ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 6月REVIEW流麗滑脱でちょっとアンニュイな含蓄に富んだフレキシブル抒情派ピアノが好演する充実トリオ編! CD ARI HOENIG TRIO アリ・ホーニグ / CONNER'S DAYS
商品詳細
四半世紀来、ニューヨーク主流派シーン第一線で多方面から引っ張りダコの八面六臂ぶりを続けてきた、お馴染み人気辣腕ドラマー:アリ・ホーニグ(1973年ペンシルヴェニア州フィラデルフィア生まれ)の、今回は、最近NYで頭角を現してきているイスラエル出身の気鋭のピアニスト:ニタイ・ハーシュコヴィッツ(自己アルバムもRaw TapesやEnjaから着々とリリースして好評)(国内盤も出ている)、をフィーチュアしたピアノ・トリオ体制での一編。キレ味鋭くも安定律動的にしっかりとスイング・リズムを刻みながら、並行して変則フェイント風の遊撃ワザも多々混ぜ込んでくる、俊敏奔放にして結構悠然と構えた感じもある表情変化に富んだドラムの鳴動や、バネとウネりの利きまくったドライヴ感満点かつスピリチュアルなベースの跳ねっぷり、に頼もしく支えられ、また煽られ刺激されて、端正で軽やか&まろやかな潤いあるタッチのピアノが、メロディアスさと硬質力学性との間を流麗自在に行き来する、哀愁漂うも決して甘すぎず抑制の利いた思索っぽさ仄めくアクション抒情派タイプのプレイを滑脱に紡いで、瑞々しくも行間豊かな、奥行き充分の絵を飾った好演内容。ビート・スタイルは今時らしく多様に変化する、歌心溢れるも陰影濃いビタースウィートなテイストの躍動型リリカル奏演、が敏活でいてちょっと憂げに展開され、ドラム&ベースの瞬発力抜群の自由闊達な機動的アタッキング・サポート、に上手く突き上げられるような恰好で、主役を担うハーシュコヴィッツ(p)の、しかしあくまでマイペースの泰然さを崩さない、一貫して力は八分目、その語り様も八分目程度で颯と筆を引くかのような、落ち着いた節度ある独特のアドリブ妙技が中々風流に冴え渡って見事。→とりわけ、モーダル・ダイナミックな正攻法の立ち回りフレージングの中に、仄暗く深遠な内省感・瞑想感を滲ませる、現代都会派(時には牧歌調になったりも)らしい精悍にしてメランコリック風味の文脈や、歌物バラードにおける、慎重に音数を絞ってクール・ロマンティックにしっとりと詩情を映し、幽玄めいた余韻を残す折り目正しい耽美指向アプローチ、辺りに得難い本領があり、どんな時でもある種の軽みや滑らかさ、或いは慎ましやかさを保った、決して弾きすぎない余裕のストーリーテリングは何げに卓抜だ。

01. Conner's Days
02. All The Things You Are
03. Anymore
04. Prelude To A Kiss
05. For Tracy
06. Figuration
07. Bewitched, Bothered And Bewildered
08. All Of You
09. Guernsey St. Gooseneck
10. In The Wee Small Hours Of The Morning
11. Up
12. Conner's Days Reprise

Nitai Hershkovits (piano)
Or Bareket (bass)
Ari Hoenig (drums)

2017年11月22日NYブルックリンのBig Orange Sheep Studios録音

レーベル:Fresh Sound New Talent

こちらで試聴できます。

在庫有り
見開き紙ジャケット仕様CD


流麗滑脱でちょっとアンニュイな含蓄に富んだフレキシブル抒情派ピアノが好演する充実トリオ編! CD ARI HOENIG TRIO アリ・ホーニグ / CONNER'S DAYS[FSNT 577]

販売価格: 2,300円 (税込)
数量:
商品情報
FRESH SOUND NEW TALENT

Recorded at Big Orange Sheep Studios, in Brooklyn, New York, on November 22, 2017
Engineered, mixed & mastered by Michael Perez-Cisneros
Edited by Alex Haley