ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年5月REVIEW怪しく異形でダーク・ビターかつ不思議な浮遊感や詩情も仄めく独創的フリー・ジャズ世界!爽快!!! CD TIM BERNE, MATT MITCHELL ティム・バーン、 マット・ミッチェル / ANGEL DUSK
商品詳細
還暦を過ぎてもなおフレッシュにトンガり続ける急進派アルトサックスの無双の名匠:ティム・バーン(1954年ニューヨーク州シラキュース=Syracuse生まれ)と、NYを拠点に主としてアヴァンギャルド系、インプロ系のフィールドで活躍し、Scrapple、Pi、Screwgunから野心的なアルバムを続々と発表する一方、ティム・バーンやデイヴ・ダグラス、スティーヴ・コールマンらのサイドでも突出した個性と辣腕を揮ってきた辛口ピアノの逸材:マット・ミッチェル(1975年生まれ、ペンシルヴェニア州エクストン=Extonで育つ)、という猛者二人がガッチリ組んだデュオ演集。清爽で澄みきったスッキリ感やきららかさと妖しく濃い陰影を併せ持った、多層性あるトーンのアルトが、物憂くも飄々としなやかにウネり泳ぐような調子で、暗く不穏かつミステリアスなメランコリーを活写し、強固で堅牢な骨太タッチのピアノの、硬質的記号性とデカダン・レイジーな鬱屈した詩情を交差体現する、中々シャープに角の立った弾奏も鮮烈な際立ちを見せた、総じてコワモテでありながら同時にちょっと不可思議でファンタジックな心地よい浮遊感覚をも絶妙に味わえる、瑞々しい迫真サスペンス一杯の敢闘内容。仄かなスピリチュアリティとハード&ビターな幾何学性とが混在した、バーン一流のアブストラクトでストレンジでビザールそしてちょっとポエティックでもある独自のフリー・ジャズ世界、が怪しげかつ溌剌と描出されてゆき、両雄の、イマジネーション全開で奔放自在に、伸びやかに躍動するインプロ奮戦が、隠微でありながら結構スカッとしてもいる清やかな盛り上がりを呈して、実に爽快だ。バーン(as)の、極めて自由苛烈で異形な破壊力に溢れていつつ、それでいて軽妙滑脱に波乗り遊泳を楽しんでいるようなところもある、その、ダイナミックにパンチが利いていながら自ずとリキみの抜けた悠々たる速射砲撃的ゲリラティック・ブローイング!、がさすが見事に練達し研ぎ澄まされた鮮麗なる冴え渡り様を示しており、一方ミッチェル(p)の、好もしい生硬さを残した、徹底して甘さを排しての荘厳神妙なダーク岩石アクションとも云うべき、ピリ辛でニガいスパイス色に富んだ大攻勢も誠に清新。

1. Perception/reception 12:02
2. Not Too Two 02:26
3. Exeception/pest 07:23
4. Concepción 05:08
5. Starfish Blues 03:01
6. Chance 05:43
7. Snail's Pace 05:03
8. Petulance 04:54

Tim Berne (alto saxophone)
Matt Mitchell (piano)

2017年11月ニューヨーク州マウントヴァーノン=Mount VernonのOktaven Audio録音

レーベル:Screwgun

在庫有り
紙ジャケット仕様CD



怪しく異形でダーク・ビターかつ不思議な浮遊感や詩情も仄めく独創的フリー・ジャズ世界!爽快!!! CD TIM BERNE, MATT MITCHELL ティム・バーン、 マット・ミッチェル / ANGEL DUSK[SCREWGUN TB]

販売価格: 2,450円 (税込)
数量:
商品情報
SCREWGUN