ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年11月REVIEW【送料込み価格設定商品】 趣味よく軽妙瀟洒で小粋なウィットとリラクゼーションに溢れた80年代オランダ発・激レア・ハートウォーミング秀作、初CD化! 紙ジャケット仕様CD KWARTET FRITS KAATEE + JEANETTE CORDEE / WILL YOU STILL BE MINE?
商品詳細
本年(2019年)4月に逝去した、オランダのサックス〜マルチリード奏者:Frits Kaatee(1938年生まれ、2019年死去)の、本盤は、緊密ワンホーン・カルテットに女性ヴォーカル:Jeanette Cordeeも加わりつつの快演が聴かれる(インスト曲とヴォーカル入り曲が交互に現れる趣向)、1984年に蘭モンストル(モンステル?)(南ホラント州デン・ハーグ南西)で吹き込まれた、本人の自主製作による激レアなアルバム(F.K. 1)の、世界初CD化。微熱を含みつつファンキーに躍動する豊潤できららかなピアノや、シンプルで平易かつ確実に律動スイングするベース&ドラム、らのきっちりツボを心得た手堅いサポートに頼もしく支えられながら、そよ風のような爽やかさとパッショネート&エネルギッシュさを併せ持ったフルート、アーシー&ダイナミックで歌謡性満点のアルトorソプラノ、重厚豪快でドライヴ感ほとばしるブットいバリトン、軽やかに飄々と小唄的美メロを奏でるクラリネット、ソウルフルでスムースに渦巻きウェイヴを描くコクのあるテナー、らが次から次へと出没しては(勿論Kaatee一人である)シブすがすがしく旨味もたっぷりの鮮麗なる絵を飾り、加えて、クールで清澄さ溢れる、そしてちょっぴりハスキーでもある艶やかな女性ヴォーカルも中々絶妙に華を添えた、小気味よくもホッと一息つけるハートウォーミングな快適内容。1曲1曲は比較的簡潔にまとめられた、インティメイトな和気あいあいのリラクゼーションと闊達でイキのいい推進パワーを併せ持ち、スタイルとしてはモダン・スイングと抒情派ハード・バップの中間ぐらいな、洒脱で寛いだ趣の徹頭徹尾メロディアス指向、歌物指向のごく親しみやすく居心地のいい波乗り気分のリリカル・エンターテインメント的キャッチー快演、が嬉々溌剌と愉しげに連続し、Kaatee(reeds)の自然体でリキみなくも優しくテンダーなウィットを感じさせる含蓄に富んだ流線型ブロウや、Cordee(vo)の涼やかでスマート&ソフィスティケートな、柔和さの中にもキチッとしたエレガンス(躾のよさ?)を絶やさない端麗ロマンティック歌唱が、誠にカラフルでフレッシュ・デリシャスな映え渡り様を悠々と見せてゴキゲンだ。Kaatee(reeds)の、テナーによるスタン・ゲッツにも似た滑らか・まろやかにしてパンチ&ソウルある芳醇節や、クラリネットによる、ベニー・グッドマン風だったりバディ・デフランコ寄りだったりの、爽涼さと温もりを兼備したスイスイ流れるような脱力的舞い泳ぎっぷり、辺りがとりわけ超美味でインパクト大。お洒落でありながら構成としては幾分ストイックっぽく簡素にまとめて、後には深い余韻・滋味を残す、さすがの熟成作品。

01. Parking Lot Blues
02. In The Name Of Love
03. Misty
04. Easy Evil
05. Just A Closer Walk With Me
06. Will You Still Be Mine
07. Fred
08. I Want A Little Boy
09. Get Happy
10. I'm Not The Loving Kind
11. Clouds
12. Do I Love You

Frits Kaatee (flute, clarinet, soprano saxophone, alto saxophone, tenor saxophone, baritone saxophone)
Patrick Van Helsdingen (piano except 04, 07) (electric piano on 04, 07)
Dolf Delprado (contrabass)
Henk Rijnberg (drums)
Jeanette Cordee (vocal on 02, 04, 06, 08, 10, 12)

1984年オランダのモンストル(モンステル?)(南ホラント州デン・ハーグ南西)録音,1984年自主製作

レーベル:il Tempo イル・テンポ

在庫有り
このCDのみご購入の場合は、送料込み価格2,640円になります

国内制作・A式紙ジャケット仕様CD


【送料込み価格設定商品】 趣味よく軽妙瀟洒で小粋なウィットとリラクゼーションに溢れた80年代オランダ発・激レア・ハートウォーミング秀作、初CD化! 紙ジャケット仕様CD KWARTET FRITS KAATEE + JEANETTE CORDEE / WILL YOU STILL BE MINE?[ITCD004]

販売価格: 2,640円 (税込)
数量:
商品情報
il Tempo / イル・テンポ

オランダのサックス奏者、Frits Kaateeが1984年に自主レーベルよりリリースしたアルバム『Will You Still Be Mine?』が世界初のCD化!

★2019年4月に惜しくも亡くなったオランダのサックス奏者、Frits Kaatee。
★10代よりThe Dutch Swing College Bandからレッスンを受け、1970年代にはアメリカのジャズメンとも数多くのセッションを重ねた後、1984年に自身がリーダーを務め、女性シンガー、Jeanette Cordeeを起用し、デン・ハーグ南西のモンストルにて録音したアルバム『Will You Still Be Mine?』
★。スウィングを基調とした楽曲の良さと相まって、オリジナルのLPは自主制作ゆえプレス数も少なく、ユーロジャズのレア盤として知られていましたが、遂に世界初の復刻となりました。

★インスト・ナンバーとJeanette Cordeeのボーカル曲がバランスよく配置されていて、中でも素晴らしいのがKenny Rankinの名曲「In The Name of Love」のカバー。端正に刻まれる3拍子のビートに、Jeanette Cordeeのボーカルへ呼応するFrits Kaateeのサックスプレイも秀逸で、Kenny Rankinのアルバムテイクではなく、1966年の初出7インチのジャズ・バージョンに近いテイクとなっています。
★また、モッド・ジャズファンク調の「Easy Evil」に、軽快なスウィング・ナンバー「Will You Still Be Mine」、小気味よいジャズボサ調の「Fred」、ゆったりと落ち着いたジャズボサの「Clouds」、洗練されたスウィング・アレンジの「Do I Love You」のカバー等、曲単位、アルバムとしても非常に楽しめる作品となっています。(メーカーインフォ)

■ 世界初のCD化!
■ A式紙ジャケット仕様。
■ 解説:次田 吏伽