ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 7月REVIEWスクエアー・バピッシュ&ファンキー・ダイナミックそして耽美ロマンティックでもある鉄板メロディック・ピアノ、またも会心の一撃! CD 三輪 洋子 トリオ YOKO MIWA TRIO / KEEP TALKIN'
商品詳細
★バークリー音大に学んだ後、同校の助教授も務めながら(現在は教授?)ボストン・シーンで活躍、徳間やポリスター、自己レーベル、Ocean Blue Tear Music(これも自己レーベルか?)からコンスタントにアルバムを発表し、確かな評価と人気を集めてきた、キャリアある正統派女性ピアニスト:三輪洋子(1970年兵庫県神戸市生まれ)の、今回も鉄壁トリオによる凡そ2年ぶりの快調ニュー・アルバム。

★低音の硬質さ・重厚さ〜ドスの効き具合と、高音の軽涼感や滑らかさ、も上手い好対照を成した、潤い&旨味たっぷりの誠にデリシャスなタッチのピアノが、ある時はブロック・コードを活かしてアーシー&ソウルフルに粋なブルース節を唄い、ある時はスクエアー・バピッシュなガキゴキした鋭角的岩石轟音で迫る殺陣アクション技を凛然と決め、またある時はややエヴァンスに接近したバネを利かせつつの躍動的哀愁浪漫フレーズを華麗に繰り出して、と、適度に多彩でいてあくまで王道エンターテイニングな抒情味溢れるメロディック・プレイ、を実に溌剌と披露してこの上なく清々しい、そして晴れやかなスッキリ・テイストの絵を飾り、ベース&ドラムのヘビー・ストロングかつ弾みのいい安定律動型のサポートも、サウンド全体のグルーヴ力を強烈に底上げして頼もしい魅力を放った、ひたすら歯切れよく朗らかな道程に快適に浸らせてくれる会心打内容。

★力強くスケールのデカいノリのよさと、和気あいあいのインティメイトさや陽気でオプティミスティックな趣、とが自然に並立融合した、徹頭徹尾メロディアス&スインギーな単純明快娯楽指向のハード・バップ熱演、が嬉々として愉しげに、開放的に展開され、三輪(p)の、打鍵は強く一音一音にしっかりと力のこもった中々パッショネートなアドリブ技が、また一段と磨きのかかった感のある風格堂々の冴えを、キレを見せて全く素晴らしい。
→基本的には、「バップ+ファンキー、時々耽美ロマンティック」といった匙加減構成で、伝統的バップ・イディオムに則ったハードで陰影濃い「型」を重んじる風な角張り感ある立ち回りフレーズや、ガーランド系統っぽいイキで勇み肌な沸騰熱&コクを孕んだ豪快ファンキー節、更には、ピーターソンやテイタムとかにも通じるアクロバティカルな圧倒的ダイナミズムとストライド風の渋いオールド・ファッション風情を残した、ヴォリュームも特大のたたみかけ大攻勢など、わりかし黒っぽく男性的なイナセ筋とも云うべき芳醇なる文脈形成、にさすが鍛え抜いた確固たる本領が遺憾なく発揮されており、だがその反面、バラードやちょっとコンテンポラリーめ或いはポップめの(歌曲調寄り)トラックにおける、仄かな内省感や唯美性を含んだ、女性らしく極めてきめ細やかに心象の襞(ひだ)を一つ一つ掬い取ってゆくような幽遠な詩情描写、もしくはスウィート・テンダーな優しさと真心溢れる流麗この上なしの歌い様、といった辺りの、醸し出されるエレガンスがまた格別だ。

01. Keep Talkin'
02. In Walked Bud
03. Secret Rendezvous
04. Sunset Lane
05. Boogie Stop Shuffle
06. Golden Slumbers / You Never Give Me Your Money
07. Tone Portrait
08. Casa Pre-Fabricada
09. Conversation
10. If You're Blue
11. Sunshine Follows The Rain

三輪 洋子 Yoko Miwa (piano)
Will Slater (bass)
Scott Goulding (drums)
Brad Barrett (bass on 11)

2019年作品

レーベル:Ocean Blue Tear Music

在庫切れ
可能な限りお取り寄せ致します

デジパック仕様CD

スクエアー・バピッシュ&ファンキー・ダイナミックそして耽美ロマンティックでもある鉄板メロディック・ピアノ、またも会心の一撃! CD 三輪 洋子 トリオ YOKO MIWA TRIO / KEEP TALKIN'[OBTM20190011]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報
Ocean Blue Tear Music

約2年ぶりの新作登場!

★オリジナル曲に加え、Monk, Mingus、Beatles, Joni Mitchell らの曲を取上げ、いつもながらの張りのあるピアノと絶妙のスイング感、3人のミュージシャンによる活気のあるコミュニケーションが織り成す傑作。(新譜案内より)