ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム | MODERN JAZZ 楽器別 > TENOR SAXメロディアス&リリカルかつ超ダイナミック・グルーヴィーな鮮麗この上なきクリーンヒットが連発される充実の1961未発表ライヴ!爽快!!! 2枚組CD STAN GETZ スタン・ゲッツ / GETZ AT THE GATE : THE STAN GETZ QUARTET LIVE AT THE VILLAGE GATE NOV. 26 1961
商品詳細
★白人らしいクールでハイセンスなモダン・テナーサックスの独創的スタイリストであり、1940年代後期から晩年に至るまで主流派シーン最前線の大人気トレンド・スターであり続けた別格的偉匠:スタン・ゲッツ(1927年ペンシルヴェニア州フィラデルフィア生まれ、1991年カリフォルニア州マリブで死去)の、本盤は、スティーヴ・キューン(p)、ジョン・ネヴェス(b)、ロイ・ヘインズ(ds)とのカルテットによる、1961年11月26日ニューヨークのヴィレッジ・ゲイトでの公演の模様を捉えた未発表録音の初ディスク化となる、ResonanceとVerveの共同プロジェクトにより実現したCD2枚組の強力な発掘ライヴ・アルバム。

★厚みと締まりを兼ね備え、また非常に滑らかでありながらキレやパンチも利いている、という、按配絶妙にしてコク&潤いも一杯な美味トーンのテナーが、終始スイスイと波乗り遊泳に興じるかのような、まろやかで超流暢なメロディック・ブロウを全く澱みなく悠々と朝飯前調子で繰り出し続けて、何とも懐深げに、かつ朝露の輝きを思わせる瑞々しさ抜群の華を成し、一方、モーダルな力学性やハードネス(或いはスクエアー・バピッシュな渋い殺陣傾向)とマイルドな耽美色やロマンティシズム、を的確に交差体現する端正なクリアー・タッチのピアノの中々ドラマツルギーに長けた立ち働き、もこれまた清新この上なしの煌きを放った、全編ウマみたっぷりでフレッシュ・スリリングな昂揚感も満点の音空間に心地よく、ノリノリで酔わせてくれる充実内容。
★徹頭徹尾メロディアス&スウィンギンな、明快直球娯楽活劇路線の王道ド真ん中を迷いなく驀進する、文句なしにスカッとしたリリカルにして雄渾なる半ばセッション風のハード・バップ大会、が実にイキイキ愉しげに繰り広げられ、ドラム&ベースのばっちりツボを心得つつ適宜意表を衝いたゲリラ・アタックもカマしてくる表情多彩なサポート、に頼もしく支えられ、また煽られて、ゲッツ(ts)やキューン(p)の、腰を据えて揺るぎなくピュアに完全燃焼するアドリブ敢闘〜ソロ・リレー合戦が、ただならぬ中身の濃い圧倒的な盛り上がりを、大豊作ぶりを見せて、展開そのものとしては単調になりそうなところを一時も飽きさせず生鮮度も絶やさず大いに興奮させ、沸かせて誠に見事。
★ゲッツ(ts)の、ハード・ドライヴ感全開で激烈な突撃スクリュー咆哮をブチ噛ましつつも、しかし一貫してワンポイントの余裕や寛ぎっぽさ或いはクールネス〜爽涼感をしっかり残した、さすが練達の名調子が鮮やかに冴え渡っており、またバラードでのしっとり&しみじみとしたテンダー&センシティヴな哀愁描写も絶品で、その、どんな時でも親しみやすい歌心を失わない生粋のメロディスト然たる吹鳴のあり様は卓抜。かたやキューン(p)の、アグレッシヴ&パッショネートな疾駆性とロマンティック&エレガントな詩人体質や唯美性、とを細密自在に使い分けたメリハリある立ち働きも、一際きららかに光っている。

Disc 1:
1. アナウンスメント by アート・ドルゴフ
2. イッツ・オールライト・ウィズ・ミー
3. ワイルドウッド
4. ホエン・ザ・サン・カムズ・アウト
5. インプレッションズ (ピアノ・トリオ)
6. エアジン
7. ライク・サムワン・イン・ラヴ
8. ウディン・ユー
9. ブルース

Disc 2:
1. ホエア・ドゥ・ユー・ゴー?
2. イエスタデイズ・ガーデニアス
3. 星影のステラ
4. イッツ・ユー・オア・ノー・ワン
5. スプリング・キャン・リアリー・ハング・ユー・アップ・ザ・モスト
6. 52丁目のテーマ
7. ジャンピン・ウィズ・シンフォニー・シッド

Stan Getz スタン・ゲッツ (tenor saxophone)
Steve Kuhn スティーヴ・キューン (piano)
John Neves ジョン・ネヴェス (bass)
Roy Haynes ロイ・ヘインズ (drums)

1961年11月26日ニューヨークのヴィレッジ・ゲイト(the Village Gate)でのライヴ録音

レーベル:Verve Resonance Universal Music Japan


在庫有り
国内盤2枚組CD (プラケース仕様限定盤/UHQCD)

メロディアス&リリカルかつ超ダイナミック・グルーヴィーな鮮麗この上なきクリーンヒットが連発される充実の1961未発表ライヴ!爽快!!! 2枚組CD STAN GETZ スタン・ゲッツ / GETZ AT THE GATE : THE STAN GETZ QUARTET LIVE AT THE VILLAGE GATE NOV. 26 1961

販売価格: 3,350円 (税込)
数量:
商品情報
VERVE

人気サックス奏者スタン・ゲッツの完全未発表ライヴ音源が、録音から58年の時を経て発表!

●1961年11月にニューヨークのジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ゲイト」にレギュラー・カルテットを率いて出演した際の音源を15曲収録。
●スティーヴ・キューン(p)〜ジョン・ネヴェス(b)〜ロイ・ヘインズ(ds)のカルテット編成での録音が世に出るのは今回が初めて。翌年以降、『ジャズ・サンバ』や『ゲッツ/ジルベルト』とボサ・ノヴァの大ヒット作を録音するゲッツですが、ここでは有名スタンダードやジャズマン・オリジナルを素材に、生来のスウィンガーとして縦横無尽なソロを繰り広げています。
●音質も正規録音といってなんら遜色のない鮮明なサウンド。
●ジャズ・ジャイアンツの未発表音源を次々に発表しているレゾナンス・レコードと、ヴァーヴ・レーベルとの共同プロジェクト。(新譜案内より)