ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | LP > 国内盤LP【完全限定2枚組LP】大西 順子 JUNKO ONISHI / PRESENTS JATROIT - Live at BLUE NOTE TOKYO
商品詳細
★円熟にしてなおチャレンジング&アタッキングな快進撃を続ける、本邦個性派モダン・ピアノの別格的才媛:大西順子(1967年京都府久世郡城陽町=現・城陽市生まれ)の、本盤は、デトロイトの猛者連(ベースのロバート・ハースト&ドラムのカリーム・リギンス)と組んだ新トリオ・プロジェクト:JATROITによる、ブルーノート東京での公演の模様を捉えた気合爆裂!24年ぶりのライヴ・アルバム。
★端正でいて歯切れよく強堅でもある、潤いと陰影に富んだストーン風タッチのピアノが、ある時は繊細端麗にロマンティックな美旋律を綴り、ある時は豪快敏活でパワフルな力学性を全開させつつダウン・トゥ・アースにこってりした真っ黒いブルース節を繰り出し、またある時は十二分に抑制を利かせながら折り目正しく軽妙クールにコンテンポラリー・フォーキーな牧歌的フレーズを紡いで、メリハリの利いたエモーショナルかつドラマティックなストーリーラインを堂々と、そして泰然と描き出して確固たる中々濃い口の魅力を揮いきった、その根底にはしっかり熱いパッションと醸熟のブルース魂が揺るぎなく脈打つ渾身の敢闘内容。
★硬派で渋いバップイズムとブルージーな黒さを変らず底流させ、ダイナミックなスイング感や粋な歌心もバッチリ備える、ビシッと芯の通った勇壮凛々の現代バピッシュ熱演、が精悍溌剌げに展開され、安定律動性とフェイント遊撃力を連動発揮するキレ味シャープなリギンス(ds)や、随所で前面に出張ってきては饒舌なほど唄いに唄いまくる縦横無尽のハースト(b)、らに結構猛然とプッシュされ、煽られながら、大西(p)の、一貫して骨太く凹凸にも富み、かつまた極めてハイテンションに、水を得た魚の如くひたすら嬉々として跳ね躍り泳ぎ舞う、その奔放自在(&苛烈)でポジティヴな勢いと威風に溢れた前のめりの突撃疾駆ぶりが、誠に鮮やかにただならぬキレを、冴え渡り様を見せていて壮快この上なし。
→落ち着いた折り目正しい細やかなアプローチの美しさもさることながら、本盤ではどちらかと云うと、少々荒っぽいほどのアクロバティカルさで起伏も激しく縦横に押しまくり、ガキゴキ暴れ廻る、ド迫力の大立ち回り攻勢にこそ遺憾なく本領=神髄!が顕示されている感があり、そうしたハード&ワイルドな烈々猛々たる体当たり的アクションの中にも、アーシーだったりファンキーだったりの芳醇な旨味がシカと息づいていて、全体としては大いに感動的な、ドラマツルギー充分の密度も高い流れに自ずと仕上がっている、といった辺りは全く見事。ガツンと一発ブチのめされました。反省します。

【トラックリスト※CDと曲順が変更になります】
[DISC1]
A1. Harpsichord Session -Opening-
A2. Meditations for a Pair of Wire Cutters
B1. The Threepenny Opera

[DISC2]
C1. GL/JM /
C2. Morning Haze
D1. Very Special
D2. Harpsichord Session -Closing-

大西 順子 Junko Onishi (piano)
Robert Hurst ロバート・ハースト (bass)
Karriem Riggins カリーム・リギンス (drums)

2019年2月ブルーノート東京でのライヴ録音

レーベル:Somethin' Cool

御予約商品
完全限定2枚組LP

2019年9月4日発売予定

【完全限定2枚組LP】大西 順子 JUNKO ONISHI / PRESENTS JATROIT - Live at BLUE NOTE TOKYO[SCLP 1034]

販売価格: 5,650円 (税込)
数量:
商品情報