ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ストレートアヘッド街道を雄々しく突進するダイナミック・ブルージーな硬派旨口ピアノ大活躍! CD MARKO CHURNCHETZ - JORIS TEEPE - BILLY HART マルコ・チュルンチェッツ、 ホリス・ティーペ、 ビリー・ハート / THE BROOKLYN SESSIONS
商品詳細
★NYシーンで活躍し、過去、B.A.S.E.やWhirlwind Recordings、Fresh Sound New Talentから次々とアルバムを発表して評価を上げてきた、スロヴェニア出身のピアニスト:Marko Churnchetz(1986年スロヴェニアのマリボル=Maribor,Slovenia生まれ)の、今回は、ホリス・ティーペ(b)&ビリー・ハート(ds)という百戦練磨の超腕利き2人と組んだ連名ピアノ・トリオによる、真っ向勝負作。オランダZennezの傍系:Jazz Tribesからのリリース。

★硬質で骨太く歯切れのいいストーン風タッチのピアノが、バップ、モード、ファンキー、歌謡性、の各要素をバランスよく絡め合わせながら敏活滑脱に歩を進めて、中々苦味走ったシブ凛々しい華を成し、律動力抜群でいてフェイント・トラップ風に意表も衝いてくるドラムや、バネ&ウネりを利かせて弾み跳ねるようによく唄う肉厚ベース、らも格別の存在感を放ちつつ雄々しき魅力を際立たせた、トータルとしてはわりかしハードボイルドなキリッとしたアウトライン・イメージで聴き手の背筋も思わず伸びる敢闘内容。

★硬派勇壮にして抒情味にも事欠かない、極めてストレートアヘッドな現代流ハード・バップ熱演が精悍に展開され、ハート(ds)の結構縦横無尽に変則ゲリラ砲撃(または突き・斬り込み)をカマしてくる風な、アタッキングなサポートもさすが濃厚かつ研ぎ澄まされた好アクセントを成す中で、主役:Churnchetz(p)の、硬軟併せ持った振り幅大きくドラマティックなアドリブ妙技が、ひたすらフレッシュ・スリリングかつテイスティー・グルーヴィーに冴え渡って清々しい。
→甘さを排して力学的な殺陣風のアクション指向に徹した、モーダルだったりクール・ジャズっぽかったりのハードで鋭角な立ち回り技、に凛然とその本領を発揮したかと思えば、バラードでのしっとりとしたメロウ&アンニュイな、心象風景の機微・襞を一つ一つ掬い取ってゆくような耽美的ロマンティシズム表現や、ブルース・テイスト濃いトラックでのイキでイナセで渋い吟醸フレージング、といったリリカルめの行き方にもこれまたサエた妙味があり、語り口はバッチリ懐広く興趣は何げに多彩だ。

1. Full House
2. Skippy
3. Brilliant Corners
4. Turn Out The Stars
5. Riot
6. Just One Of Those Things
7. Nobody Else But Me
8. Brooklyn
9. Just Play

Marko Churnchetz (piano)
Joris Teepe (double bass)
Billy Hart (drums)

2019年オランダ作品

レーベル:Jazz Tribes

御予約商品
CD
入荷予定時期:2019年11月中旬〜下旬 受注締切:2019年10月4日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


ストレートアヘッド街道を雄々しく突進するダイナミック・ブルージーな硬派旨口ピアノ大活躍! CD MARKO CHURNCHETZ - JORIS TEEPE - BILLY HART マルコ・チュルンチェッツ、 ホリス・ティーペ、 ビリー・ハート / THE BROOKLYN SESSIONS[JT1906002]

販売価格: 2,500円 (税込)
数量:
商品情報
Jazztribes

オランダZennezレコードのオーナーJohn Weijersが新たに立ち上げるNYジャズ・プロジェクト「Jazztribes」。1986年生、スロベニア/マリボル出身、NY在住の天才ピアニス
ト=マルコ・チュルンチェッツによるピアノ・トリオ作品。(新譜案内より)