっていた、益々快進撃の勢いやまぬオールラウンドな凄腕ドラマー:松尾明(東京都出身)。

★本盤は、人気女性歌手のMAYAがこのほど立ち上げた新レーベル:「AMBIVALENCE」の第1弾アルバムとなるもので、趣向としては、山本玲子(vib)、牧原正洋(tp)、仲石裕介(b)との各々デュオが2曲ずつ、そして松尾自身のソロ・ドラムが2曲、という、中々思い切りよく削ぎ落とされエッセンスのみで成形された如き渾身の熱演が聴かれる勝負作。

★軽やかな飛翔っぽさとドスの利き具合が絶妙に表裏一体化したドラムの、表情多彩で重層的でもあるニュアンスのこもったカラフル・スウィンギンな弾みのいい鳴動、が一貫してテイスティー・グルーヴィーに頼もしくも小気味よくノリとスリルを醸成する中で、クリーンな清涼感に溢れつつブルース由来の渋い吟醸テイストにも富んだ折り目正しい端麗ヴィブラフォンや、ピリッと苦味走ったハードボイルドで奔放烈々たる硬質トランペット、そして肉太く重厚でいて強力にバネとウネりの効いた温もりもたっぷりのコク旨ベース、らが色彩感も豊かに各々確たる存在感(=スター性)をもって座をしっかり華やがせてゆく、全般に、どのフォーマットにおいても繰り出される一音一音に濃やかな丹誠の込められた、何げに丁寧で密度の高い充実した好演内容。

★何より先ず松尾(ds)の、相手に応じて音響そのものや筆致・文体を自在に変移させ、相方銘々を盛り立てるのに最も的確と思われる小回り・機略性(或いは機智)抜群なその起伏に富んだ、しかも流麗滑脱な劇的立ち働きが傑出して全く見事で、全編を通じフレッシュ・スリリングな昂揚感と芳醇なグルーヴを絶やさぬそうした懐深いナヴィゲート手腕、並びに刻々と様相を転じてゆく簡潔でテンポのいい展開構成〜ストーリーテリング、とで一瞬も清新さが途切れることなくトントン拍子の流れを爽快に楽しませてくれる。
★徹頭徹尾メロディアスで甘美なまでに耽美的なロマンティストぶりを悠々フル発揮する山本(vib)や、精悍で猛々しく時には半アブストラクトなほどシャープ&ソリッドに硬派アクション指向の覇者たる振る舞いを貫く牧原(tp)、重低音を大きく波打たせるように結構朗々と哀愁を歌う雄弁で跳ねのいいリズミカルな仲石(b)、と、各々の適度に鋭く切り詰められた個人芸の盛り上がりも実に快調。

1. Sonora
2. Fragile
3. St. James Infirmary
4. Nigerian Walk
5. Seven Times Around
6. Marcellina
7. I Surrender Dear
8. Rim Storn

松尾 明 (drums)
山本 玲子 (vibraphone on 1,2)
牧原 正洋 (trumpet on 3,4)
仲石 裕介 (bass on 6,7)

2019年11月6日,7日,16日Studio Dede(東京 上池袋)録音

*録音エンジニア:松下真也
*マスタリングエンジニア:吉川昭仁
*A & R : 塙 耕記
*プロデュース:MAYA(AMBIVALENCE)

レーベル:Ambivalence

在庫有り
国内制作 Blu-spec CD
W紙ジャケット仕様CD

次々とカラフル&デリシャスに揺るぎなくも華やいだ充実ソロが連発されるドラマティックでノリにノッた簡潔快速フレッシュ・デュオ大会♪ CD 松尾 明 AKIRA MATSUO / and alone[AMCE1]

販売価格: 2,850円 (税込)
数量:
商品情報
(画像をクリックすると大きく見られます)
★ジャズ&ラテンシンガーMAYA自身のレーベル「AMBIVALENCE」始動。

★記念すべき第一弾は日本を代表するJAZZドラマー松尾明氏の集大成的な作品となる「and alone」。

ジャズ&ラテンシンガーのMAYAと申します。
この度、私MAYAは自身のレーベル「AMBIVALENCE」を立ち上げました。
AMBIVALENCEは音楽とオーディオの融合をテーマに、国内外のJAZZプレイヤーやシンガーの優れた演奏を可能な限り高音質なクオリティでの録音を目指しております。記念すべき第1弾は日本を代表するJAZZドラマー松尾明氏の集大成的な作品となる「and alone」で、松尾明渾身のドラムソロが2曲、ヴィブラフォン、トランペット、ベースとの緊迫感溢れるインタープレイによるデュオ演奏が各2曲の合計8曲の構成となっています。録音は2インチモンスターテープによるアナログ録音で行い、かつてルディ・ヴァン・ゲルダーも使用した完璧にメンテナンスされたヴィンテージマイクやマイクアンプ、ミキサーを使用し、更に全てのマイクケーブルからラインケーブル、電源ケーブルまでACOUSTIC REVIVEの最高級品を使用するなど、最高峰のクオリティを実現するために前代未聞の音質向上対策を施しております。シンプルな楽器編成が故にその生々しさは格別であり、目前で叩かれているようなドラムソロのリアリティは過去のどの録音も到達出来なかった次元を目指し、共演する楽器も本来の音色や質感が見事に再現され各楽器との緊迫感溢れるインタープレイや魂のこもったドラムソロを克明かつリアルに収録しています。またマスタリングに関しましては米国ブルックリンに新設されたマスタリングスタジオにて行いました。正に究極のオーディオチェック音源と言っても過言ではなく、演奏力の高さと優れた音楽性と合わせてAMBIVALENCEが目指す「音楽とオーディオの融合」を具現化した内容となっております。(AMBIVALENCE MAYA)

録音:2019年11月6日、7日、16 Studio Dede
録音エンジニア:松下真也
マスタリングエンジニア:吉川昭仁
A & R : 塙 耕記
プロデュース:MAYA(AMBIVALENCE)

関連
ダイナミック&パッショネートかつメロウ・ムーディーな哀愁と寛ぎ溢れるラテン・ピアノ・トリオの謹製品 CD 松尾 明 トリオ AKIRA MATSUO TRIO / MOSTLY LATIN モーストリー・ラテン
優しくマイルドな唯美性とタフなガッツがおいしく融け合った極上バラード世界 【セミW紙ジャケット仕様・ボーナスDISC付】CD 松尾 明 トリオ AKIRA MATSUO TRIO / バラッズ BALLADS
セミダブル紙ジャケットCD 簡潔で骨太、硬派にして哀愁漂う直球勝負の旨口ピアノ・トリオ会心打CD! 松尾 明 トリオ AKIRA MATSUO / EASTER PARADE イースター・パレード
クランプ  ストッパー付き特殊紙ジャケットCD   ガッチリ緊密にしてダイナミックな遠心パワーみなぎる歌心派ピアノ・トリオ痛快打!! 松尾 明 トリオ AKIRA MATSUO / ミート・ミー・イン・パリ MEET ME IN PARIS
CD!  松尾明 NEW FRONTIER QUINTET / THE SNAPPER
CD! パンチを利かせてクリアーにアタックする痛快活劇ピアノ・トリオのスマッシュ・ヒット!! 松尾 明 トリオ  AKIRA MATSUO  / ベサメ・ムーチョ BESAME MUCHO
CD! シンプル&ストレート 松尾明 トリオ  / アローン・トゥゲザー  ALONE TOGETHER
【寺島レコード + 天才エンジニア、 ステファノ・アメリオ】2枚組CD   松尾 明 トリオ AKIRA MATSUO TRIO  /  BALLADS  バラッズ
【寺島レコード + 天才エンジニア、 ステファノ・アメリオ】2枚組CD 松尾 明  AKIRA MATSUO  /  BESAME MUCHO  ベサメ・ムーチョ 
【寺島レコード + 天才エンジニア、 ステファノ・アメリオ】2枚組CD 松尾明 トリオ / Alone Together (リマスター)