ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年2月REVIEW軽妙洒脱で潤滑芳醇な優しくスイスイ流れるが如きソロ合戦がハートウォーミングに大豊作ぶりを見せたモダン・スイングの決定打! CD CHRISTOF SANGER TRIO featuring KEN PEPLOWSKI クリストフ・ゼンガー、 ケン・ペプロウスキー / I FOLLOW MY SECRET HEART
商品詳細
過去30数年来ドイツの主流派ジャズ・シーンで活躍し、LaikaやMons、Sound Hills等から良質のアルバム群を着々と発表して好評を得てきた、早ヴェテランの域に入る人気ピアニスト:クリストフ・ゼンガー(1962年旧西ドイツのヴィースバーデン=Wiesbaden生まれ)の、今回は、レギュラー・トリオにアメリカン・モダン・スイング派クラリネット&テナーサックス(本作ではクラリネットをメインに吹く)の名匠:ケン・ペプロウスキーを加えた体制による、またフレッシュ・デリシャスな一編。折り目正しく端麗豊潤それでいてクッキリしたキレのよさをも呈する、芯の据わったクリアー・タッチのピアノが、落ち着いた調子で繊細かつロマンティックにヨーロピアンらしくメランコリーを映し出して瑞々しく奥深い華を成し、またある時は急速調で一転して伝統的バップ・イディオムに則った渋く翳りある殺陣アクション技を炸裂させて好アクセントを醸成、一方、終始一貫して「ブルースと哀愁の歌謡フィーリングとスイング」を揺るぎない確たるキーワード〜拠り所として、アメリカン・メインストリーム路線のド真ん中を悠々と闊歩邁進するクラorテナーの、どこまでもスムースに波乗り遊泳を楽しむかのような流線的ブロウも、こってりコク旨にして軽妙小粋なさすが醸熟の魅力をあくまで事も無げに揮いきった、全編安定してノリよくもホッと一息つける和み感や温もりが横溢する快適内容。緩急メリハリは適宜按配よくつけられるも、全体を通じてインティメイトなリラクゼーションや和気あいあいムードが変らず底流する、スイング・ジャズと現代欧州流の浪漫傾向とビ・バップが細かにブレンドされた感じの、「今日型(国際版)中間派」とでも云えそうな、徹頭徹尾メロディアス&スインギーな人情娯楽的行き方が、一定の節度や余裕を伴いつつ嬉々として愉しげに続き、ゼンガー(p)やペプロウスキー(cl,ts)の、肩の力を抜いて伸び伸びと自然体で得意ワザの繰り出しに興じきる、衒いやケレンは一切なしのなごんだアドリブ活躍〜ソロ・リレーが、何ともハートウォーミングに、そして適度な慎ましさをもって清々しい豊作ぶりを見せており、全くゴキゲンだ。ゼンガー(p)の、ユーロ系らしい耽美センスを発揮するところもあるが、本作ではどちらかと云うとピーターソンやテイタム辺りに通じるような、ダイナミック・ファンキー・アクションだったりストライド調だったりの、結構オールド・ファッションな王道プレイ大会にこそ、この上なく溌剌揚々たる覇気を全開させている感があって誠に好もしく、かたやペプロウスキー(cl,ts)の、今回はひたすらマイペースで一インプロヴァイザーに徹して気持ちよさそうに朗々と舞い泳ぎまくる、クール・テンダーであったりホット・エモーショナルであったりレトロ・スウィンギンであったりの、バッチリ練達し熟成された流れるような洒脱な名人芸が鮮やかに冴え渡っていて、これまた見事。

01. Lakonia (Christof Sänger)
02. Carioca (Vincent Youmans)
03. Gone With The Wind (Alice Woubel) (ts-p duo)
04. Lagoa Azul (Christof Sänger)
05. I Follow My Secret Heart (Noel Coward)
06. Get Happy (Harold Arlen) (cl-p duo)
07. Recado Bossa Nova (Djamal Ferreira)
08. Vals De Las Islas (Christof Sänger) (cl-p duo)
09. Just One Of Those Things (Cole Porter)
10. Love Locked Out (Ray Noble) (ts-p duo)

Ken Peplowski (clarinet except 03, 10) (tenor saxophone on 03, 10)
Christof Sänger (piano)
Rudi Engel (bass except 03, 06, 08, 10)
Tobias Schirmer (drums except 03, 06, 08, 10)

2019年4月2,3日録音

レーベル:Laika

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

デジパック仕様CD


軽妙洒脱で潤滑芳醇な優しくスイスイ流れるが如きソロ合戦がハートウォーミングに大豊作ぶりを見せたモダン・スイングの決定打! CD CHRISTOF SANGER TRIO featuring KEN PEPLOWSKI クリストフ・ゼンガー、 ケン・ペプロウスキー / I FOLLOW MY SECRET HEART[LK 35103792]

販売価格: 2,200円 (税込)
数量:
商品情報
Laika Records

俊英ピアニスト率いるピアノトリオとベテラン ・木管奏者が贈るファン注目のワンホーン・カルテット盤。
2020年2月には同メンバーでの来日公演も予定されています。

関連
【LAIKA】CD Christof Sanger クリストフ・ザンガー / Classic Affairs - Papageno’s Sleepless Nights
待望のピアノトリオによる新録 CD Christof Sanger Trio / Descending River
マニアの間で話題の「赤ザンガー」 限定復刻CD Christof Sanger クリストフ・ザンガー / Caprice
ウォーム&インティメイトかつ鋭く研ぎ澄まされたスリリングなインプロ至芸が鮮烈に冴える劇的デュオ CD KEN PEPLOWSKI & DIEGO FIGUEIREDO ケン・ペプロウスキー、 ディエゴ・フィグアレード / AMIZADE
端正で涼やかな2クラ吹鳴がバツグンに心地よい練達の寛ぎセッション!爽快!!! CD ADRIAN CUNNINGHAM AND KEN PEPLOWSKI エイドリアン・カニンガム & ケン・ペプロフスキー / DUOLOGUE
洒脱なリラクゼーションと歌心に満ちた清々しいモダン・スイング世界 CD KEN PEPLOWSKI ケン・ペプロフスキー / ENRAPTURE
ひたすらスマート&ジェントルに流れるような美メロを繰り出し続けるクラリネットが鮮やかな爽快ビッグ・バンド編! CD THE KEN PEPLOWSKI BIG BAND ケン・ペプロフスキー / SUNRISE
【ヴィーナスレコード】CD   KEN PEPLOWSKI QUARTET  ケン・ペプロフスキー・カルテット  /   小さな花  PETITE FLEUR
CD KEN PEPLOWSKI ケン・ペプロウスキ / MAYBE SEPTEMBER
波乗り調子でスムース・スモーキーにまろやかな美メロを繰り出し続ける3テナーが絶好調の超快適世界! CD THREE TENORS ; Harry Allen & Ken Peplowski & Scott Hamilton スリー・テナーズ / LIKE THE BRIGHTEST STAR ライク・ザ・ブライテスト・スター