ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 6月REVIEW優しい真心こもった清新にして粋な含蓄あるテンダー・ロマンティック歌唱が絶好調! CD SIDSEL STORM シゼル・ストーム / AWAKE アウェイク
商品詳細
当Calibratedよりの過去作品群に高評価を得、着実に人気を拡大してきたデンマークのソングライター肌な美人歌手:シゼル・ストームの、今回もまたマグヌス・ヨルト(マウヌス・ヨート)(p)らの小コンボ(1曲のみストリング・トリオ加わる)をバックにした快調編。透明感と潤いそして爽涼さに溢れた、トーンやや高めのきめ濃やかで端正な清澄ヴォイスによる、一定の落ち着きや節度を保って歌詞やメロディーを一つ一つ慈しむように大切にした、誠実さ並びにさりげないニュアンス深さを感じさせる瀟洒でリリカルな演唱が、瑞々しくも余情豊かで旨味仄めく鮮麗なる華を成し、アーシーでイナセげなコルネットや、ファンキー(またある時はモーダル)と耽美性の間を刻々往来するメリハリの利いたピアノら、演奏陣の活躍も実にテイスティー・グルーヴィーな渋め粋筋っぽい魅力をドラマティックに際立たせた、小気味よくも優しい真心こもった音空間・歌世界にひたすら快適にハマらせてくれる好演内容。インティメイトなラウンジ的リラクゼーションが絶えず底流し、同時に、鋭敏でイキのいいスイング感=ノリのよさや程好いスリルも絶妙に有した、極めてオーソドックスでシャレたウィットある寛ぎハード・バップ・スタイルに乗せての小唄セッション、風の道程が滑脱に続き、バック陣のツボを心得た何げに精緻な、かつ結構味わい濃いサポートに頼もしく支えられながら、ストーム(vo)の、リズムやテンポには曲により適宜起伏がつけられるもしかし一貫して落ち着いた穏やかさ、慎ましやかさを失うことのない、根はバラード・シンガー気質ともとれるソフト・テンダーな歌い回しが、どこまでもハートフルに冴え渡って誠に感動的だ。→リキみのない自然体な息遣いで、一声一声に丹誠こめてスウィートに、柔和に語りかけてくるようなその、心温まるロマンティック・ムーディーな、それでいてイキで洒脱な機智っぽさやブルース由来の吟醸味をも塩梅よく含んだ、ごく親しみやすくも中々含蓄に富む語り口は清新にして卓抜。

1. Comes Love (Stept/Brown/Tobias)
2. The Road (Hjorth/Storm)
3. You're Getting To Be A Habit With Me (Warren/Dubin)
4. I Didn't Know About You (Ellington/Russell)
5. Back To You (Hjorth/Storm)
6. I Got It Bad (And That Ain't Good) (Ellington/Webster)
7. All Through The Night (Porter)
8. Too Marvelous For Words (Whiting/Mercer)
9. Awake (Otto/Storm) (vocal & piano duo)

Sidsel Storm (vocal)
Magnus Hjorth (piano)
Lasse Mørck (double bass except 9)
Snorre Kirk (drums except 9)
Tobias Wiklund (cornet on 1, 2, 3, 4, 5)

*guests:
Pernille Kristiansen (violin on 6)
Jenny Lüning (viola on 6)
Nicole Hogstrand (cello on 6)

2019年デンマーク作品

レーベル:Calibrated Music

在庫切れ
再入荷予定

デジパック仕様CD


優しい真心こもった清新にして粋な含蓄あるテンダー・ロマンティック歌唱が絶好調! CD SIDSEL STORM シゼル・ストーム / AWAKE アウェイク[CALI 146 I]

販売価格: 2,350円 (税込)
数量:
商品情報
CALIBRATED MUSIC

デンマークが誇る北欧の歌姫シゼル・ストーム最新作!
前作クローサーから4年・・・同国の俊英マグナス・ヨルトらを迎えた注目作!!
CD/レコード同時リリース!

昨年3月にも来日してライブを行っていたシゼル・ストームさん。その時にはまったく新作の話もしていなかったのに。レーベルから「シゼルの新作出すからよろしく!」とメールをもらったのが3ヵ月前。一曲目を聴いたとたんにシゼルらしい「ジャズヴォーカル」作品だと実感。瞬く間に鑑賞を終えました。ジャケットもステキです。これはなにやらヒットの予感。(山本隆)