ジャズのCD,LPをご紹介します。メジャーからマイナー、自主制作盤までジャズのCD,LPをお届け致します。



catfishrecordsをフォローしましょう

ホーム2019年 6月REVIEW苦味走ったダーク&シリアスな思索性渦巻く現代流ハードボイルド・アクション会心の一撃! CD NOAH PREMINGER ノア・プレミンガー / AFTER LIFE
商品詳細
NYブルックリン・シーンの最前線で精力的に活躍し、過去10年来、Palmetto、FSNT、Nowt、Drybridge、Criss Cross、自主レーベル等から続々と意欲作を発表して高い評価を得てきた、テナーサックスの個性的逸材:ノア・プレミンガー(1986年コネチカット州Canton生まれ)の、今作は、活動を共にすることも多くCriss Crossでの前作でも組んでいたトランペットのジェイスン・パーマー、そして新感覚派ギターのマックス・ライト、という、先だって出たパーマー名義のSteepleChase2連作「At Wally's」シリーズでも息の合ったチームワークを発揮していた3人、を核としたクインテットによる自作曲メインの入魂作。肉太く重厚でありながらバウンド跳躍するような弾性も備わったコク旨トーンのテナーが、ハード・ドライヴ感満点でアグレッシヴ&ダイナミックな甘さ控えめの大立ち回りスクリュー・アタック咆哮!、を中々豪快に轟かせ、或いはけだるく物憂くレイジー・スモーキーなメランコリック・ブロウをゆったり繰り出して、味わい濃くも雄渾なる華を成し、ピリッとした敏捷な立ち働きで硬質に、凛々しいバップ色を振りまくトランペットや、濁りの利いたトーンで妖しく翳った幻想風景を描写するかの如きギター、らのそれぞれに鮮烈な個性を感じさせる活躍も魅力的に際立った、トータルとしては概ねダークでシリアスな思索性渦巻くちょっとニガめの世界が力強く創出されて、聴く者をジワリジワリと引き込んでゆく独創性充分の敢闘内容。現代流モーダル・バピッシュ・ジャズの正統スタイルに則りながら、一種独特の半メディテーショナル&イリュージョナルな仄暗いビタースウィート風味の音景色が活写されてゆく、という、スリルとサスペンスに満ちた表情は険しめでミステリアスめ、それでいて詩情にも富んだ機動性抜群のハードボイルド・アクション的妙演、がシャープ&ソリッドに綴られてゆき、予断を許さぬ変幻自在の遊撃を仕掛けてくるドラム&ベースのアタッキングなサポートに上手く煽られつつ、フロントに立つ銘々の極めてユニークな異能を有したハイテンションで無双なるインプロヴィゼーション攻勢、並びにさりげなくピタリと息の合った連繋チームプレー、とが鮮やかなキレを、冴えを示して見事。プレミンガー(ts)の、M-BASEファンクをモード系ハード・バップ寄りにシンプル化したようであり、或いはまた、ウェイン・ショーターやウォーン・マーシュ辺りにも通じる浮遊スタイルをより泥臭く武骨化したようでもある、暗影濃厚で不機嫌そうな苦味走ったタフ&パワフルな吹鳴が、問答無用の剛健堂々たる映え渡り様を見せていてとりわけ圧巻で、一方、グループ全体にストレートアヘッドなハード・バップ・テイストをしっかり齎すパーマー(tp)や、ちょっと異端的スパイス役を担うライト(g)、らの奮戦も快調だ。

1. World Of Twelve Faces
2. World Of Growth
3. Senseless World
4. Hovering World
5. Nothing World
6. World Of Hunger
7. Island World
8. World Of Illusion

Noah Preminger (tenor saxophone)
Jason Palmer (trumpet)
Max Light (guitar)
Kim Cass (bass)
Rudy Royston (drums)

2018年9月14日ニューヨーク市クイーンズ区アストリア(Astoria)録音

レーベル:Criss Cross

在庫切れ
可能な限りお取り寄せいたします

CD


苦味走ったダーク&シリアスな思索性渦巻く現代流ハードボイルド・アクション会心の一撃! CD NOAH PREMINGER ノア・プレミンガー / AFTER LIFE[CRC 1404]

販売価格: 2,180円 (税込)
数量:
商品情報
CRISS CROSS

CRISS CROSSの前作で共演したジェイソン・パーマー(tp)、キム・ケイス(b)に加え、ジェイソン・パーマーの2016年録音の好評連作、「JASON PALMER AT WALLY'S」(STEEPLE CHASE)で共演歴のあるマックス・ライト(g)、この3人がCRISS CROSS作品で再結集。ドラムは、ルディ・ロイストン(ds)が参加。ノリにのった若手ジャズメンのスピーディで瑞々しい現代ポストバップ演奏がCRISS CROSSのプロデュースにより、花開きます。今が旬の若手達の演奏をお見逃しなく。