ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2020年1月REVIEW【ABEAT FOR JAZZ 限定復刻】ビル・エヴァンス名曲集 CD Riccardo Fioravanti Trio / BILL EVANS PROJECT
商品詳細
イタリアの主流派シーンで幅広く多忙に腕を揮ってきたb者の、g&vibとのトリオによるビル・エヴァンス名曲集。Bergamo録音。3者が精妙に呼吸を合わせた、クールネスとどこか儚げなデリカシー溢れる折り目正しい(対位法的設計も見事な)アンサンブル・ワーク、そして各々の個性的かつ構成的な余情深いソロ・プレイ、の連動で中々フレッシュな美味しい抒情世界を快適に楽しませる好内容である。アレンジ意匠のしっかりした、一定のリラクゼーションを保ちつつリズムやテンポも様々に変わる小気味よいリリカル奏演が続いて行き、強烈にバネの利いたウォーム&ダイナミックなbのスイング鳴動が際立つ中でのソロの掛け合い、などにはエヴァンス・トリオの残影も濃厚であったり、またエヴァンスとジム・ホールの対話パターンを踏襲したようなvib&gのインタープレイが現れたりと、オリジナルのイメージを浮かび上がらせるような細かい演出も適宜散りばめられるが、基本的には本家とは違った独自のスタンスで伸び伸びとマイペースに(かつ簡潔に)ソングブック・セッションを楽しんでいる、ような自然体調子の清新な空気感が一貫していて好もしい。アコースティックっぽい音色をメインとしたg者の、ブルージーな吟遊哀歌的リリシズムに満ちた結構渋い唄い様や、知的冷涼さと思索性そしてやや入り組んだ半幾何学的ダイナミズム表現に特性を示したG・バートン・タイプのスタイリッシュなvib、正攻法のバウンド轟鳴的グルーヴ表現と並行して情念めいた熱いスピリチュアリティの描写にも妙味を発揮するb、とそれぞれ与えられたスペースの中でユニークな持ち味を濃縮的に全開させた、静かな個人芸の競合が生鮮度も抜群の充実ぶりを示しており、インティメイトな和やかムードの中で新味ある瑞々しい昂揚と感動を満喫させてくれる。爽快作。

↑以前入荷時の当店キャプション。

1.Interplay
2.Funkallero
3.We Will Meet Again
4.Conrade Conrad
5.Epilogue
6.Funny Man
7.Time Remembered
8.Peace Piece
9.Very Early
10.B Minor Waltz
11.Turn Out The Stars
12.Re: Person I Knew
13.In April

Riccardo Fioravanti: doublebass
Andrea Dulbecco: vibraphone
Bebo Ferra: guitar
Recorded by Massimiliano Cappellini at CDPM Studio in Bergamo on February 2003.

在庫有り
CD





【ABEAT FOR JAZZ 限定復刻】ビル・エヴァンス名曲集 CD Riccardo Fioravanti Trio / BILL EVANS PROJECT[ABJZ 031]

販売価格: 2,200円 (税込)
数量:
商品情報