ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 9月REVIEW【ECM】CD Enrico Rava, Joe Lovano エンリコ・ラバ、ジョー・ロバノ / Roma
商品詳細
★イタリアのジャズの重鎮、トランぺッター、エンリコ・ラヴァとシチリアに先祖を持つアメリカ人ヴェテラン・テナー・サックス奏者、ジョー・ロヴァーノの2018年11月、ローマのオーディトリアム・パルコ・デラ・ムジカで行われたライヴ録音。

■叙情的なピアニストのジョヴァンニ・グイディ、ダイナミックなドラマーのジェラルド・クリーヴァー、ベースの名手デズロン・ダグラスのクインテットの編成。

■エンリコのオリジナル複雑なオリジナルM-1,M-2、ロヴァーノの元気なテキサス・ブルースM-3など、2人のバンド・リーダーのお気に入りのオリジナルを中心に収録。また、M-5でロヴァーノの”Drum Song"からコルトレーンの”Spiritual"、そして"Over The Rainbow"のというモダン・ジャズの歴史をたどるような強力なメドレー!

■二人とも伝統を意識した音楽冒険家であり、共有している美的感覚に基づきアートを追求していてきたミュージシャン。長い間お互いを知っていた巨匠2人だが、共演歴は殆どなかったという。ロヴァーノは、1970年代に初めてラヴァを聴いたことを思い出し次のようにコメント。「彼の音を聴くとMiles Davis, Chet Baker, Art Farmer, Kenny Dorham, Dizzy Gillespieの音楽への愛が感じられる一方、もう一方でDon Cherryのような音楽も好きだということが手に取るようにわかるんだ。そういったオープンさとジャズへの大きな情熱が僕にも刺激を与えてくれるんだ。だから僕は何年もの間いつか一緒に最終的に共演するものだと思っていたのさ。そして今回このアルバムに関してとても満足しているよ。」(新譜案内より)

1.Interiors
2.Secrets
3.Fort Worth
4.Divine Timing
5.Drum Song / Spiritual / Over The Rainbow

Enrico Rava (flgh)
Joe Lovano(ts, tarogato)
Giovanni Guidi (p)
Dezron Douglas(double-b)
Gerald Cleaver(ds)

Concert recording,November 10,2018
Sala Sinopoli,Auditorium Parco Della Musica,Rome
engineer : Giampiero Armino
Editing : Manfred Eicher,Stefano Amerio (engineer)
Liner photos : Roberto Cifarelli
Design : Sascha Kleis
Album produced by Manfred Eicher

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します
スリーブケース仕様CD

【ECM】CD Enrico Rava, Joe Lovano エンリコ・ラバ、ジョー・ロバノ / Roma[ECM 774 2428]

販売価格: 2,350円 (税込)
数量:
商品情報