ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年12月REVIEW豪快武骨でアーシー・テイスティーな2テナー・バトル物の権化たる1962年の充実未発表ライヴ! CD JOHNNY GRIFFIN & EDDIE “LOCKJAW” DAVIS ジョニー・グリフィン & エディ・“ロックジョー”・デイヴィス / OW! : LIVE AT THE PENTHOUSE
商品詳細
云わずと知れた男気&タフネス溢れる強力2テナーの豪傑名コンビ、ジョニー・グリフィン(1928年イリノイ州シカゴ生まれ、2008年フランスのモープレヴォワール=Mauprevoirで死去)&エディ・“ロックジョー”・デイヴィス(1922年ニューヨークシティ生まれ、1986年カリフォルニア州カルヴァーシティで死去)の双頭クインテット(feat.ホレス・パーラン-p)による、本盤は、1962年5月〜6月にシアトルのペントハウス・ジャズ・クラブで公演を行なった折の、ラジオ番組用に録られていたという音源を初ディスク化した、価値ある発掘ライヴ・アルバム。ピタリと息の合ったカラフルで重層的な2テナー・アンサンブルが力強く朗々と轟いた後、各々の豪快武骨にして流麗滑脱なソロ・プレイがスリリングかつ超芳醇に見せ場を分け合ってゆく、全編スカッとした壮快感と濃い旨味が存分に堪能できる会心打内容。徹頭徹尾メロディアス&スウィンギンでブルース色も極めて豊富な、大衆娯楽派ハード・バップの王道、2テナー・バトル物の王道を驀進するテイスティー・グルーヴィー快演、が嬉々としておおらかに、愉しげに展開され、手堅く安定律動的にスイングし続けるリズム・セクションのツボを心得たサポート、にガッチリ支えられながら、フロントに立つグリフィンとロックジョーの、気合軒昂でパワフル、それでいて悠々とリラックスしてもいる、スケール大きく懐広げな泰然自若のアドリブ敢闘、〜ソロ・リレー合戦が、格段に清々しい晴れやかさや風抜けのよさと、こってり濃厚なコクをもって胸のすくような盛り上がりを、大豊作ぶりを呈して全くゴキゲンだ。ロックジョーの、黒々としたアーシー・ソウルと好もしい臭みを伴いつつ全力でワイルドに吠え、唸るような、豪放磊落で雄々しく逞しい図太げなエモーショナル咆哮!、が突き抜けるが如く明快旨口この上なしの冴え渡り様を見せており、一方グリフィンの、ハード・ドライヴ感満点でダイナミックかつスムースな、加えてコルトレーンにも受け継がれているアグレッシヴ・アクションの圧倒的迫真力をも有した、よりモダニズムに富むメリハリ充分の劇的ブローイングも、終始澱みなく鮮麗なる映えを、華やぎ様を示して卓抜。スクエアー・バピッシュ&ファンキーなパーランの職人的活躍もおいしく光る。

01. Intermission Riff - Introduction by Jim Wilke
02. Blues Up And Down
03. Ow!
04. Spoken Introduction
05. Bahia
06. Spoken Introduction
07. Blue Lou
08. Second Balcony Jump
09. Spoken Outro
10. How Am I To Know'
11. Spoken Introduction
12. Sophisticated Lady
13. Spoken Introduction
14. Tickle Toe
15. Intermission Riff - Outro by Jim Wilke

Johnny Griiffin (tenor saxophone)
Eddie “Lockjaw” Davis (tenor saxophone)
Horace Parlan (piano)
Buddy Catlett (bass)
Art Taylor (drums)

1962年5月30日(01〜07),6月6日(08〜15)米ワシントン州シアトルのthe Penthouse Jazz Clubでのライヴ録音

レーベル:Reel to Real

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

CD


豪快武骨でアーシー・テイスティーな2テナー・バトル物の権化たる1962年の充実未発表ライヴ! CD JOHNNY GRIFFIN & EDDIE “LOCKJAW” DAVIS ジョニー・グリフィン & エディ・“ロックジョー”・デイヴィス / OW! : LIVE AT THE PENTHOUSE[RTRCD003]

販売価格: 2,150円 (税込)
数量:
商品情報
REEL TO REEL RECORDINGS

「GRIFF AND LOCK」,「TOUGH TENORS」,「LOOKIN' AT MONK!」等の作品で度々、共演を重ねる男気テナーのジョニー・グリフィン & エディ・ロックジョー・デイビス。本録音は1962年米シアトル、ペントハウスでの未発表演奏です。息のあった2テナーをホレス・パーラン(p)バディ・カトレット(b)アート・テイラー(ds)が絶妙にサポート。臨場感溢れるライブ演奏がお楽しみいただけます。

★貴重な写真を収載したブックレット付。