ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム御予約商品ダイナミック&シャープ・スリリングなリズムに乗ってひたすら王道ド真ん中を突き進む明朗ブルージー・バピッシュ・ピアノが快調この上なし! CD ANDREW DICKESON アンドリュー・ディッケソン / GROOVE!
商品詳細
オーストラリアのニューサウスウェールズ音楽院に学び、シドニーを主たる拠点として国際的・多角的な八面六臂の大活躍を続けつつ、ここ近年もエリック・アレクサンダーをフィーチュアしたカルテット作や、テナー&ギター入りのカルテット作、などの気合の入った自主製作アルバムで好評を博し、人気を拡大してきた、オーストラリア・ジャズ・シーンを代表する超売れっ子・敏腕中堅ドラマー:アンドリュー・ディッケソン(1969年オーストラリアのニューカッスル=Newcastle生まれ)の、今回は、馴染みのピアニスト:ウェイン・ケリーに、米国から主流派ベースの第一人者:ロドニー・ウィテカーを招聘したピアノ・トリオによる一編。パンチを利かせて適度にドシャバシャと賑々しく迫るドラムや、キッチリ律動する中でさりげなく朗々とよく歌うベース、らにしっかり支えられながら、キレよくもきららかに光沢を放つような潤いある硬質タッチのピアノが、伝統的な渋いバップ・イディオムとキャッチーな歌謡節、そして粋なファンキー・フレージング、を按配よく掛け合わせた、極めてオーソドックスな人情娯楽的メロディック・プレイを敏活に紡いで、イナセげでいて瀟洒な、スッキリとした晴れやかな華を成した、理屈抜きで清々しく胸のすく会心打内容。歌心とスイング感に潔く重点を絞り込んだ感じの、硬派にして抒情味たっぷりのひたすら明快でシンプル・ストレートな、ごく親しみやすいエンタテインメント指向のハード・バップ奏演が、歯切れよく嬉々溌剌と展開され、シャープでいてドッシリした重厚感あるディッケソン(ds)や、快活滑脱で結構ポップでもある旨口メロディー・センス(&ブルース・フィーリング)満点のウィテカー(b)、らの中々悠々たる活躍も頼もしく際立つ中で、主役を担うケリー(p)の、どこまでも正攻法を貫く明朗で吟醸的なアドリブ奮戦が、何ともシブ爽やかに冴え渡ってゴキゲンだ。→バップ・ピアノのオーソドキシーにキッチリ則った、ちょっと燻し銀っぽくもある陰影濃い殺陣風の鋭角的アクションや、軽涼感ある高音を活かした洒脱なファンキー節、明るくおおらかにあくまでストレートな歌謡指向に徹した美メロ・フレーズ、更には、重量感あるコードワークも駆使しながらややモーダルに迫る熱血疾駆風のダイナミズム攻勢など、振幅あるも一貫して極めて真っ当な旨味溢れる明快プレイをイキイキと紡ぐその雄姿は、好感度バツグン、説得力も絶大。

1. I'm Old Fashioned - Jerome Kern 8:42
2. Prelude To A Kiss - Duke Ellington 7:48
3. All Or Nothing At All - Arthur Altman 8:50
4. Take The Coltrane - Duke Ellington 5:58
5. How Deep Is The Ocean? - Irving Berlin 5:56
6. Creole Love Call - Duke Ellington 8:50
7. Mr. Hank Jones - Wayne Kelly 6:58
8. Bye Ya - Thelonious Monk 6:38
9. Come Sunday - Duke Ellington 8:32

Wayne Kelly (piano)
Rodney Whitaker (double bass)
Andrew Dickeson (drums, leader)

2019年8月4日オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー、キャンパーダウン=CamperdownのElectric Avenue Studios録音

レーベル:自主製作

御予約商品
CD
入荷予定時期:2019年10月下旬 受注締切:2019年9月29日
※発注先案内の入荷時期を記載しておりますが、入荷時期は予告なく変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。


ダイナミック&シャープ・スリリングなリズムに乗ってひたすら王道ド真ん中を突き進む明朗ブルージー・バピッシュ・ピアノが快調この上なし! CD ANDREW DICKESON アンドリュー・ディッケソン / GROOVE![ANDREW DICKESON]

販売価格: 2,280円 (税込)
数量:
商品情報
海外自主制作盤

★オーストラリアのドラマー、アンドリュー・ディッケソン最新作ベースにロドニー・ウィテカーを迎えての王道ピアノ・トリオ作品!

★オーストラリアのドラマー、アンドリュー・ディッケソンの最新作はベースにロドニー・ウィテカーを迎えてのトリオ作品。そしてエリック・アレキサンダーも参加した「Is ThatSo?」のピアニスト、ウェイン・ケリーが演奏。小気味よいタッチの「アイム・オールド・ファッションド」で幕を明け、ラスト、アフター・アワーズ風セッションの「カム・サンデイ」まで大変リラックスした中にも迸るバップ魂が感じられる味わい深い作品だ。(新譜案内より)