ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年10月REVIEWガッツとパッションみなぎった正々堂々たるストレートアヘッド・プレイが雄渾げに冴え渡る硬派王道ピアノ・トリオの特級品! CD GEORGE COLLIGAN ジョージ・コリガン / AGAIN WITH ATTITUDE
商品詳細
★正統派にしてさりげなくオールラウンドな、侮れぬ凄腕と独創センスの持ち主であり、リーダー&サイド(→各方面で引っ張りダコ)とも多忙に活躍しつつ、四半世紀来、SteepleChaseやFresh Sound New Talent、Criss Cross、Origin他から気合の入ったアルバムを続々と発表して好評を博してきた、モダン・ピアノの人気中堅名手:ジョージ・コリガン(1969年ニュージャージー生まれ、メリーランド州コロンビア育ち)。

★今回は、バスター・ウィリアムズ(elb)(1942年ニュージャージー州カムデン生まれ)&レニー・ホワイト(ds)(1949年ニューヨーク市生まれ)、というヴェテラン重鎮2人と組んだ強力ピアノ・トリオ(この3人はB・ウィリアムズの近作:「Audacity」でも息の合ったところを見せていた)による、ド直球の一編。レニー・ホワイトのレーベル:Iyouwe Musicからのリリース。

★キレのある敏捷な動きで中々猛然と、強力にプッシュしてくるドラム&エレキベースのアタッキングなバックアップに、適宜突き上げられ、ノセられながら、堅く角張った骨太いソリッド・タッチのピアノが、熱いエモーションやガッツをしっかり内に秘めた、ダイナミック&パッショネートな真っ向勝負のモーダル・バピッシュ・プレイを屈強げに紡いで、実に精悍で凛々しい、そして覇気軒昂なる絵を堂々鮮麗に飾りきった、清々しくも血沸き肉躍る昂揚感と旨味が一杯の敢闘内容。

★硬派勇壮にして歌心やブルース由来の吟醸味にも事欠かない、全き正攻法の歯切れよいパワフル・スウィンギンなモード系ハード・バップ熱演が、鋭くも確固と地に足を着け、重みをもって強靱に展開され、ホワイト(ds)やウィリアムズ(elb)のちょっとゲリラティックなところもある縦横無尽のダイナミズム攻勢、も絶えずフレッシュ・スリリングかつテイスティー・グルーヴィーに魅力を際立たせる中で、主役:コリガン(p)の、すばしっこく立ち回りながら同時に泰然自若とした揺るぎなさも感じさせる、風格並びに余裕さえ漂うようなその迷いなく潔きストレートアヘッドな練達のアドリブ至芸が、スケール感も満点の誠に壮烈雄渾なる冴え渡り様を見せて素晴らしい。

★→硬質でスクエアーな苦味走った鋭角的ブルース・スイング節や、エネルギッシュ&アグレッシヴに情熱をほとばしらせつつ激しく疾駆する沸騰型モーダル・アクション、スピリチュアルさとエレガンスとブルージー・ソウルが三位一体となった男気あるワルツ調など、一貫して衒いなくごく真っ当にジャズ・ピアノ・モダニズムの王道をひた走って悔いなげな、タフ&ストロング(加えて結構イナセ)にして渋旨でもある鳴音のあり様は、文句なくスカッとしていて爽快度も格別だ。

01. L's Bop
02. Lost On 4th Avenue
03. Again With Attitude
04. Waltz 1
05. Christina
06. A Different Place
07. Monk's Dream
08. False Valse
09. Well You Needn't
10. Always And Forever
11. Usain

George Colligan (piano)
Buster Williams (electric bass)
Lenny White (drums)

2019年作品

レーベル:Iyouwe Music

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

デジパック仕様CD


ガッツとパッションみなぎった正々堂々たるストレートアヘッド・プレイが雄渾げに冴え渡る硬派王道ピアノ・トリオの特級品! CD GEORGE COLLIGAN ジョージ・コリガン / AGAIN WITH ATTITUDE[IYW 1015]

販売価格: 2,000円 (税込)
数量:
商品情報
AGAIN WITH ATTITUDE

★レニー・ホワイトのレーベルから注目のピアノ・トリオ作品!!

★レニー・ホワイトのレーベルIyouwe Musicからバスター・ウイリアムスとジョージ・コリガンを迎えたトリオ作。
★選曲はレニー・ホワイトの#1、ジョージ・コリガンの#2,3,4,8,11、バスター・ウイリアムスの#5,6、モンク#7,9、メセニー #10。どれも1980年〜1990年代のピアノ・トリオといった懐かしい雰囲気はリズム・スタイルから感じられ、レニー・ホワイトの豪快なドラミングがなかなか清々しく楽しませてくれる。(新譜案内より)