ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年3月REVIEW明快平易に極めてオーソドックスなハード・バップ路線に終始する、渋〜い幽玄めいた滋味を醸した燻し銀ピアノ・トリオ名演 CD KENNY BARRON | DAVE HOLLAND TRIO featuring JOHNATHAN BLAKE ケニー・バロン、 デイヴ・ホランド、 ジョナサン・ブレイク / WITHOUT DECEPTION
商品詳細
★過去にもガッチリ息の合った素晴らしいコラボを見せていた、ピアノのケニー・バロン(1943年ペンシルヴェニア州フィラデルフィア生まれ)とベースのデイヴ・ホランド(1946年英国スタッフォードシャーのウルヴァーハンプトン生まれ)、のヴェテラン重鎮・名コンビに、ここ四半世紀来多方面で引っ張りだこなドラムの中堅実力者:ジョナサン・ブレイク(1976年ペンシルヴェニア州フィラデルフィア生まれ)が加わった、強力ピアノ・トリオ(バロンとホランドの双頭名義)の一編。

★デイヴ・ホランドの自己レーベル:Dare2からのリリース(プロデュースはホランドによる)。巧まずしてリキみの抜けた、自然でごく滑らかに鍵盤上を流れるような、ゆとりを感じさせる豊潤タッチのピアノが、ブルージー・ソウル、歌心、バップ・スピリット、モーダルな熱気、などを渾然一体化させた感じのあくまでナチュラルにして滑脱スインギーな吟醸的プレイ、を幾分か淡々と簡潔に紡いで、何とも風流な余白を残した渋い、そして趣深い華を悠然と成し、一方、ハード・ドライヴィング&ダイナミック・グルーヴィーでいて歌謡性満点の雄弁なベースや、多彩な変幻自在ぶりを見せながら実に豊かに情味を振りまくドラム、らの働きもハートフル&テイスティーな好もしい魅力を際立たせた、全体を通じ歯切れよく敏活でありながら思わずホッと安心できる優しい温かみに満ちた、何げに奥行きに富む快調内容。

★終始一貫してメロディーの美とスイング感を何より大切にし、ブルース由来の粋な旨味にも溢れた、しかし決して甘すぎず硬派なリアル・ジャズらしい気魄や張り詰め感をも自ずと絶やすことのない、作為なく適度に背筋の伸びた極めてオーソドックスなハード・バップ演奏、が節度と余裕(と品格)をもって中々質素に展開され、ホランド(b)やブレイク(ds)の手堅くツボを押さえつつ極めて表情豊かな朗々たる筆運びを見せる、各々存在感&旨味満点のバックアップ、に頼もしくも暖かく支えられながら、主役を担うバロン(p)の、肩肘張らずちょっと無欲そうにも感じられる何の変哲もない正攻法のブルージー・グルーヴィー・フレージングに(飄々と?)徹するも、その音と音の間から何とも瀟洒でアジな幽玄雅趣っぽい余情がゆらゆらと立ち昇ってくるような、さすが十全に熟成された懐深き語り口の妙が、ある種の恬淡さと同時に芳醇なコクをも伴って軽々冴え渡っており、見事。

→程好くモード色も加味したバップ・ピアノのオーソドキシーにキッチリ則り、ブルース的小節や唄っぽい端麗な美メロも絶妙の匙加減で細かに盛り込んで、ごくわかりやすく平易に、そして謹厳実直げに歩を進めてゆくその、衒いやケレンを排した、脱力感も仄めく自然体の、しかしながら「枯淡の境地」とまでは行かず未だ内に熱いものを秘めた鳴音のあり様は、巧まざる入神めいた(ミラクルな)バランスを平然と成立させていて、全く卓抜だ。

01. Porto Alegre (Kenny Barron)
02. Second Thoughts (Mulgrew Miller)
03. Without Deception (Kenny Barron)
04. Until Then (Kenny Barron)
05. Speed Trap (Kenny Barron)
06. Secret Places (Sumi Tonooka)
07. Pass It On (Dave Holland)
08. Warm Valley (Duke Ellington)
09. I Remember When (Dave Holland)
10. Worry Later (Thelonious Monk)

Kenny Barron (piano)
Dave Holland (bass)
Johnathan Blake (drums)

2019年8月17-18日ニューヨーク州マウント・ヴァーノンのOktaven Studios録音

レーベル:Dare2


在庫有り
見開き紙ジャケット仕様CD


明快平易に極めてオーソドックスなハード・バップ路線に終始する、渋〜い幽玄めいた滋味を醸した燻し銀ピアノ・トリオ名演 CD KENNY BARRON | DAVE HOLLAND TRIO featuring JOHNATHAN BLAKE ケニー・バロン、 デイヴ・ホランド、 ジョナサン・ブレイク / WITHOUT DECEPTION

販売価格: 1,800円 (税込)
数量:
商品情報
DARE2

★旺盛に活躍を続ける2人の巨匠、デイブ・ホランド、ケニー・バロンによる2014年のデュオ作品以来の共演。本作では、国際的活躍でその実力を証明しているジョナサン・ブレイクをドラムに迎えてのトリオ演奏。

★時代を超え、一貫した信念で歩みを続ける円熟の2人と、ダイナミックでエモーショナルなリズムで挑むドラマーの磐石なトリオ演奏は余裕の安定を保ちながらも、聴き手をエキサイティングに高揚させてくれます。


ジャズピアニストの巨匠ケニー・バロンとジャズ・ベースの巨匠デイヴ・ホランド正統派ジャズを極める2大巨匠が共演。中堅ドラマー、Johnathan Blakeを迎えたアコースティックでこれぞジャズ!という雰囲気の聴きやすいピアノトリオの決定版を完成させました。

"1943年生まれのケニー・バロンと1946年生まれのデイヴ・ホランド。フィラデルフィア生まれのバロンは、ディジー・ガレスピー、ユセフ・ラティーフ、スタン・ゲッツ、ロン・カーター、チャーリー・ヘイデンなどジャズの巨匠たちと共演自身のリーダー・アルバムは70作品以上で11度のグラミー賞ノミネートを獲得してきたジャズピアノの巨匠。イギリス出身のホランドは、マイルス・デイヴィス、スタン・ゲッツとの共演で有名になり、チック・コリアやジョン・マクラフリンなどと共演。これまでに50以上のリーダー・アルバムを発表し3つのグラミー賞と11度のノミネートを経験。

そんなふたりは1985年にアルバム「Scratch」で共演し2012年には絶賛されたデュオ・アルバム「The Art of Coversation」をリリースしました。クリス・ポッターやリンダ・オーらと共演するフィラデルフィア出身のドラマー、ジョナサン・ブレイクを迎えた今作「Without Diception」は、バロン作のボサノバ(1)で幕を開け、故マルグリュー・ミラー作の(2)、強烈にスイングする(5)、ロマンチックなバラッド(8)などを全10曲収録。「デイヴと演奏するのが大好きだ!」と語るバロン、ブレイクを迎えた事で可能性が広がり3人のよる対話を心底楽しんでいるのが伝わってきます、 

米ジャズ賞NEA JAZZ MASTERSの名誉を与えられた二人の巨匠らによるインティメイトで遊び心溢れる音の対話が楽しめ名盤の雰囲気漂うピアノトリオ推薦盤。(メーカーインフォ)

Produced by Dave Holland
Recorded August 17th - 18th, 2019
at Oktaven Studios, Mount Vernon, New York
Engineer: James Farber
Assistant: Ryan Streber
Mixed October 1st - 2nd, 2019
at Sear Sound, NYC, New York
Engineer: James Farber
Assistant: Owen Mulholland
Mastered October 3rd 2019 by Greg Calbi
at Sterling Sound, Edgewater, New Jersey
Executive Producer: Louise Holland
Art Direction and Design: Susan Archie
Photographs by: Ulli Gruber
“Pass It On” is dedicated to Ed Blackwell.

Tracks 1, 3, 4 and 5 composed by Kenny Barron and published by Wazuri
Publishing (BMI)
Track 2 composed by Mulgrew Miller and published by Mulgrew Miller
Publishing (BMI)
Track 6 composed by Sumi Tonooka and published by Sutoono (SESAC)
Tracks 7 and 9 composed by Dave Holland and published by LoJac Music (BMI)
Track 8 composed by Duke Ellington and published by Sony ATV Harmony (ASCAP)
Track 10 composed by Jonathan Blake and published by Blasak Music (SESAC)
Track 11 composed by Kenny Wheeler and published by PRS / MCPS
Track 12 composed by Thelonious Monk and published by Thelonious Music Corp
(BMI)