ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年4月REVIEW【注目の新作!】CD 宮之上 貴昭トリオ YOSHIAKI MIYANOUE TRIO / TASTE of jazzguiter
商品詳細
★日本を代表するギタリストによる4年ぶり新作はジャズ、ラテンから荒井由美まで!充実のトリオ作!

1. April in Paris
2. Yellow Days(La Mentira)
3. Chuo Freeway
4. Harlem Nocturne
5. Un PocoLoco
6. Taste of Honey
7. Autumn in New York
8. One Note Samba
9. North? or South
10. Round Midnight
11. New Year Song

宮之上 貴昭(guitar)
三嶋 大輝(bass)
井川 晃(drums)

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします
三面デジパック仕様CD


★宮之上貴昭(みやのうえよしあき)
東京都世田谷区出身。米軍横田基地の中の「N・C・O」クラブで、下積みと同時に自己のバンドで都内のライブハウス等に出演していたが、1977年に渡米。ニューヨークで武者修業の後帰国し、折からビル・エバンス(p)トリオで来日中だった今は亡き天才ドラマー、フィリー・ジョー・ジョーンズをゲストに、『ソング・フォー・ウェス』(キングレコード)をリリースし、メジャーデビューとなる。

*これを機に毎年次々にリーダー・アルバムを発表。とりわけオルガンの第一人者、ジミー・スミスをゲストに加えた『タッチ・オブ・ラブ』(バップレコード)や、「日本のジャズ100選」にもなったライブ録音の『ウェス・モンゴメリーに捧ぐ』(キングレコード)、ストリングス・オーケストラを加えてイージー・リスニングに仕立てた『フォクシー・アイズ』(東芝EMI)、また、アンディ・シンプキンス(b)プロデュースによる初の海外録音、『L.A.コネクション』も話題となった。

*残念ながらこれらの作品の多くは現在では廃盤となりましたが、過去に発表された作品がオークションに出品されると、熱心なマニアの間で記録的な高値をつけることで評判となっています。現在でも自己のグループを率いて都内のライブハウスや全国でのコンサート、テレビやラジオの出演をはじめ、海外のジャズ・フェスティバルやコンサートで演奏活動を続けています。

*ピックを一切用いず、親指を中心とする独特の宮之上の奏法は、ウェス・モンゴメリーの流れの中にあってさらに発展させ、着々と自己のスタイルを確立しています。比類のないテクニック、歌心とその音楽性に、全国の熱狂的な信奉者は数多く、ジャズ誌の読者人気投票ギター部門では30年以上、常にトップクラスにランクされている、我が国を代表するギターリストです。

【注目の新作!】CD 宮之上 貴昭トリオ YOSHIAKI MIYANOUE TRIO / TASTE of jazzguiter[YPM 061]

販売価格: 2,850円 (税込)
数量:
商品情報
YPM
3/16@荻窪ルースター宮之上貴昭(gt)松山夏子(vib)山口雄三(bs)井川晃(ds)ゲスト:東エミ(voc)
3/21@武蔵境フォンタナ宮之上貴昭(gt)吉岡秀晃(pf)
3/23@銀座スゥイング宮之上貴昭(gt)吉岡秀晃(pf)塩田哲嗣(bs)たきざわあつき(ds)
3/26@北九州守恒みらいホール宮之上貴昭(gt)小車洋行(bs)中村健(ds)ゲスト:田部俊彦(ts)三尾ふき子(voc)
3/27@山口県山陽小野田市・厚狭やよい宮之上貴昭(gt)小車洋行(bs)亀井俊児(ds)3/28@さいたま市南与野Jazzmal宮之上貴昭(gt)吉岡秀晃(p)
3/30@荻窪ルースター宮之上貴昭(gt)岡淳(ts&fl)宇多慶記(org)井川晃(ds)ゲスト:田中エミ(voc)